おヒマな中年二輪愛好会レポート

2010.09.18 ひるがの高原キャンプ宴会(1日目)

トップページツーリングレポート2010 > ひるがの高原キャンプ宴会(1日目) ←今ここ

これまでの企画で「バンガローキャンプ」は何度か行なってきたが
「テントキャンプ」となると皆無であった

バイクに荷物を積むのに苦労し、テント設営・撤収は面倒だ
だが、そんな苦労・面倒も慣れてくれば“工夫”が楽しくなる

特にこれからの季節は、むしろ“屋外”での開放感が気持ち良い
それに、何と言っても安価で済むのが財布に優しい

ヒマ中でのシングルテント泊の人口を増やそうと
事前にソロキャンプを行ない、レポートを公開した
(ソロキャンプも楽しい)

今回「テントキャンプ宴会」に集まった6人中3人が
「シングルテント」デビューである

それで集まった“シングルテント宴会”出席者(走行順)
 ■おっさん:スーパーシェルパ
 ■あべちん:TW200
 ■淳爺さん:セロー250
 ■タケさん:ディグリー250
 ■ひでやん:ZZR1400
 ■まつ:セロー250

にわか茶屋でお見送り
 ■とっちゃん:W650

1日目の道程
@集合:道の駅「にわか茶屋」
A休憩:道の駅「白尾ふれあいパーク」
B宿泊:ひるがの高原キャンプ場
Cお昼ごはん:道の駅「飛騨白山」
Dまったり場所:大白川露天風呂

集合は道の駅「にわか茶屋」、出発をam8:00とした
大阪の山の中から参加のひでやんのZZRは色が変わっていた
車検のついでにペンキを塗り、オドメーターもリセットしたとの事

特にクソ暑かった今年の夏であるが、ようやく涼しくなってきた

べニア板+ゴム板で「キャリアプラス」を
自作でこしらえてきたタケさんに“匠”を感じた(写真失念)

休憩場所を、道の駅「白尾」と伝え出発
今回も拉致に失敗したとっちゃんに見送られる

大和まではR156をひたすら北上
今回の5台の中型車の排気量合計は1,200cc
ZZRは1台で1,400cc・・・どうでもよいのだが

メッシュジャケット(インナー無)でちょうど良い気温

R156から西に逸れたK317で北上を継続
快適な道を“まったり”と走行する

9:00、道の駅「白尾ふれあいパーク」到着
初めて訪れる道の駅だが、何とも素朴で好感が持てる

腹が減っていたわけではないのだが
手ごろな値段につられて「軽食」を摂る
“食欲の秋”であることを実感する

オイラは「焼きそば大盛り」400円

20分ほど休憩の後、やまびこロード北上を再開


標高は800mくらいだろうか
日陰では少々寒さを感じるほどだ

開けたトコでは周囲の山々の眺望がとてもステキである
この道、今後の企画で使う事が多くなると思う

R156に出て、目印のガソリンスタンドを左折
10:00、宿泊&宴会場に到着

チェックインを済ませ、前回下見しておいたサイトを確保
各自テント設営に取り掛かる

初めて設営するメンバーも見よう見まねで完成する
この時間では、まだ他のサイトの余裕があったのだが
今日の予約は満タンらしい

まるでコールマンの住宅展示場だ

30分ほどで設営完了
30分休憩して、お昼ごはんと“まったり場所”へ向かう

付替え工事の多い御母衣湖のR156
片側通行区間は道幅を贅沢に使う

カメラを向けられた時のポーズボキャブラリが貧弱な一枚
おっさん、あべちん・・・なぜホールドアップ?

11:40、お昼ごはん場所の道の駅「飛騨白山」到着
最近「道の駅」に昇格した施設だ

正確には、道の駅から少々降りたトコにある温泉施設だが
他のお客さんは皆無で「準備中」の垂れ幕のまま「営業中」だった

それぞれ、定食をオーダー
オイラは「唐揚げ定食、ごはん大盛り」1,100円・・・おみそ汁欲しい

40分ほどお昼ごはんを楽しみ
今回の「まったり目的地」へ向かう

道の駅から1kmほど戻り(南下)K451で白山登山口へ登る
初めのうちは「少々道が細い」だが、だんだん路面も荒れてくる

12:50、まったり場所の「大白川露天風呂」到着
駐車場はほぼ満タンであったが、すべて登山客である
我々は、ロッジへ300円を支払い“露天風呂”へ向かう

「温泉」と表現していないことにも好感が持てる・・・「露天風呂」なのだ

ほとんど貸し切り状態である
「隠してね!」との警告にもかかわらず、タケさんとあべちんはOPENである
自信があるのは結構だが、修正が面倒なので隠して欲しかった

解放感の溢れる露天風呂は、日常を忘れさせてくれる

当事者以外は見るに堪えない集合写真

40分ほど“露天風呂”でまったりとし
ロッジの休憩所で再び“まったり”

登山も楽しそうと思った
取りあえず、小牧山から始めてみよう

「半身の術」を使うおっさん・・・それ、使い道ない

たかが片道14kmのK451だが、重量バイクには重荷となる
この橋も、土石流にのまれる事を想定してなのか
下流側に傾斜している

護壁工事のため足止めの時間も楽しむ

こんな「洗越し」も数か所あり、オフ車は楽しいのだが
ZZRにとっては“罰ゲーム”だ

R156に出てホッとしたことだろう
来た道をそのまま南下する

14:45、キャンプ場近くのスーパーに立ち寄る
品ぞろえも豊富で、各自「お酒」「夜食」「朝食」を買い込む
この買い物も楽しかったりする

サイトに戻ったら、他のサイトも埋め尽くされていた・・・やはりコールマン

15:30、宴会の開始
ちなみに、ツーリングシューズのまま宴会に参加した“罰ゲーム”な二人は
中央で立っている二人である

このキャンプ場は直火OKなので
薪を購入し“火遊び”も楽しむ事が出来る
子供のころに「寝小便すっぞ!」って叱られたことが頭によぎる

こちらはサンダルを忘れて「罰ゲーム」な二人

火を囲んで延々と“しょうもない”会話で盛り上がる
レポートで表現できない話題がほとんどなので割愛する

シングルバーナーで楽しめる「食べ物」は限られるが
冷凍麺でも充分美味しいのが「屋外宴会」の良いところ

グデグデになり、限界を超えたものからテントに入るのだが
それが何時なのか記憶にない・・・オイラ、たぶん一番と思う

am1:30ころ、爽やかに目が覚めるのだが
「いびき」「寝言」「寝叫び」「寝なら」がスーパーサラウンドである

寝る前にメンバーから「起こすな!」と厳命されており
一人で悶々とするのだが
一番効果音を発している、ひでやんテントの前室のチャックを開け
「新しい朝が来た〜」とラジオ体操の歌を斉唱するが
無反応のため、残ったお酒を飲み干し
再び虚しく寝床に着く・・・・

■今日の走行距離: 207km
■今日の食費:1,500円(焼きそば+唐揚げ定食)
■今日の宴会場所代:1,300円(早期チェックイン含む)
■ 今日の宴会費用:2,500円くらい

1日目(ここ):2日目へGO

スライドショーは2日目の最後に貼ってあります

トップページ