冠山峠

2011.07.02 冠山峠を越えてソースカツ丼

トップページツーリングレポート2011 > 冠山峠を越えてソースカツ丼 ←今ここ

冠山峠を越える・・・

1回目は去年6月5日、自然災害のため通行止めだった
2回目は去年10月2日、メイン目標でなかったため、峠に立つのみ
3回目は今年6月4日、事前に“通行止め”が判明してたので変更

そして、ようやく今回“冠山峠”を越えることができた
しばらく疎遠となっていた「福井のソースカツ丼」も堪能した

「クソ暑い」と「うすら寒い」を体感した中年(走行順)
 ■おっさん:シェルパ
 ■GGさん:XR230
 ■サエキさん:DS400
 ■タカさん:DS250(かぁちゃん所有物)
 ■EDさん:子バンディット(オフ道仕様)
 ■まつ:セロー


右下から時計逆回り

・集合:道の駅「クレール平田」→7:30
・休憩:道の駅「ふじはし」→8:30
・休憩:冠山峠入り口→9:25
・集合写真:冠山峠→10:00
・お昼ごはん:ヨーロッパ軒神明分店→11:25
・ちょいと休憩:河川敷公園→13:00
・休憩:淀川の源→13:35
・解散:道の駅「伊吹」→14:50


より大きな地図で 11.07.02 冠山峠を越えてソースカツ丼 を表示

クレール平田を7:30出発とした
30分前にはほぼ全員集まるのだが、すでにクソ暑い
日陰でないと干乾びてしまう中年たち

定刻となり出発

走りだすと、メッシュジャケットを抜ける風が気持ち良い
天気は「昼から雨かも」 の予報だった
今のところ降られる気配は微塵もない

今年初の「R303通勤」である

今の時点で「冠山峠林道」が抜けられるか不明である
アメリカンの2人は「行けるトコ」まで拉致された

R303に接続する
交通量は少なく、快適な「通勤路」を楽しむ

8:30、道の駅「ふじはし」到着
クレール平田より少々気温は低いものの、暑い
セミの鳴き声が一切聞こえないことに違和感を覚える

「道」の情報を確認・・・大丈夫そうだ

R303→R417に接続する
さらに交通量は少なくなり、快適度が増す

徳山ダムを横目に見ながら北上を継続
下流側では、何かしら大規模な工事が行われている

そして、無駄に豪勢な「橋」「トンネル」が続く
トンネルの中は“びちゃびちゃ”で寒い

景色は良いのだが、湖の中へ下る旧道が寂しげだ
つくづく「ダムに水が入る前に来ればよかった」と悔やむ

トンネルの中で“びちゃびちゃ”になったシールドを拭くため
ちょいと休憩・・・・雲行きが怪しくなってきた

このあたりから、峠をくぐって直線トンネルが建設中とのこと
ありがたい話である

点線国道417の“点線”部分に入る
日当たりの良い修復したばかりの部分は綺麗だ

左「高倉峠」右「冠山峠」
左は微妙に通行止めの様子

高度を上げていくにつれ、太陽が遠くなっていく
同時に、体で感じる気温も低くなってくる

ついに、雲の中へ突入
雨ではなかったのが幸いだ

9:55、冠山峠到着
この方向に冠山が見えるはずだった

この地点で標高は1,055m
平地より7℃ほど低い計算だが、体感はそれ以上に涼しい

この峠から北は「福井県」、南は「岐阜県」となる
岐阜県側は「徳山村」「藤橋村」「揖斐川町」へと、町村合併を繰り返した自治体の変遷を垣間見ることができる

峠を越えて福井県に入る
雲の中である

岐阜県側と同じく、ガードレールはほとんど無く
“崖っぷち”で緊張を強いられる部分が何箇所か存在する

ところどころ「待避所」があり、四輪の離合は一応可能だが
とても四輪で来る気にはなれない・・・CBでも嫌じゃ

登りとは逆で、徐々に体感温度が上昇してくるのが顕著だ
しかし、集合場所より随分と快適ではある

“点線”部分から、R417へ入る
このあたりに、約7kmに及ぶ「冠山トンネル」が接続するらしい

まだ十分使用に耐えられる旧道も見られる
いつかこの旧道も走ってみたい

鯖江市内に入るころ
暑さのため減少していた食欲が戻ってきた
単に「腹が減ってきた」ともいう

お気づきだと思うが、何故かオイラが先導になっている

11:25、お店に到着
既に「営業中」の看板があり、数名のお客さんが店内にいた

カツ丼850円を基本に、いろんなバリエーションがある
今回は「カツ丼定食1,050円」を注文

配膳された「カツ丼定食」
どうしても「伊那」のソースカツ丼と比較してしまう
小ぶりな丼なので「ミニ丼」を頼んでしまったのか・・・と思った

それでも、サクサク感のある衣を武装して美味しそうである

ごはんの上にソースがかかったカツが乗せてあるだけ
というシンプルな構図が潔くてステキだ

期待していたほど“サクサク感”は無いものの
脂身のほとんどないヒレ肉は、クドさが抑えられており食べやすい
(でも揚げ油は、おなかに残る類のもの・・・だと思う)

オイラは適度に脂身があって“ジューシー”なのが好みなので
「伊那」に軍配が上がるのだが、これはあくまでも比較した場合
「福井」も普通に美味しくいただける

ただ、ソースのかかったごはんは
独身一人住まいだったころの「適当めし」を思い出してしまう

そんな、「福井」の潔いソースカツ丼のお店は

 ■店名:ヨーロッパ軒神明分店
 ■住所:福井県鯖江市水落町1-12-21【地図】
 ■定休日:火曜日
 ■営業時間:11:00〜21:00
 ■駐車場:四輪で10台くらい
 ■お店のサイト

カツ丼:850円
ガッツ丼(みそ汁付):900円
カツ丼大(ライス大盛):950円
カツ丼上(カツ4枚入)1,100円
カツ丼定食(ミニサラダ・みそ汁・漬物付):1,050円

隣接するJAのスタンドで各自給油をすませる
少々雨がパラつくも、かえって涼しくなるので開き直ることにした

2つの目標を達成したので、あとは「無事帰着」を目指す
ここでいったんの解散とした・・・12:15

上道で帰るつもりはサラサラ無く、敦賀に向かうサエキさん以外は
R8→R365で南下することにした

まだ木之本まで50kmもある
雨は止んで、蒸し暑くなる

短調な走りが続いたので小休止
この写真が牧歌的に撮れてたので、ちょっと細工してみた

これからは、ただひたすらR365を南下するだけ
片側通行の部分が何箇所かあった

適度なクネクネで緊張感を保てる
ETC上限1,000円が無くなって、交通量が増えるかと心配したが
相変わらず閑散とした快適道だった

13:35「淀川の源」で小用、大阪の人に恨みがあるわけではない

せっかくセローでここまで来たので、R365から外れて
K285で山道を堪能しようとしたが、通行止めだったので潔く諦める

北国街道の木之本宿場町跡でショートカット
時間があるときに、じっくり散策してみたい

R365から高規格な農道に入る
ちなみに、この道へは高度な入り方をしたので
冒頭の地図では表現出来ていない(迷ったともいう)

14:50道の駅「伊吹」到着、一気に汗が吹き出してきた

合計排気量1,230ccのバイクたち
今日もありがとうございました
帰ったら洗ってあげるからね・・・チェーンにも湿り気入れるからね

次週の「御嶽山」と、再来週の「キャンプ」が既に予定されているが
具体的なことが決まらないまま、流れながらの解散となる

 ・今日の走行距離:313km
 ・今日の食費:1,410円(朝マックセット+カツ丼定食)

トップページ