おヒマな中年二輪愛好会レポート

2011.10.16 オフ道遊び♪(R418&松野湖)

トップページツーリングレポート2011 > オフ道遊び♪ ←今ここ

前月の「廃校でお泊り宴会」の会場まで一応舗装はしてあるものの
道の湿った部分は重量機では少々気が重かった

そんな中、ヤマさんはFJRで参加したのだが
メンバーの「オフ車だと楽だよん♪」との冷やかしに動じること無く
「FJRでドコでも行ける!(キッパリ)」との反応だった

だが、廃校の“校庭”でメンバーのオフ車を乗り回す内に
「欲しい」となり、企画の2日後に“オフ車買った”とメールをいただいた
その即断即決に勇ましさを感じたのだが・・・・
購入を決めたのは「ホンダXR230、モタード」

「節子!それオフ車やない、モタードや!」
ツッコミを入れたかったが、堪えた

そんな愛すべきヤマさんの「オフ車デビュー」企画に参加した中年は
 ■ヤマさん:XR230モタード(お披露目)
 ■おっさん:シェルパ
 ■つるさん:TLR250
 ■タカさん:KLX250
 ■うぇるださん:TTR250
 ■KATOさん:XR230
 ■まつ:セロー

集合場所でお見送りの中年は
 ■いわちゃん:4輪
 ■タケさん:XLディグリー(キカイダー仕様に変更)

@集合場所:道の駅「日本昭和村」
A観光場所:丸山ダム
Bお昼ごはん場所:ログハウス「中山道」
C観光場所:鬼岩展望所
D解散場所:道の駅「織部」

集合を「昭和村」、出発をam9:00とした
先週とはうってかわって、この時間でも汗ばむ陽気である
冬用ジャケットを装着のメンバーは「失敗だ」と少々悔やむ

ヤマさん「気分はオフ車XR230モタード」のお披露目だ

お見送りのタケさんといわちゃん
久しぶりに見るディグリーがキカイダー仕様となっていた
エンジンから全部降ろして塗装したとのこと・・・黄ラインを入れたら完璧

そんなキカイダーに見送られ出発する

まずは「丸山ダム」を目指すのだが
おっさんは“ヒマ中通勤路”を、いまだかつて違わずに走ったことがない
「自信マンマンさ!」の言葉と裏腹に、思いっきり不安が残る

案の定、2回ほどクラクションで指示することになった

このレポートの冒頭にある地図は、おっさんが作成したものだが
やはり間違えている・・・無駄にR418をかすめている部分がそれだ

でも、何とか“ヒマ中通勤ポイント”を抑えて走行することができた
ちょいとガマンできなくなり、オイラが先頭にたった場面もあったのだが

9:30、丸山ダム到着
昨晩は降水量が多かったのだろう、放水しているのを初めて見た

その壮大な風景に釘付けになるメンバー
だが、暑い

20分ほど「丸山ダム」を観光して、先へ進む
おなじみの“旅足橋(たびそこはし)”
「丸山ダム」や「旅足橋」については、去年のレポートを参照願う

日かげの路面は濡れているものの、対向車は皆無で快適

お決まりの「ここから先のR418は無かった事にしてくれ」地点にて集合写真

とりあえず「行けることまで行く」
これ、ヒマ中オフ道企画の常道である

増水した木曽川を横目にR418を進む
関西電力が木曽川を抑えている事に、人んちでBBQすんな!って思う

10:10、二股トンネルに到着
日中でさえ気持ち悪いトンネルである

せっかくなので一台づつトンネルに入り、肝を試す
オイラは「ヤン坊マー坊天気予報」を歌いながら通過した

二股トンネルの旧道を徒歩で探索
が、自然が育ちすぎていて10数メートルで断念

せっかくなので「五月橋」まで行くことにした
この道は現役の国道なのだが、信号が一切ない快適な道だ

だが「五月橋」へ向かうR418とK352交差点を目前にして
道は“崩落”していた

通過できないこともない隙間ではあるが
“オフ道遊び”なので、潔くUターンすることにした

復路は左側に命の危険を感じながら走行

「心霊写真」を期待して二股トンネル内で撮影
「龍也、1971」の落書きが写り込んでいた
龍也はたぶん今年40才

停まっていると「暑い」と感じても
走行中は涼しいので、発汗は少ない
中年たちはそろそろ「生理現象」が働く

10:45、人道の丘公園にて小休止

20分ほどの休憩の後、お昼ごはん場所を目指す
今日のお昼ごはん場所は、少々マニアックな“お店”だ

あえて詳細を告知しないまま
メンバーにミステリックな“非日常感”を期待たせる

おっさんが珍しく気をきかせて「廃プラント塔」を背景にして停車
説明が面倒くさいので、やはり去年のレポートを参照願う

快適県道386を南下する
やがて一車線になるのだが、スイスイと楽しむ

県道から田舎道に入り、目的地へ到着するのだが
「事情により11/30まで休業」の看板・・・これは困った
瑞浪の「あんかけカツ丼」が候補に上がるが、今回の人数は収容不可

とりあえず、県道に戻る

今回の企画は“遊び系”が優先なので、お昼ごはんにはこだわらず
途中にあった「営業中」のお店にバイクを停める・・・11:25

オーダーをバラバラにすると時間差攻撃に遭いそうなので
全員「カツ丼定食(800円)」を注文する

少々“時間差”はあったものの、無事「カツ丼定食」が配膳される
よくある「カツ丼」なのだが、メンバーと共にする“お昼ごはん”は楽しい

この規模にしてはメニューが豊富なので
機会があったら他のメニューも試してみたい

そんな、“ひっそり感”でお昼ごはんを楽しめるお店は

 ■店名:ログハウス「中仙道」
 ■住所:瑞浪市日吉町9026-2【地図】
 ■定休日:木曜日
 ■営業時間:不明

丼物は+150円で定食にすることができる

ターゲットにしていたお店が“休業中”のため
適当に入ったお店で、メニューは至って“ふつう”なのだが
気軽に立ち寄れるのがいい

50分ほど“お昼ごはん”を楽しんで
このままK366を南下し、メインオフ道の「松野湖」を目指す

「リゾート地」として開拓された“松野湖”周辺
計画の頓挫が垣間見ることができる、寂しい観光地でもある

枝道を見つけて「突入する」
区画ごとに枝道があり、舗装の上に土砂が乗っている

だが勾配も厳しく、廃棄物やらなんやらで、物理的に侵入を拒まれる
一瞬で撤退する

ダム橋を越えて、松野湖の西側へ渡る
ちなみにK366は、いわゆる「道崩れ」でR21に接続は不可能だ

適当に“当たり”をつけては、オフ道へ進入する
だが、今日のおっさんは妙に冴えていた

「運が良ければ到達できるだろう」と思っていた展望所到着・・・12:30
スンナリ到着できて、何か物足らない

傍若無人に各自バイクを停めるが、他の観光客は皆無
あずま屋が新築されていた

この巨岩から見渡せる風景は、圧巻である
あらためて“自然”のスケールのデカイことを思い知らされる

参加者は、およそ現実離れしたこの風景にしばし見とれる
各自“鬼岩”を堪能する

パノラマ写真でも、その壮大さを伝えるのは無理だった

30分弱“まったり”と過ごし
さらなる「オフ道」を求めて出発する

雨水による侵食は少なく、極端な勾配もないので走りやすい
前日の雨のため“ウカウカ”するものの、快適なオフ道を堪能

松野湖周辺を縦横無尽に楽しむ予定なので
おっさんの好きなように走るのに任せた

だが、スンナリとR21に接続してしまう
限られた能力をこんなトコで使ってほしくなかった

空気を読まずに「迷わなかった」事を、すまなそうにする表情のおっさん
テンションの高い、最後尾のつるさんが気の毒である

当初から打ち合わせていた、道の駅「織部の里」へ向かう
割りとどうでもいいのだが、オイラ10年前にここでマウスキャッチャーに遭う

13:10、道の駅「織部の里」到着
四輪は、空きスペース待ちのプチ渋滞があった

30分ほど「反省会」を行ない
物足らないメンバーは、再度「松野湖」へ突入する

そして、おっさんはコケて右足を負傷
どうやら骨には異常なかったらしい・・・油断すんなって

・本日の走行距離:142km
・本日の食費:800円(カツ丼定食)

ヤマさんは、この“オフ道遊び♪”の企画に満足されたらしい
自身のブログで喜んでいただいたのがわかったので、安心した

トップページ