おヒマな中年二輪愛好会レポート

2011.07.10 クソ暑いので御嶽山へ行った

トップページツーリングレポート2011 > クソ暑いので御嶽山へ行った ←今ここ

7月の定例企画である
できるだけ標高の高いトコで涼むことさえ出来ればそれでいい
珍しくお昼ごはんが目的とならなかった企画でもある

参加者した中年(たぶん、走行順)
 ■おっさん:Z1000
 ■しかちゃん:R100CS
 ■ヤマさん:FJR1300A
 ■GGさん:F800R
 ■Zeoさん:K1200LT
 ■ばんさん:VTR250
 ■タケさん:VTR250(お披露目)
 ■うぇるださん:XJR1300
 ■いわちゃん:XJ6 Diversion F
 ■やまめさん:VFR1200
 ■yosiさん:TLR
 ■よっちゃん:ZZR400
 ■平光さん:ハーレーダイナ(体験参加)
 ■ガッキーさん:バンディット1200S
 
■まつ:CB1300SB

追いつくために御岳界隈を走りまわった中年
 ■にしさん:GSX1400

@集合:ウーホー内津店
A休憩:道の駅「きりら坂下」
B休憩:道の駅「三岳」
Cお昼ごはん場所:田の原天然公園
D解散場所:御岳百草丸のお店

8:00出発として、ウーホー内津店に集合
この時間でも、陽があたる場所は厳しいものがある

今回参加者の平均年齢は、おそらく50才を越えるだろう
干乾びてはいけないので、全員トラックの日陰に避難する

出発前のミーティング
御嶽山界隈に“これだ!”っていうお昼ごはん場所がない
「お昼ごはんは期待しないように」

それにしても、クソ暑い・・・早く走り出したい

定刻となり、ウーホーを出発
ただひたすらR19を北上するだけだ

日本で一番クソ暑い“多治見”を抜けると
幾分かは涼しくなったような気がする

毎度の土岐の撮影ポイント
R19を走行するときは、ここで参加台数を直感的に把握できる

通称“おっさんバイパス”からR19への接続地点
ここで途切れると、隊列を整えるのに時間がかかる

今日も順調だ
走行速度の波はあるものの、ストレス無く中津川を通過する

9:20、道の駅「きりら坂下」到着
オイラ、今日まで「きらり坂下」だと思っていた

「お見送り表明」の2名の拉致に成功する
それぞれ“家庭の事情”があるようだが、しったこっちゃない

20分ほど休憩の後、R19へ戻って北上の再開
みなさん、きちんと順番を守っている・・・几帳面である

自宅を出るときは「暗雲立ち込める」状態だった
だが、時間の経過で太陽が憎らしいほど“ピーカン”の空模様だ

街路の気温計は30℃を越えている
でも、走っていると苦にならない

直前まで「集合場所」「出発時刻」「行き先」しか告知してなかった
にもかかわらず15人の「何でもいいから、ドコか連れてけや」の隊列
我がパーティながら、見事な千鳥走行に惚れ惚れする

10:30、道の駅「三岳」到着・・・やはり暑い

オイラ、この時点で既に水分1.5Lを補給する
尿意も無いので、全部発汗したのだろう・・・臭そうだ

やはり日なたでは干乾びてしまうので、日陰での待機
不健康自慢も中年の特徴の一つである

11:10、重い腰をようやく上げて出発

このあたりから、大粒の雨がパラつく
「一気に土砂降り」の雰囲気があるが
随分と涼しくなったので、それでも構わんと思った

だがそれだけであり、この後も降られることはなかった

いよいよスキー場内を連絡道を登る
現在は「おんたけ2240」と呼ばれている
王滝村はこのスキー場経営の失敗で、木曽町へ合併できなかった

「御岳ロープウェイスキー場」は、閉鎖の危機にあるという

ここまで来ると、爽快感がグンとアップ
道の駅「三岳」でのクソ暑さが懐かしい

11:55、田の原公園到着
標高2,200m、計算では平地より15℃ほど低い

この後、お昼ごはん場所までの移動が面倒だったので
ここの食堂で空腹を満たすことにする
普通車用駐車場が満タンだったので、少々離れたトコにバイクを停めた

お客さんは他におらず、食堂の一区画を占拠

今日のオイラのお昼ごはん、ラーメン+ライス(900円)
やや観光地価格は、やむを得ない
他のメンバーは「そば+かやくごはん」が人気だった

御嶽山を鑑賞中

まったり場所へ移動し、集合写真
遂に、山頂を拝むことはできなかった

小一時間をこの場所で“まったり〜”する
涼しくて気持よいのだが、小さな羽虫がまとわり付く

年齢も職業もバラバラなので
各メンバーのエピソードが、その都度新鮮に聞くことが出来る

登ったら降りなければならない
13:20、解散場所を目指して下山する

登りと下りではこうも景色が違うのか・・・と毎回思う
すれ違う車両も少なく、景色を楽しみながら走行

周囲の木々が低いので、眺望がステキだ
こんな道は、できるだけゆっくり走るのがいい


先頭集団は、折り返した道を走っている
まるでジオラマを見ているようだ

徐々に雲が切れてきたのと、高度も幾分か下がったのだろう
思い出したかのように暑くなってくる

往路で走ったときは「絶対降られる」と覚悟した
帰路では憎らしいほど好天気である

13:50、解散場所とした「百草丸」のお店に到着
何度か素通りしているが、初めて立ち寄った

ガテン系の兄貴は、誰よりも家族思いである
買いすぎたお土産の始末に苦戦中

解散後は4方向に分かれる
その指示を行なうおっさん・・・でも、それ帽子違う

30分ほどグダグダして、ようやくの解散
9台はR361開田高原経由で下呂へ向かう

オイラは、再訪したかったお店があるので
三河組を追尾してR19へ向かう

再訪したかったお店はここだ
R19沿いにある廃墟っぽい建物は、多くの人が見知っていると思う

あんまりお腹が空いていないので
今回は「ふつう盛り」とした

このお店は「異次元空間」を楽しむお店である
「美味しい」とかは期待しちゃぁいけない

COCO壱番と比較するのも良くない
とにかく、大将がご存命なのを確認できて良かった

30分ほど大将と会話をしながら「異次元空間」を楽しんで
バイクへ戻ると、この人に待ち伏せされていた

追いかけたが、すれ違うこともできなかったので
意気消沈してR19を南下してたら
見慣れたCBがあったので待ち伏せしてみたらしい

地元自治会の後始末のあと、2時間遅れで追いかけたとのこと
御嶽山界隈をさまよったが、遂に遭遇できなかった
この時点で、オイラより80km余分に走っている

道の駅「三岳」では土砂降りに遭ったようだ

この後、中津川まで「ランでぶ」走行する

・本日の走行距離:338km
・本日の食費:1,830円(朝のおにぎり、昼のラーメン、おやつのカレー)
・本日の水分補給:2.5L

次回の「避暑企画」は“水遊び”を考えている

トップページ