おヒマな中年二輪愛好会レポート

2011.07.23 はじめての北海道ツーリング@(準備・出発)

トップページツーリングレポート2011 > はじめての北海道ツーリング@(準備・出発) ←今ここ

決して急に思い立ったわけではない
数年前より「絶対に行く!」と熱望していたが
実現までには至らなかった

今年の夏休みをドコへ行くか考えているうちに
“え〜い!”と、酔った勢いでフェリーを予約してしまった

様々なサイトで事前の学習を行ない
「宗谷岬」を目指す“北経路”と、「知床岬」を目指す“東経路”を
計画し、天気予報に応じて判断する予定だった

走行中頻繁に地図を確認して、無駄な時間を費やしたくないので
当たり前のようにナビを装着したセローの出動となる

北海道への移動は、敦賀港出港の「新日本海フェリー」が定番だが
往路は名古屋港出港の「太平洋フェリー」を利用した

宿も「とほ宿」「ライダーハウス」「シティホテル」を試してみた

名古屋港出港時刻は19:00
90分前までに搭乗の手続きを済ませなければならないので
15:30に自宅を出る

オドメーターの確認・・・去年6月から9,000km走っている

16時ちょい過ぎにフェリー乗り場に到着
これから40時間お世話になるお船(きそ)はデカい
積荷作業で作業員さんが忙しそう

このワクワク感がたまらない

おっさんは夏風邪でダウンしていたらしいが
「ヒマだったので見送りに来た」とのこと
うれちかった♪

和歌山や浜松ナンバーなどのバイクがドンドン集結

18:00、車両の搭乗が開始

太平洋フェリーのB寝台は「S字」(新日本海フェリーは「E字」)なので
向かい合わせになるのは1人だ
40時間に必要な荷物を寝台に放り込み、お風呂へ直行

ゆとりのある脱衣所に、カランは13箇所
まだ入浴者は少なかったので、のんびり湯に浸かることができた

さっぱりして寝台に戻ると、隣人が荷物の整理をしていた
嵐の「二宮和也」に似た好青年である

大学4年生で、旅行費用をバイトで貯めて毎年北海道へ訪れるらしい
若いのに、オイラに気を使って話しかけてくるのが益々好感度アップ

バイク乗りではなく、レンタカーを借りて北海道の友人と放浪するとのこと
残念ながら共通する話題に乏しいので、会話は弾まなかったが
二宮くんから“北海道”の気温などの教示を受ける

19:00、予定通り名古屋港を出港する
クソ暑い名古屋からおさらばである

オープンデッキは24時間出入り可能だが
強風と排気で長時間居られない

 

ホクレンの「ライダーキャンペーン」
フラッグは1個100円で販売されている
中学の修学旅行で集めた“ペナント”を彷彿とさせる

余裕のあり過ぎるロビーの席で今日の晩ごはん

 

船内を散策するが、それは明日のレポートネタにとっておく

出港して2時間半で伊良湖岬の南を通過
ナビにこんな使い方を発見する(デッキ上でないと電波収集できないが)

・本日の走行距離:32km(自宅→名古屋港)
・本日の食費:420円くらい(お茶・カップ麺・おにぎり)

明日へ続く

全日程をスライドショーにしてみた

今ここ→7月23日(土)   自宅→名古屋港(お船泊)
7月24日(日)   ずっとお船の中(お船泊)
7月25日(月)   苫小牧→支笏湖→増毛(とほ宿泊)
7月26日(火)   増毛→宗谷→猿払(ライダーハウス泊)
7月27日(水)   猿払→クッチャロ湖→旭川(シティホテル泊)
7月28日(木)   旭川→美瑛→富良野→帯広→苫小牧(お船泊)
7月29日(金)   お船の中→苫小牧港→自宅

トップページ