おヒマな中年二輪愛好会レポート

2009.10.11 体験!伊那のローメン

トップページツーリングレポート2009 > 2009.10.11 体験!伊那のローメン ←今ここ

★ローメン(Wikipediaより)
ローメンは、炒肉麺(チャーローメン)とも呼ばれ
マトンなどの肉と野菜を炒め(炒肉)
蒸した太めの中華麺を加えた
長野県伊那地方の特有の麺料理である。

ラーメン用のスープを加えるものと、加えないものがあるが、
ラーメンとも焼きそばとも異なる独特の風味の料理である。

今まで、ヒマ中において“食”をテーマとした企画は多かれど
これほどまでに事前期待の低い企画は存在しなかった
オイラがかつて体験したローメンをデフォルトし過ぎたのかもしれない

とにかく、ローメンを各自で評価していただこうと
今月の定例企画のテーマを「ローメン」とすることとし、有志を募った

ネット上ではあるが、「初心者に優しいローメン」を探し
今回はマスコミなどにもちょくちょく登場するお店を選択した
参加者の感想より、「体験!ローメン」の目論見は達成したと思う

今後、伊那へ訪れる機会があれば、「ソースかつ丼」だけではなく
「ローメン」のお気に入りのお店を見つけていただければ幸いである

伊那のローメン(伊那にしか存在しないのだが・・・・)体験者
 ◆あべちん:TW200
 ◆おっさん:Z1000
 ◆yosiさん:RS250
 ◆タケさん:FZ-1
 ◆まえ〜さん:R1
 ◆kenさん:DN-01
 ◆イソさん:ZZR1400
 ◆若僧さん:CB400SF
 ◆たなかさん:バンディット1250
 ◆にしさん:GSX1400
 ◆Zeoさん:XJR1300
 ◆まつ:CB1300SB

お見送り
 ◆yasutoさん:DS1100
 ◆ワッキーさん:スカイウェーブ250

集合をR19沿い内津のウーホードライブイン
出発をam8:00としたが、毎度のごとく30分前にはほとんど揃う

この時間の日陰は寒いのだが、日中の予想気温は20℃
ジャケットの選択に悩む季節である

ミーティング風景を再現しようと演技指導するのだが
全然カタチになっていない

メンバーはカメラの存在を知ると
“集合写真”の体系になってしまうのも、新しい発見だ

だが、にしさんがミーティング風景を撮っていたおかげで
“真実”をお伝えすることが出来る
上の写真と比較すると「演技下手」がよくわかる一枚である

定刻となり、お見送りの二人を置き去りにして出発


今回の道程である

@集合場所:ドライブインウーホー
A休憩場所:道の駅「賤母」
B休憩場所:道の駅「木曽駒」
Cお昼ごはん場所:レストラン「シャトレ」
D休憩場所:中央道「阿智PA」
E解散場所:中央道「屏風山PA」

R19の北上を開始
多治見市街を抜けるまではガマンの走行である

まふりゃ〜を交換したばかりのタケさん
今回はカメラを向けられ“何か”を出来たようだ

前回に続き天候に恵まれる
R19も中津川まではETC需要のおかげで空いている

いつもの瑞浪迂回路を経てR19に戻る
・・・・得をしているのか、いまだによくわからん

am9:15、予定通り「賤母」到着
歩道橋があるのだが、足腰の弱った中年は横着をする

前回ここに立ち寄った時は25台あった
今回くらいがちょうどいいと思った

20分ほど休憩し、R19の北上を再開
出発のタイミングなど、マスツーリングに慣れていなかったメンバーが
だんだん“それらしく”なってきたことに少々感動する

だが、オイラの前2台は“うるさい”のと“白煙”だ・・・これもうれちい

“天気の神さま”が存在するのなら
その前にひざまづいて感謝したいほどの好天候がうれしい

カメラを向けられると「ピース」をしてしまうのは日本人の条件反射だが
面白い“何か”が出来るように指導しなければ・・・・と思う

少々肌寒いと感じる季節でもある
日はかなり昇っているのだが、気温は15℃前後だ
メンバーの装備にもメッシュだったり、皮だったりする

am10:30、2回目の休憩場所到着

休憩場所ごとの“小用”は中年にとって外せないイベントである
特にこれからの季節の企画には“計画”しておかないと
不満が勃発する恐れがあるので注意が必要だ

ここから出る時に、おっさんが立ち後家した

おっさんの“立ち後家”イベントはスルーすることにする
ブツ切れになった隊列を整えて、R19→R361に入る

権兵衛トンネルを抜けて、爽快&まったり景色を楽しみながら走行

この時、おっさんの頭には
“タッチペイント”や“キャリアの湾曲”しか頭にないのだろう
しかし、この「おっさんの立ち後家イベント」はスルーする

権兵衛ストレートでのこの牧歌的な風景
何度遭遇しても、気持ちいい風景だ

この際、おっさんの「立ち後家イベント」は忘れよう
メンバー全員の“目”がそう語っている

am11:30、今回企画のメインイベント「ローメンのお店」到着
おっさんの「イベント」は忘れようと努める

なんと、ここまでUターンが無い
ヒマ中企画にしては、薄気味の悪い目的地到着となった

このお店、特にローメンに関しバリエーションが多いのだが
半ば強制的に12人全員が「ソースローメン(牛)」を注文ることになる
もちろん、おっさんのイベントは禁句で徹底だ

ローメンと言えば“テーブルクッキング”

各テーブルに「ソースローメン」が配膳される
見た目は、見慣れた「焼きそば」である

ローメンの味は薄味である
で、テーブルクッキング・・・添えられた調味料で好みの味にしてみる

成分不明の「ローメンのたれ」なるものもある
おっさんの「イベント」もどうしたものか不明だが
この際、触れずにおこう

このセットは+350円・・・今となって思えば、高いような気がする

ここで、参加者の“ローメン”の感想を残しておこう(帰着報告より)

★おっさん
シャトレのろーめんなら、ソース焼きそばの延長なので、
躊躇なく 食べれました。

★まつ
初心者には“優しい”ローメンでした♪

★あべちん
ローメンは、クセのない無難な焼きそば風で、
粉にんにく・粉しょうが・ローメンソースで
味の変化も楽しめて美味しかったです。
欲を言えば、もう少しメンが硬いと良かったかな。

★まえ〜さん
甘ったるい”やきそばにんにく風味〜「うまい棒」にありそうな、お味でした。

★たなかさん
初心者向けのローメン美味しかったです!

★イソ&若僧さん
ローメンの感想一言で言うと「え!?ソース焼きそば?」でした。

★Zeoさん
【伊那のローメン】を食べた感想は・・・ズバリ!!甘い焼きそば?
今度はマトンで挑戦か?

★にしさん
ほぼソース焼きそばでしたが、 ニンニクが強すぎ、
ニンニクが苦手な拙者にはチトつらいです。

★タケさん
ローメン!万人向けの味付けで美味しくいただけました。
しらずに食べれば、変わった味の焼きそばですね。

★yosiさん
ローメンの味は、まあまあですね。焼きそばを、中華味にした感じでした。

★kenさん
ローメン食するのは初めての体験でしたが、おいしかったです

ちなみに、おっさんとオイラ以外は全員「ローメン初体験」だ

伊那地方に100軒近く存在すると言われる“ローメン”のお店
お店により趣向が異なり、様々な“ローメン”があるのだが
これから“ローメン”を試してみようとする方々に参考になれば幸いである

ずうずうしくも、お店の前で今回の集合う写真

そんな、「ローメンデビュー」に優しいお店は

 ◆店名:シャトレ
 ◆住所:長野県伊那市大字伊那部1075-1
 ◆定休日:火曜日
 ◆営業時間:11:00〜15:00、17:30〜22:00
 ◆駐車場:8台
 ◆Tel&Fax:0265-78-6822

お店のサイト

にしさんは「道の駅スタンプラリー」の残りを責めるためR153を
Zeoさんは「フォッサマグナ」を体験するためR152で南下するため
お店でバイバイすることとした・・・12:30

10台となった「上道南下チーム」は伊那ICへ向かう

中央道に入る前に給油を済ませ
次の休憩場所を全員に伝え滞りなく中央道に入る
この時間はまだ空いている

13:20、計画通り「阿智PA」到着

イベントで生じたバイクのダメージを気にしているようだ
毛がないだけでも幸福と思わなくてはいけない

30分ほど休憩の後、次の休憩ポイントを目指し再び南下する

ジャケットの下に「シャカシャカ」を着用していたのだが
少々暑くなってきたので「シャカシャカ」は脱ぐ
でも、走行中は涼しい

14:30、解散ポイントの「屏風山PA」到着
「おっさんの立ち後家」イベントはあったものの
今日も“無事帰着”が出来そうである
イベントのことは、もう触れないでおこう

やはり30分ほど休憩するのだが
“今後”についての相談は出来なかった
とりあえず「忘年会」の需要はありそうなので
「バイク」でも「電車」でも行けそうな場所を考えてみることにする


本日の走行距離:329km
本日の食費:740円(ソースローメン)+350円(おにぎりセット)

写真提供:にしさん・まえ〜さん

トップページ