おヒマな中年二輪愛好会レポート

2010.11.14 しらす丼のはずが、うな丼を食べた

トップページツーリングレポート2010 > しらす丼のはずが、うな丼を食べた ←今ここ

元々今日は「11月定例企画」の日曜日で
年間計画では「青山高原」を予定していた

しかし、東名阪の慢性的な渋滞などを嫌い
目的地を「敦賀ヨーロッパ軒」に変更した

だが、福井の週間予報がグズグズなので早々に中止とし
参加表明を募らずに、浜名湖へ「シラス丼」を試しに行く事にした

でも、前日の仕事中に「道の駅潮見坂」を下見したおっさんから
「めちゃ混み」との情報を得て急遽「新城のうなぎ」に変更

こんな「話が違う!」ツーリングを楽しんだのは

 ■おっさん:Z1000
 ■シュウさん:Z1
 ■おーじろうさん:GT1000
 ■まつ:CB1300SB

@集合T:ザ・モール春日井のマック
A集合U:JAあいち豊田松平
Bお昼ごはん場所:丸一食堂
Cまったり場所:道の駅「鳳来三河三石」
D自主学習:旧R362「本坂隧道」

おっさんとの待伏せは、ザ・モール春日井のマックとした
朝ごはんはもちろん「エッグマックマフィン」のセット(コーラ)である

8:20、二次集合場所へ向けて出発
雲は少ないと思われるのだが、黄砂の影響でどんよりしている

粛々とR155で南東へ向かう
信号の間隔には違和感が無いのだが、瀬戸から全部“赤”となる
渋滞でもないのに、停まっている時間のが長い

9:35、ほぼ予告時間にJA豊田松平着

着こんできたおかげで、今までのところ寒さは感じない
缶コーヒーで少々くつろぎ、目的地の変更を有無を言わさず伝える

おーじろうさんの「ドカGT1000」・・・オイラは初見
ドカにも“まったり仕様”のバイクが存在する事を知る

15分ほど休憩の後
おっさん→シュウさん→おーじろうさん→まつの順で出発

左へ行けば、大混雑が予想される香嵐渓へ向かう「足助街道」
今日の“通勤路”は右折のR301

「紅葉渋滞」を予想していたが
少々早かったようで、普段のR301をストレスなく走る

でも、所々に紅葉を確認する事ができ
晩秋のせつない想いが・・・曇ってるから余計にそう思った

10:30、道の駅「つくね村」到着
今までに見た事がないほどの“満タン”である

それでも20分ほど休憩して
お昼ごはん場所に向かって出発する

本宮山スカイラインへ入る
オイラ、ひょっとしたら初走行かもしんない

「つくね祭り」なる“串焼きBBQ大会(たぶん)”が行なわれており
駐車場待ちの渋滞でゾッとしたが、難なくやり過ごす

先導者が道を譲っていただいた瞬間から
おっさんにスイッチが入ったようだ

「水を得た水虫」のように消え去る
でも、40km/hは順守したようだ

頂上付近で、ようやく待っていてくれた
同じ40km/hで走っても、差が付く事に矛盾を感じた

R151で新城市街地を抜ける
「長篠の戦場跡」は、いつか自主学習したいトコである

印象深いR151とR257の交差点(写真、信号の100m先)
何故信号を付けないのか不思議だ

11:40、お昼ごはん場所到着
この時間はまだ空いているようだ

この後、地元のお客さんで満タンになる
滑り込みセーフってやつだ

もちろん「うなぎ丼」1,500円を全員が注文
「ごはんは多いですよ」と注釈が入る

焦げ目も美味しそうなギラギラのうなぎは
ほどよく脂がのっている♪

この季節の“うなぎ”が一番美味しいのかもしんない
ほかほかのごはんも美味しいし

そんな、幸せな気分になれるお店は

 ■店名:丸一食堂
 ■住所:愛知県新城市名越字坂下51-4【地図】
 ■定休日:不定休
 ■営業時間:11:30〜19:00
 ■駐車場:バイクなら30台は楽勝
 ■お店のサイト

うなぎ丼(赤だし付) 1,500円
どてやき 400円
刺身 時価
蒲焼き 1,300円

12:25、重たくなったお腹を抱えて退店し
今日の集合写真

取りあえず、道の駅「鳳来」まで行く事にしてお店を後にする

前回(3/14)は通行止めだったK439にて南下する
「さっき通った道」は忘れても
「半年前の計画」を覚えているおっさんはエラいのだろうか

R257に接続し南下する
「黄砂」さえなければ、ポカポカ陽気なのに

12:40、道の駅「鳳来三河三石」到着
「浜松」ナンバーのバイクが多い

この後に三ケ日から上道に入るのでは
3/14の 全くのコピー企画になってしまう
そこでオイラは“隧道”を提案する

・・・冗談だったのだが、あっさり通ってしまった

R362に入り、浜名湖・猪鼻湖北端を周遊
気温も少々温くなってきており、ガマンどころでもある

三ケ日の「みかん畑」を抜けて、後ろめたい看板現る
写真では見づらいのだが、前方も右折先も隠されている

旧362へ入る
2008年3月まで新362は“有料トンネル”(バイク150円)だった

現在でも“姫街道”と呼ばれるR362
無料化されたトンネルで、旧道はさらに寂れていく

この“本坂隧道”は、よくありがちな「心霊スポット」として有名らしい
この時も、不審なアベックのDQ仕様セドリックが往復していた

だが、大正4年に開通したこの“隧道”の
近代土木遺産的は価値は高い
(落書きすんなよな〜)

マニアックな「押し付け説明」を聞いていただいた
シュウさん、おーじろうさんありがとうございました

その時、おっさんは「生理現象の解消」で不在だった

セローなら、むしろ楽しい下り坂であるが
CBではちょいと緊張する・・・これでも最近まで国道指定されていた

新R362に接続し豊川へ向かう
出来たら「本坂ストレート」と命名したい

ウダウダのR151でちょいと北上

4名とも豊川から上道を選択する
降車ICが異なるので、事実上の解散場所がこのIC
豊田ICまでの慢性渋滞に遭遇しなくて良かった

■本日の走行距離:281km
■本日の食費:1,500円(うなぎ丼)

トップページ