おヒマな中年二輪愛好会レポート

2009.08.09 クソ暑いので白川郷

トップページツーリングレポート2009 > 2009.08.09 クソ暑いので白川郷←今ここ

7月の【定例企画】「高山ラーメンとライダー丼」
【tachi企画】「大井川鉄道と、行けたら寸又峡」
【グルメ企画】「下呂で“けいちゃん焼き”」
・・・三回企画が雨天中止となった

そして今回の8月【定例企画】「クソ暑いので白川郷」も
微妙な降水確率ではあったが
さすがに、これだけ中止が続くと寂しいので
少々強引だったが“開催”を宣言した

当初は19台の参加表明だったのだが、微妙な空模様なゆえ
出発時点で「無理は禁物、不参加遠慮無用」とした

そのため 5台が棄権し、お見送り予定の1台を拉致したので
途中合流を含め、都合15台の参加となった

・・・一応、目的は果たせた企画となった

今回の参加者

【おっさん班】
 ◆おっさん:Z1000
 ◆tachiさん:XJR400
 ◆おやかたさん:CB1300SF
 ◆にしさん:GSX1400(お披露目)
 ◆とっちゃん:W650(拉致)

【ED班】
 ◆EDさん:VTR1000
 ◆よっちゃん:ZZR400
 ◆ぐっちさん:バンディット1200S
 ◆ほりさん:CBR1100XX

【しかちゃん班】
 ◆しかちゃん:R100CS
 ◆シュウさん:Z1
 ◆おーじろうさん:F800ST
 ◆まえ〜さん:R1
 ◆ひでやん:ZZR1400(道の駅白鳥合流)
 ◆まつ:CB1300SB

 

集合は道の駅「美濃にわか茶屋」、出発はam8:00とした
案の定、30分前にはメンバーのほとんどがそろった
にしさん、GSXのお披露目である♪

tachiさんは例のごとく、よっちゃん宅にて前泊だ

ミーティングの後、定刻通り集合場所を後にする

お見送りのため、今回の一番乗りのとっちゃんは
「白鳥までご一緒しましょ♪」とささやいて
むりやり「おっさん班」に組み入れる

雲に隙間はない、今にも降り出しそうではあるが
かえって直射日光があたるより快適だ

予想通り、R156は空いている
“班”の機能を働かせなくてもストレスはたまらない

空気に湿り気を感じるものの
道端にある気温計は、23℃〜25℃で表示されており
快適にまったりとした北上が続く

・今日のお昼ごはんどうしようか?
・今まで中止とした企画を、いつ再開させようか?
・とりあえず“旬”な内に「水遊び企画」は済ませたい
・今日の企画が中止だった場合
 tachiさんは、よっちゃん家族と買い物にでも出かけたのだろうか?
・・・・・など、様々な思いをよぎらせながら時が過ぎゆく

am9:00、道の駅「白鳥」到着
ここで、ひでやんと合流する

とっちゃんは、ここで「お見送りごくろうさま!」ってトコだが
おっさんの執拗な勧誘により、更に拉致されることになる

am9:25、合流&拉致で15台となり、R156北上再開

盛夏とは思えないほど快適に走行できる
しかし“降られる”覚悟は全員がしている
でも、これくらいの天気がいいかも

「1,000円高速」の恩恵で、ここまでR156が快適とは嬉しい
時おり見える「東海北陸自動車道」の北行きは
流れているものの“数珠つなぎ”だった

御母衣湖周辺道路に入る
当然なのだが、水は日本海へ流れるのでダムは北側にある
誰が何を言おうとも“まったり”走る

御母衣ダムの貯水側と

放水側

このあたりに「帰雲城」なるものが秀吉時代に存在したが
1586年の天正大地震で山崩れに埋もれた

その時の埋蔵金がまだ発見されていないとのことだから
こんど一人で来てみようと思う

前回のような「遠い」「砂利地面」に停めたくはなかったので
潔く有料駐車場に200円を払って落ち着くことにする・・・am10:30

当初の予定では展望所でお昼ごはんのだったが
西から迫りくる暗雲と帰路の渋滞を予想し、展望所はパス

お昼ごはんはどこでもよかった
EDさんも「早く戻った方がいい」と珍しく弱気なのだ
適当なお店に入り

「山菜そば」と名のついた“ゼンマイ”入りのそばを観光地価格で堪能

ミスト状態の雨が「ムシ涼しい」・・・我ながら言い得て妙

とりあえず白川郷は見ておかないと目的を達成できないので
揺れる橋を渡り、集落へ向かう
ごった返す観光客の中でも、我々一団は異様な雰囲気を放つ


集落にちょこっと入ったところで、周囲の観光客の足を止めて集合写真
これで、白川郷へ来た証拠としよう

白川郷デビューのよっちゃんは、次回是非ご家族とゆっくり来て欲しい

am11:30、いよいよ降ってきたので早々に引き揚げる
食事を入れて1時間の慌ただしい滞在だ

このあと「高速帰宅」「下道帰宅」「日本海帰宅」と別れ
そろぞれの無事帰着を祈り、一旦解散とした

「高速帰宅」組は、ひるがの高原SAで休憩としたが
駐車場に入れない四輪が列をなすほどの盛況ぶりであり
バイクを停めるのに少々難儀した

次回以降の企画の話は、ちょこっとだけ出た

13:10、ここで本当の解散

 ◆走行距離:306km
 ◆食費:850円(ゼンマイ入りの“山菜そば”)
      100円(トマト・・・ひるがの高原SAにて)

今回の反省
 お昼ごはんを白川郷で食べる必要はなかったんじゃないかな?


@集合場所:道の駅「美濃にわか茶屋」
A休憩場所:道の駅「白鳥」
B目的地:白川郷

エンドロールの各愛車名がグダグダになっているのは仕様です
どうかお気になさらないでください♪

トップページ