おヒマな中年二輪愛好会レポート

2010.12.12 忘年会の二次会

トップページツーリングレポート2010 > 忘年会の二次会 ←今ここ

17:30“モンゴルコスプレ忘年会”を終えた面々のうち
時間に余裕のある人は“二次会”へと駒を進める

もう満腹であり、したたか酔っている
こうなったら「暗黙上の了解」でカラオケに足を運ぶことにする

東レから
 ■金チャン
 ■雪さん
 ■もん子さん

ヒマ中から
 ■おっさん
 ■あべちん
 ■にしさん
 ■シュウさん
 ■タケさん
 ■GGさん
 ■タカさん
 ■タカ嫁さん
 ■まつ

入室の前に“ルール”を周知する
 @’80年代以前の曲であること
 Aみんなが知っている曲ほどポイントが高い

概ねの同意を得る事が出来たので入室

基本コンセプトは“盛り上がり”であり
スタートは「YAH YAH YAH」である・・・10数年前からのパターンだ

案の定勢いがつくのだが
「YAH YAH YAH」は’93年だった・・・こまけぇこたぁ〜いいんだよ

さらにルールを追加する
 B自分が聞きたい曲のリクエストOK(自分が歌わなくてもOK)
 C指名されたら、取りあえずマイクを握る

本来のカラオケの楽しみ方とは異なるのも一興である

この場の状況を簡単に説明すると
全員が大声を張り上げて“熱唱”する

楽しければそれでいい♪

みんな、思い思いの曲をリクエストしては
血管を切らさんばかりに“声”を出す

蓄積したカロリーはかなり消費できたと思う
しかし、少々マイナーな曲が入ると
一人で歌わなきゃいけないので、選曲にも気を使う事になる

’80年代と言えばピンクレディだろう
このお二人は、快くリクエストに応えてくれた

ヒマ中でこれに対抗出来るのは、ガテン系のアニキたちだ

「さよならの向こう側に」をリクエストしてみた
女子はこの曲を歌う事ができたら
40代〜50代の中年を落とす事が出来るので
覚えておいて損は無い・・・得をすることもないのだが

さらに時が過ぎると、曲なんてどうでもよくなる
騒ぐ事が出来れば何でもいい

しかし、中年のパワーは持続力が無い
でも“母”のテンションは底なしだった

いよいよ大詰めとなり、各自残っているパワーを全開にする
曲はもちろん“YMCA”である

硬くなった身体を酷使しながら、みんな腹の底から発声
さらに“母”のテンションは上がる

こうして“熱い2時間”を共有し解散となる
“母”は既にアイドリング状態に戻っている

満腹で酔っていたので、ドリンク一杯のみ
お一人さま1,000円で済んだ

最後に仕込んだ「東京ラプソディ」は間に合わなくBGMとなり
GGさんの歌いたそうな寂しげな眼が印象に残った

こんなカラオケ企画もありかなって思った
希望者が存在するなら企ててみようと思う


モンゴルコスプレ忘年会へ戻ってみる

トップページ