おヒマな中年二輪愛好会レポート

2011.09.11 メタセコイア

トップページツーリングレポート2011 > メタセコイア ←今ここ

雨やら台風で前月中ごろより、ことごとく「思惑」が外れ
一ヶ月ぶりの企画となった

出席者(走行順)
 ■おっさん:Z1000(班長さん)
 ■gooさん:W800(デビュー)
 ■アラセさん:GWトライク
 ■しかちゃん:F800GS
 ■ぼけさん:TDM900(お見送り拉致)
 ■GGさん:F800R(班長さん)
 ■KATOさん:ムルティストラーダ1200S(デビュー)
 ■いわちゃん:F800R
 ■タケさん:FZ-1
 ■EDさん:子バンディット(班長さん)
 ■たけやん:ZZR1100(デビュー)
 ■ばんさん:VTR250
 ■にしさん:GSX1400(お見送り拉致)
 ■まつ:CB1300SB

お見送り(道の駅「クレール平田」)
 ■Zeoさん:TT250レイド
 ■yastさん:DS11
 ■タカさん:KLX250(お披露目)

追っかけ(道の駅「さかうち」)
 ■とっちゃん:XJ6 Diversion F(お披露目)

待ち伏せ(マキノピックランド)
 ■かすみさん:スピードトリプルR(お披露目)

@集合:道の駅「クレール平田」
A休憩:道の駅「さかうち」
B目的地:マキノピックランド
Cまったり場所:奥琵琶湖パークウェイの休憩所
Dお昼ごはん場所:バイキングレストラン北近江

出発を8:00として、クレール平田に集合
降水確率(20%)のわりに、雲行きがあやしい

参加者12名+お見送り5名のほとんどが7:30に出揃う
久しぶりの企画で、参加者のテンションも少々高い

お見送り5名のうち2名の拉致に成功し
出発5分前に“おざなり”なミーティングを行なう

今回、3名の“新人さん”が釣れた
それぞれに簡単な自己紹介を行なっていただく

定刻となり、拉致できなかった3名に見送られ出発する
10台以上では、駐車場から出るときいつも緊張する

“あやしい雲行き”のおかげなのか
少々蒸すものの、暑さはあまり感じられない

「トップケース」の装着が流行っているのだろうか
メンバーのバイクにも「トップケース」の備え付けが多くなった
来年になったら、オイラも考えてみようと思う

「ヒマ中通勤経路」を経て、R303に向かう

道の駅「ふじはし」はパス
まるで雲の中に向かっているような、嫌な雰囲気だ

9:10、道の駅「さかうち」に予定通り到着
“しとしと”と降りだした

この道の駅、小腹が空いた時に有り難いアイテムが多くある
ガマンできずに「よもぎ餅」を頬張るドヤ顔のガテン系の兄貴

やがて本格的に降り出し、オイラとタケさんを除き「カッパ」の装着
30分ほど過ごし、小降りになったので目的地まで強行することにする

ちなみにタケさんとオイラ、「カッパ」を持参しておらず

だが、2〜3分ほど走ると路面は濡れてない

さらに、5分ほど走ると“晴れ”である
「カッパ」を装着したメンバーは、さぞかし「蒸し暑い」思いだろう
タケさんとオイラの“勝ち”である

ようやく木之本あたりで「カッパ脱ぎ」の指令が出る

心なしかR8は空いているように感じた
隊列は途切れることも少なく、淡々と目的地へ向かう

R161に入る頃には「怪しい雲」も一掃され
メッシュジャケットを通り抜ける“風”が心地よい

メタセコイア並木を抜けるメンバー

10:50、マキノピックランド到着
去年と比較すると、随分涼しい
お行儀よくバイクを停めるのが上手くなってきた

「待ち伏せ者」の珍しいバイクを囲んでの談義

幾分かは涼しいのだが、直射日光は中年の体力を奪う
木陰に退避して、飽きもせず“バイク”の話で盛り上がる

たぶん、他の観光客からは近寄りがたい集団に写ったと思う
・・・・なんとなくだが

これ以上、他の観光客に圧迫感を与えてはいけないので
並木前ではなく、駐車場で集合写真を撮ることにした
太陽を背にすると、デジカメのモニターは確認しづらい

位置確認のために撮ったもの・・・この表情のが好きだ

40分ほどウダウダと過ごし、二つ目の「ウダウダ場所」へ向かう・・・11:30
ここに写っている「F800R」は、どっちなんだろう

「待ち伏せ者」に見送られる
ちなみに彼女の前車は、2.5年間で4.5万km走破したらしい

湖岸伝いに“まったり”と走行する
あらためて「琵琶湖ってデカい」と思ったりする

やがて「奥琵琶湖パークウェイ」に入るのだが
道がキレイになっていて、なんと相互通行になっている

谷側の木々の間隔が少なくなるときに見ることの出来る“琵琶湖”は
雄大で見応えがある
なので、やはり“まったり”と走るのがいい

12:00、展望所(名前失念)に到着

お昼ごはんまでの時間調整のためとはいえ
「ツーリング遍歴」などのコミュニケーションで盛り上がる
こんな場面で情報は収集される

ハッピを着せたら「テキ屋」な三人衆

1時間ほど“まったり”時間を過ごし、お昼ごはん場所へ出立・・・13:00
写真手前の「F800R」は、どっちなんだろう

休憩所のギャラリーに魅せつけるかのようにGSXの勢いが派手だ
こっからは、今まで通りの一方通行となる

下りの「奥琵琶湖パークウェイ」を楽しむ
木陰では特に爽快である

一方通行のはずだが、キープレフトを守るケナゲなメンバー
だが、対向自転車の逆走にヒヤッとする

峠道を抜けたら「塩津浜ストレート」・・・勝手に命名
ホッとする(気の緩む)瞬間でもある

R8に接続して、琵琶湖を西から東へと回りこむ
やっぱり、交通量少ないや

13:25、お昼ごはん場所到着・・・去年と同じである
「ヤバい」と思ったのか、警備員さんより「特別駐車場」を案内される

店内はピークを過ぎたころで、待ち時間無しで入店できる
各自1,500円づつ支払いを済ませ、テーブルにつく

毎度ながらここの“食べ放題”は、お得感があってステキ♪
それぞれお好みの「食」を楽しむ

少々小ぶりになったとはいえ、大エビ10尾を平らげた中年は
「食後」のデザートも底無しに楽しんでいた(写真とは関係ない)

「食」を楽しんだあとは、待合スペースを占拠
店員さんの「とっとと帰らんかい視線」を苦にせず“まったり〜”

90分ほど滞在して、ようやくお昼ごはん場所を後にする
来年の企画でもお世話になる予定

そんな、1,500円で食べ放題(バイキングとも言う)が楽しめるお店は

 ■店名:バイキングレストラン北近江(近江リゾート)
 ■住所:滋賀県長浜市高月町唐川89【地図】
 ■休業日:第3火曜日(祝日除く)
 ■営業時間:11:00〜21:00(月〜金は中休み有)
 ■お店のサイト

機会があれば、温泉も楽しみたい

14:45、木之本ICから北陸道で帰路につく者
R303で往路を復習する者、関ヶ原を目指す者・・・ここで解散

オイラはR365で関ヶ原を目指すことにした
小谷城付近の、“江”展示館・・・通行のストレスにならんようにね

15:15、道の駅「いぶき」に到着
今回デビューの3台も、ここまでご一緒だ
どうか、継続してご参加いただけることを希望する

・本日の走行距離:251km
・本日の食費:1,500円(食べ放題ランチ)

トップページ