おヒマな中年二輪愛好会レポート

2011.04.30 七県またぎのはずが、九頭竜湖

トップページツーリングレポート2011 > 七県またぎのはずが、九頭竜湖 ←今ここ

ヒマ中企画ではあまり登場しない「上道」
6月に「上限1,000円」が撤廃されそうな空気の中
「たまには上道メインの企画もいいのでは」と思い
同行者を募ってみた

当初の計画は、「川島PA」で待ち伏せして
東海北陸自動車道をズイズイ北上
小矢部で北陸道に接続し、グイグイ南下

オプションで「千里浜なぎさドライブウェイ」を入れてみた

岐阜県・富山県・石川県・福井県・滋賀県・愛知県
の都合六県をまたぐこととなる

しかしよく考えてみると、入り口IC・出口ICをずらした「一周」では
「上限1,000円」の恩恵は関係の無いことに気づく

ま、こまけぇこたぁいいんだよ

 

六県とも、週間予報も前日の天気予報も
少々風が強いくらいで、雨の心配はほとんど無かった

当日の朝、念の為に天気予報を確認すると
北陸三県とも「雨」に変化していたが
「何とかなる」と適当な気分で集合場所へ向かった

ほとんど「雨」を予想していなかった中年は
 ■EDさん:VTR1000
 ■アサヤンさん:VFR1200(デビュー)
 ■GGさん:F800R
 ■いわちゃん:ER-6F
 ■にしさん:GSX1400
 ■タカさん:ZRX1200だえぐ
 ■うぇるださん:XJR1300
 ■ガッキーさん:バンディット1200S
 ■アラセさん:GWトライク
 ■まつ:CB1300SB

お見送りの中年は
 ■とっちゃん:W650
 ■yastさん:DS11

今日の道程の結果

@集合場所:川島PA
A休憩場所:道の駅「九頭竜湖」
Bお昼ごはん&解散場所:重楽

出発予定時間は9:00だったが
朝ごはんをPAで食べようと、1時間前に川島PA到着
既に6台が先着していた・・・みんな、せっかちである

その後も続々と到着し、やはり30分前には全員そろってしまう

本日初参加のアサヤンさんの紹介のあと、簡単に道程を説明
取りあえず「ひるがの高原SA」を目指すこととするが
雲行きはかなり怪しいので、先導のEDさんの判断に委ねることにした

定刻10分前、とっちゃん・yastさんに見送られ出発

スムーズに本線に接続
キープレフトのまま“まったり”とマス走行を楽しむ

大和から高鷲まで8km渋滞の表示
しかも、早々と「ひるがの高原SA混雑」も表示

「どうせ北陸は雨だから」の考え+渋滞が我慢できず
白鳥ICで降車する

作戦会議である
まだ10:00前、引き返すのは寂しいので九頭竜へ向かうことにした

20分ほどウダウダし、西へ向けて出発

本日の企画を「七県またぎ」としたが
指折り考えたら、三重県を走るのはEDさんだけだ
「六県またぎ」への変更が必要かもしんないと思い悩む

だが、この時点でどちみち富山・石川はあきらめているので
どうでもよくなった・・・っていうか、みんな気づいてないと思う

暖かそうな予報だったが、少々肌寒い
山肌の残雪と桜に、平野部とのタイムラグを感じる

10:25、取りあえず目指した道の駅「九頭竜湖」到着
このまま福井へ向かい、ソースカツ丼を楽しむことで決まるが
念のため11:00発表の天気予報までブラブラすることにする

15分ごとに動き出す恐竜は、4月19日に冬眠からお目覚めとのこと

動いていない時を見計り、他のお客さんにシャッターをお願いして集合写真

11:00チョイ過ぎ、天気予報を確認する
北陸三県に「雷・強風注意報」が発令されているではないか
EDさんの左手が雨雲の位置を表している

あっさりと「戻る」ことが決まる

開花した桜は、今となっては「懐かしい」と思わせる

交通量は少なく、のんびり走ることのできるR158
冬季通行止めに引き続き、雪崩があった影響の工事などで
ところどころ片道通行規制が行われている

計画変更で、お楽しみのお昼ごはんのアテは無い
すべてをEDさんに丸投げする
こんな状況でもテンションの高い人が1人存在する

くどいようだが、桜が見頃である

下道で南下するため、ループ橋で高度を下げる

信号の無いK52で南下中、降りだしてきやがった
みなさんカッパを常備している
オイラは開き直る

R156に入る
本降りとならなかったのがせめてもの幸いだが、辛い
「幸い(さいわい)」から一本抜くと「辛い(つらい)」になる

集合場所から約140km、燃料補給しておく

12:40
「R156で気になるお店ランキング」で上位だと思われるお店に到着
去年一度訪れたが、相変わらず繁盛しているようだ

10名中7名が「カレーベトコン」を注文


オイラ、前回「カレーベトコン」を試しているので
今回は普通の「ベトコン」を注文したのだが、これがアダとなった

一つの鍋で一度しか調理ができないので、オイラの配膳は
みんなが食べ終わってから・・・・着座して50分後だった

みんなを待たせるのはお構いなしで、ゆっくりとベトコンを楽しむ
程良い辛さとニンニクでスタミナの回復が期待できそう
「辛さ(つらさ)」と「辛さ(からさ)」は、同じ漢字だ

この「ベトコン」の由来は「ベストコンデション」からくるものだと思っていた
誇らしげに、そうやって説明もしたりしていた

だが、1969年に「新京」で賄い飯として作っていたラーメンを発売する時
当時の「南ベトナム解放民族戦線」の勇敢なイメージにちなみ
「ベトコン」としたが、食品のイメージとしてそぐわないため
無理やり「ベストコンデション」を用いた・・・・どうも、これが本当っぽい

Wikipediaにそうやって書いてある

そんな、R156で気になるお店のランキング上位のお店は

 ■店名:ベトコンラーメン重楽
 ■住所:岐阜県郡上市八幡町稲成穀見821-1 【地図】
 ■定休日:木曜日
 ■営業時間:11:30〜14:00と17:00〜21:00
 ■お店の サイト

ベトコンラーメン:750円
カレーベトコンラーメン:750円
みそベトコンラーメン:850円
台湾ラーメン:750円

14:00、美並から上道を使用する者、R156をひたすら南下する者
北上して雨雲に突撃する者・・・
ここで無事帰着を誓い解散とした

当初の計画でも、七県をまたぐのはEDさんだけであり
誇大広告のような後ろめたさが残るのだが
めんどくさいので、これでよしとする

・本日の走行距離:229km
・本日の食費:1,550円(朝飯600円、ベトコン&中ライス950円)

今まで重宝していたniftyの動画サービスが終了するらしい
今までのレポートに貼りつけたスライドショーどうしよ?

トップページ