おヒマな中年二輪愛好会レポート

2009.08.22〜23 和良 大月の森キャンプ場

トップページツーリングレポート2009 > 2009.08.22 和良、大月の森キャンプ場 ←今ここ

たまにはお酒でも呑んでしゃべり倒したい・・・
こんな思惑で、おっさんが掲示板に「お泊り宴会」を告知

お泊りの参加表明に9名が名乗りを上げ
岐阜県郡上郡和良村の「大月の森キャンプ場」に集った

お泊り参加者
 おっさん:Z1000
 セキムラさん:W400
 イソさん:エスティマ(輸送機)
 若僧さん:CB400SF
 淳爺さん:セロー
 EDさん:トリッカー
 まえ〜さん:軽1BOX(輸送機)
 タケさん:ディグリー
 まつ:RH250

お見送り&差し入れ
 かすみさん:スピードトリプル

早朝襲撃
 にしさん:GSX1400

当日am5:00の気象庁発表の降水確率(岐阜県)は
12:00までが70%、12:00以降は20%だ
準備をしている時は、降られる気配は感じなかった

am9:30ちょっと前
椅子とテーブルを運んでいただくイソさんの輸送機到着
若僧さんはCBで行動だ

しかし、このあたりからポツポツ降り出し
R41に出る前に本格的になり、開き直ることとした

準備を整え、出発を待つRH
しかし、出発してすぐに本格的な“降り”になる

am10:20、集合場所の「道の駅、日本昭和村」到着
若僧さんとオイラは、取り返しのつかないぐらい濡れた
グローブはめたまま「グー」を握ると、汚水がしたたる

イソさん、若僧さん、おっさん、EDさん、セキムラさん、オイラの
当地集合の予定メンバーが揃う

まだ西の空には暗雲が立ち込めているが
午後からの低降水確率の予報を信じることとする

とりあえずお腹がすいたので、売店に向かう

駐車場から大きな「道の駅」を予感させるのだが
施設のメインは「日本昭和村」なる入場料800円の“テーマパーク”であり、道の駅としての施設は割高な土産物屋しかない

お昼ごはんは「高山ラーメン」のみだ

am11:30、出発時刻まで余裕があり、輸送機から椅子を取り出し
バイク停め場所がミーティング会場になる

この時大阪から往復の高速代300円を使って、かすみさんがお見送り&差し入れに来てくれた・・・もちろん「タンドリチキン」である

淳爺さんが、初お披露目となるセローで到着
しばらくの歓談のあと

かすみさんに見送られ、定刻通り出発する

R41に出て、北上を開始

七宗からK64に入り
R41白川口あたりの工事渋滞を避ける
所々道は細くなるが、信号が少なく快適な県道だ

再びR41に出て、スーパーで飲食物の買い物を行う
キャンプ企画で“輸送機”の存在はホントありがたい
イソさん、快く引き受けていただきありがとです♪

買い物後、ちょっとだけR41を戻りR256に入る
ここからは、朝の雨がウソのような快晴になる

日曜日の岐阜の山の中はガソリンスタンド休業日が多い
この時点で自宅から85kmであるが、燃料補給を行う

どうやら淳爺さん
慣れないセローの給油キャップを閉めるのに悪戦苦闘していたらしい

それにしても見事な青空となった
しかし、オイラの股間周りと靴の中はまだ湿っていて気色悪い

R256→K323と道を変え
いよいよキャンプ場が近づいてきたことを実感する

14:30、宴会場の「大月の森公園キャンプ場」到着
敷地の広さの割に宿泊施設が少ない印象を受ける
まだ10年ほどの比較的新しいキャンプ場である

施設使用料とゴミ回収料金8,500円を支払う

14:40、荷物を解く前にとりあえずの“乾杯!”
これから8時間半にわたる宴会の開始となる

全ての携帯電話が“圏外”となり
以降、翌日国道に出るまで巷の情報取得が皆無となる

せっかちな中年は、炭の燃焼が落ち着くのを待てない
次々に“獲物”が投下され、あっという間に消化される

まえ〜さんが16:00ころ到着

さぁ、いよいよ「タンドリチキン」の投下
この笑顔が好評であったことを物語る

世代を超えて好評のようである
ビールによく合うのだが、この青年はコーラで満足していた

19:00ちょっと前、タケさんの到着
この頃からオイラちょっと眠たくなり、いつもの仮眠に入る

先輩中年は、まだまだ元気である

オイラが仮眠している間に仮面ライダーが登場したらしい
手作りっぽいが、精巧な仮面ライダーである

なんと、バンガローの中にも進入だ!
オイラが背後で爆睡しているのがお分かりいただけるだろうか

散々場を盛り上げた“仮面ライダー”は
和良の闇に消えていった・・・・

おつかれさまでした!

22:30、オイラ復活する
代わりに、セキムラさんと淳爺さんが寝床に入っていた

23:00ちょっと過ぎ
周囲のバンガローも暗くなったので就寝することにする

バンガロー内部は、二段ベッド×4つ
仮面ライダーが自ら望んで「床」に寝袋を広げる
オイラを除く8人は即行で深い眠りに入る

オイラは充分な仮眠をしているので、中々寝付かれない
暗闇の中「動物園の夜って、こんなんだろうな〜」って思った

翌am5:50、未成年を含む中年たちは目覚める
少々寒いが、気持の良い朝である

am7:20、にしさんが襲撃、しかしこの傾斜の地にGSXはきつい
メンバーの手を借りて、安全地帯に退避する


キャンプ場管理棟前で今回の集合写真

何しろ中年たちは“せっかち”である
キャンプ場の管理人が出社する前、am7:40に出発することになる
(バンガローの鍵は指示を受けた秘密の場所へ隠ぺいする)

 

K323を南下し

R256でR156を目指す
少々やせ我慢気味だが、快適である

am8:20、R156沿いのドライブインで休憩
このままR156を南下するのは“芸”がないので
板取川へ迂回しながらの南下を、おっさんが説明

にしさんはR156を北上し「道の駅スタンプラリー」に出かける

am8:50、にしさんに見送られながら出立

R156→R256に入る
8月だというのに寒い・・・・

途中のタラガトンネル(4.5km)は、夏を忘れさせるほど寒い

板取川沿いの道は快適であるが
アユ釣りのおじさんや、水遊びの家族連れが多い

am9:40、解散場所「道の駅にわか茶屋」到着
たぶんam10:00出発のパーティが数組あり
「今から行くぞ!」ってのと
「お疲れさま〜」のモチベーションの差を感じる

今回の
 走行距離:212km
 会議費用:一人あたり2,300円+飲み物代(燃料代別)

輸送機提供:イソさん
写真提供:淳爺さん


@集合場所:道の駅「日本昭和村」
A買い物場所:マツオカスーパー
B宴会場:大月の森公園キャンプ場
C休憩場所:吉野ドライブイン
D解散場所:道の駅「にわか茶屋」

トップページ