おヒマな中年二輪愛好会レポート

2009.03.15 いさまつ (深沢峡)

昨年12月6日、R418を走り五月橋まで来た
対岸には、噂に名高い「料亭いさまつ」が見えていたが
体力の限界の極めて低い中年たちは
あっさりと「次回のお楽しみ」で満場一致した

あの時の“お楽しみ”を早く見たい・・・
オイラは我慢できず、行き当たりばったりででかけた

まず、左の航空写真を見ていただきたい
1949年に米軍によって撮影された、木曽川のいさまつ周辺だ
矢印のあたりが「いさまつ」になると思われるが
この時は、丸山ダムは稼働前であり
従って「いさまつ」も存在しない

右上に橋のようなものがあるが
五月橋が誕生するのは1954年、この撮影の5年後である

次の写真は1978年の航空写真である
(手作業で縮尺合わせているので、少々の誤差はご勘弁)

おそらく「いさまつ」が繁盛していたころであろう
建物らしきものがくっきりと確認できる

丸山ダムも稼働をはじめ、木曽川の水量が増している

五月橋も、この当時で25年目だ
木曽川北岸に沿って通る国道418も
国道から五月橋を経て「いさまつ」へ向かう県道352も
うっすらながら確認できる

そして、2004年
もはや「いさまつ」は痕跡になっている

国道418は埋もれてしまっており
五月橋も、心なしか寂しげである

今回は誰も付き合ってくれそうになかったので
ソロで南(写真下)から「いさまつ」へアタックすることにした

県道65(旧中山道)をまったり走りながら
県道352の分岐を探す

イメージしていた“分岐点”である
この先、県道352は
木曽川北岸沿いの国道418とつながっている
(ことになっている)

分岐点の看板にあった「YZサーキット」を横目に見ながら
少々進むと最初のゲートと遭遇

「この先道路狭小のため、車両は通行できません」
とあるが、脇が甘い・・・・特に右脇が

何の躊躇もなく、甘い脇を通らせていただく

二つ目のゲートに遭遇、 まだ脇が甘いのだが
これ以上の無茶は良い子のお手本にならないので
ここで観念し、RHを残し徒歩で「いさまつ」へ向かう

いってくるねぇ〜

三つ目のゲートに遭遇
ここまでは、粗いが舗装道路(の気がする)だった
いよいよ県道352の本領発揮となることにワクワクする

低い笹が両脇から生えてくる道は、幻想的でもある

しつこく行く手をさえぎる看板であるが
“車両は”の文字がなくなり「通行できません」となっている

それでも、安全管理のため
デリネーターの設置は欠かせない

「深沢峡記念碑」・・・と書いてあった
往時は、この記念碑の前で記念撮影を行なったのであろうか
木で見えないが、この裏は崖である

沢の音や、鳥のさえずりで“自然”を満喫できる良い歩道である

おお、五月橋だ!
この威風堂々としたお姿が、数年後に見られなくなるとは・・・・

手前の木、じゃまだよ

「いさまつ」を扱うサイトではお馴染みの“トイレ”だ

男子用と女子用がちゃんと分かれており
岐阜県の、この道に対する扱いが垣間見られる施設だ

ちなみに、水洗ではない

そして、その先には・・・・あったよ〜「いさまつ」があったよ〜
でも、廃墟マニアではないので内部の写真は撮らないです

この看板も有名ですな
玉田医院現存してますな、院長も健在っぽい

今回の目的は、いさまつの船着場を検証することなので
建物左脇にある小道(獣道?)を下る
しばらく県道とはおさらばである

ちょいと「いさまつ」を振り返る・・・・怖い

船着場の待合所(?)着
(ここまでたどり着くのに、少々恐い思いした)
屋根のトタンは剥がれているが、趣があっていい

待合所から見た「船着場」

船着場からは五月橋が良く見える
山が緑になったら、橋の赤が映えるんだろうな

これは、左の写真の遠景
昨日の雨で川は濁っているのだろう

木曽川に流れ込む沢の音
人を寄せ付けることを拒否するかのような雄大で険しい自然
風光明媚とはこのことだ・・・・と感慨にふける

左の動画は、船着場から撮影

五月橋の反対側

しばらくボーっとしたあと、戻ろうとした時に気づいた
バイク降りてから今まで、ずっと下りだった
特にいさまつから船着場までは
「落下」の恐怖と闘いながらの下りであった

これを登らなければならない・・・・
左の写真は階段になっているが
その先は、ほとんど山登りである

往時の「いさまつ」のお客さんも
こんな辛い思いで登り降りしてたのだろうか?

@「いさまつ」とA「船着場」の位置関係である
平面から見ても大したことなく、
等高線からも“ゆるい”場所を選んでいるようだが
東側対岸は絶壁である
Bは「五月橋」Cは「バイク停め場所」

・・・・と、普段の運動不足を言い訳してみた

すっかり体力を消耗してバイクまで戻ってきたオイラ

さぁ、お昼ごはんにしよっ♪

今日のお昼ごはんは「あっ晴れ」で決めていた
2月22日に出かけた同名店の“可児店”である

やはりパチンコ屋さんの中にあり
場所も分かりやすく、駐車場にも困らない

到着した時刻は13:00を超えていたので
少々の待ち時間で済んだ

今日は以前から決めていた「まぜそば」を注文
前回の反省から、無料トッピングも
「たまねぎ」「にんにく」と「カラメ」にしていただいた

「まぜそば」はお店によっては「汁なし」とも言われるらしい
二郎系ラーメンの“売り”でもある

醤油ラーメンを「うどん」とすると
まぜそばは「伊勢うどん」と例えることが出来る(?)

文字通り“混ぜて”食す!
最初っから全部混ぜずに、だんだんと混ぜる
味に飽きたら、玉子をつぶして混ぜる・・・・もうやみつきになりそう

ちなみに、ノーマルで750円

そんな、やみつきになりそうなお店は
 ◆店名:麺屋 あっ晴れ(可児店)
 ◆住所:可児市川合字上巾2620-2
 ◆定休日:無休
 ◆営業時間:11:00〜23:00
 ◆電話:0574-60-6688

今日の晩から、筋肉痛になるんだろうな・・・・
今日の走行距離:136km
結構寄り道しました

今回レポートしたトコは、誰からも安全が保障されていないトコです
一つ間違えば命にかかわることもあります

興味を持たれて行かれることはご自由ですが
自己責任で行動願いますね

トップページ