おヒマな中年二輪愛好会レポート

2009.03.21 陸軍遺跡と天丼(伊良湖)

トップページツーリングレポート2009>2009.03.21 陸軍遺跡と天丼(伊良湖)←今ここ

本来なら、前日(3/20)に出かける予定であった
しかし降水確率は悪化の一途をたどり
予定日前日に早々と中止を宣言する

最初から本日に繰り越せば良かったのだが
オイラの見込みが不透明であり
当日起床した時点で
15:00くらいまでに帰着することで折り合いがつく

当初の計画だと、明らかに15:00帰着は無理である
「陸軍遺跡」を検証し「天丼」を堪能の順番だといいかも

で、この季節にしては早めのam6:30に自宅を出る

 @出発&帰着地点
 A陸軍遺跡(気象兼展望塔)
 B休憩場所(EDさん待ち伏せ場所)
 Cお昼ごはん場所(大松屋食堂)
 Dバイバイ場所

小牧ICから名神・東名で岡崎ICで降車
(左の写真は、上郷SAで一服中)

R1をそのまま東進し、
岡崎の本宿から最近よく通るR473で蒲郡に出て
R247→R23で豊橋へ向かいR259に乗っかる

あとはひたすら「伊良湖岬」を目指してチンタラ走る

「保美」交差点から県道を経由して
目的地の「陸軍第1技術研究所伊良湖試験場」到着

伊良湖試験場は各種大砲の試験射撃場として
敷地面積約285万坪を有し
1901(明治34)年11月30日に開設されたとのことだから
・・・・日露戦争前からだ
通称は「大砲試験場」

現在その一部が、厳重に管理されているわけでもなく
残された建造物は当時の姿のまま
「倉庫」などに転用されている

左の写真は「田戸神社」の入口にある門柱である
神社さえも、陸軍施設の中に取り入れられると言う
当時の軍部の力がうかがい知れる

施設の中心部だったと思われる敷地は公園となっていた
この公園内にも、軍事施設と思われる建造物がある

関ヶ原にもあった「立哨台」があった
右下に見える石碑には「陸軍省所轄地」とある

他にも数ヶ所の軍事遺跡らしきものがあったが
一番インパクトのある建造物はこれだ

気象観測所と展望所を兼ねている建物で
通称「6階建」と呼ばれている(そのまんま・・・)

現在周辺は「キャベツ畑」が広がっており
“緑の匂い”があたり一面に広がっていた

 


すぐ横には2階建の建物があり
事務所だったらしい
通称・・・・・「2階建」

1階〜6階まで、全部同じ間取りである
1階は農具などの物置になっていたが、2階以上はカラである

それぞれの階にある階段、手すりは無い

屋上から、東を望む
福江港につながる道路は、
昭和30年まで 資材を運ぶトロッコが敷かれていたとのこと

屋上には柱なのだろうか、ボコボコと“何か”があった


下の写真は、屋上より南側の展望である(写真のつなぎがギクシャクするのは仕様である)
宮山と古山の間に向けて、大砲が発射された

地図で表すと左記のイメージである
(赤い矢印の方向へ、ドォ〜ン)
古山と宮山の間にあった神社と小学校は
強制的に東へ移動させられた

展望塔から一直線に伸びる県道418が
軍事道路であったことも容易に分かる

こっちは北西側
火力発電所の北側には、風車が“のっそり”と回っている

くどいようだが、もう一枚貼っておく
田戸神社方面から

キャベツ畑の外からもう一枚

休憩をするために
伊良湖岬の道の駅へ「直線軍事道路」を通って移動

ヘルメットを脱いでいるところへ
やたら視線を感じる・・・・EDさんだった

どうやら、待ち伏せされたらしい
これでお昼ごはんも寂しくなく楽しめることが出来そうだ

まだお昼の時間には余裕があるので「陸軍施設」に見学しに行く事を勧める
オイラはここでお留守番することにした

“まったり”しながら待つこと30分、EDさんが満足気に戻ってきて
お昼ご飯場所へ移動

R42を豊橋方面へ淡々と走行し、11:20「大松食堂」到着

既に満員である
特に三河ナンバーのバイクが多い

ようやく空いたスペースにバイクを停める

TV局の取材や著名人などがよく訪れるのだろう
店内には色紙や写真が所狭しと飾ってある

で、オーダーだが
周囲のお客さんに「並盛天丼」が配膳されるのを見て
大盛りは止めておこうと思った
並盛で左メニューの写真の通りである

だが、EDさんは違った
まるで「良き敵かな!」と古武士のように目を光らせている
並盛では物足らないのは明白である

精神的に強要された形でオイラも“大盛”を頼んでしまう

30数分待って配膳されたのがこれ
きつそうだよ〜前席の老夫婦が笑っているよ〜
ラーメンのどんぶりより大きいんじゃね

比較になるかわからんが、一味を横に写してみた

見たところ、魚系はエビ2尾とカワハギ1尾
あとは、さつまいも・茄子・人参である
ご飯は何とかなるとして、先に魚系を食べてしまわなければ・・・・・

格闘20分少々でようやく食すことが出来た EDさん15分くらい

12:00を超えたあたりから、順番待ちが出だしたので
早々に退店するが、オイラ動きたくない
EDさんは「これくらいなら余裕」と言う

まず芋系を先に食べ、次に油を吸ってそうな茄子を食べ
ご飯は後回しにするという、基本戦術を忠実に守ったらしい

オイラまだまだひよっ子でした・・・・完敗です

12:20あたりから
順番待ちどころか、駐車待ちの四輪が道路脇を埋めている
よほど人気のお店なんだ

そんな、胃袋を油まみれに満足させてくれるお店は

 ■店名:大松屋食堂(おおまつやしょくどう)
 ■住所:愛知県田原市高松町蝉ケ沢31-1
 ■電話:0531-45-2301
 ■定休日:水曜・第3木曜
 ■営業時間:10:00〜15:00と17:00〜19:00

重くなったお腹を労わりながらR42をそのまま東進
適当な県道でR259に移り、豊橋→蒲郡でEDさんとバイバイし
オイラはR473経由でR1に出て、岡崎ICから帰路に着く

また今度“大食い”しましょう!


陸軍遺跡のウンチクは当然オイラが知っていたはずが無く
事前に三河考古学研究所さんのサイトなどで勉強させていただきました

軍事遺跡にもどんどんハマりそう

今日の走行距離:284km
今日の食費:1,050円(天丼大盛)

 

 

トップページ