おヒマな中年二輪愛好会レポート

2012.08.18〜19 夏の合宿inふるさと体験村@

トップページツーリングレポート2012 > 夏の合宿inふるさと体験村@ ←今ここ

当初、この日程は「家族サービス」のため空けておいた
だが、家族から疎んぜられる昨今、案の定“空白の週末”となり
「テント泊合宿」を企てた

この日程の週間予報が表示されてから、不安定な予報で推移し
おっさんの独断で「バンガロー泊」に急遽変更
これは同時に「雨降っても行くからな!」と同意味の強要ともなる

そんな、拉致に等しい参加を強要された合宿メンバーは
 ■おっさん:シェルパ
 ■GGさん:XR230
 ■DON NONさん:GSR400(デビュー)
 ■KATOさん:XR230
 ■うぇるださん:セロー
 ■gooさん:セロー
 ■まつ:セロー

走行中は降られなかったが、合宿所では“雷雨”に歓迎された

 

@集合:道の駅「日本昭和村」
Aお昼ごはん:中華料理「吉林」
B合宿所:ふるさと体験村

合宿所は近場なので、10:00出発として「昭和村」に集合
各バイクの「積載工夫自慢大会」も同時開催される
みんな“まめ”だと思った

ミーティングにて道程の説明、R41とは七宗からおさらばだ

定刻通りに出発
気温は高いものの、空気が乾いており、走りだすと爽快である

とりあえずはR41を北上
午後からの降水確率50%なのが想像できないほどピーカン

七宗からK64に入る

七宗町の細々とした市街地を抜けると、快適な田舎県道
交通量少なく、深い緑に囲まれた風景を楽しみながら
「まったり」と北上

時間調整のため、袋坂峠は旧道を走る
(いったん通りすぎて、北側から進入)

自然が程よく成長している
日なたは草ぼうぼう、日陰では湿った苔でズルズル滑りそう

10:40、袋坂峠到着
ジャケットを脱がなくても過ごせる

以前にも紹介したが、昭和60年にトンネルが開通するまでは
この峠道が「飛騨街道」のメイン道だった

15分ほどウダウダして、峠を下る
本日デビューのDONNONさんは、5月からバイクに乗り始める
ちと下りの“苔”が心配であったが、何事も試練である

クネクネ勾配の眼下には、直線化された現道

快適な平成こぶし街道に戻る
目指す「お昼ごはん場所」は、R41と接続する交差点にあるのだが・・・

残念なことに本日は休業らしい
で、以前試した「中華料理」のお店到着・・・11:15

「中華料理」のお店は、参加メンバーにとって地雷を踏む思いだ
最近出くわしたここここでの“爆盛り”の記憶が新しい

だが、配膳されたメニューの量は普通である
丁寧な仕事ぶりがうれちい「中華飯ランチ」(740円)


45分ほど「お昼ごはん」を楽しみ、R41北上を開始
翌日の帰路で気づくのだが、これは余分な大回り

金山町市街地を抜ける
オイラに子供がいなかった頃、移住を考えた時期もあった(マジで)

市街地を抜けると、JR高山本線沿いに南下する名も無き町道
JRの煉瓦造りの橋桁とか、ゆっくり見たかったのだが
この次の楽しみにとっておく

やがて、快適なのか酷道なのかよくわからんR256に接続

12:30、合宿所到着
※背景の建物はコテージであり、今回の合宿所とは違う

合宿所に荷物を降ろして、全員が買い出しに向かう
この時点では「テントでも楽勝」と思ってた

これもR256である
これはこれで楽しいのだが、快適区間とのギャップが大きい

R41沿いのスーパーに立ち寄り、各自で飲食物を購入
だんだん雲行きが怪しくなりBBQは断念

少々過剰気味の飲食物を買い込み
“宴会モチベーション”がMAXとなった参加メンバー

10人許容の「合宿所」は少々手狭ではあるが
嬉々として準備をはじめる

14:20、長時間宴会のはじまりである
と同時に雨が強く降りだし、雷も間近で鳴るため
狭いテラスに7名の中年が、肩をひしめき合う

ホントは、川の中で乾杯したかった・・・

それぞれが“肴”を提供
誰が何を提供したのかよく覚えちゃいないが、全部美味しくいただく

この間に摂取したカロリーは、健康基準値をはるかに超える
楽しいから、これでよいのである

地元子ども会の「夏祭り」に招かれる
流しそうめんが絶え間なく投下され、その量は尋常ではない

「ごちそうさま」をしても、どんどん「そうめん」が流れてくる
胃袋のシワが伸びるほど「そうめん」を堪能

「形が悪い」だけで商品とならなかったトウモロコシもゴチになる
炭火で焼いたトウモロコシも美味しい♪
GGさんの左手のボトルは、持参した「めんつゆ」

これだけの施しを受けても、我らには何もお返しができない

本日の参加メンバーの中、一番若いうぇるださんが
すすんでチビッ子の遊び相手になる

スイカ割りでは「あえて叩かれろ」と指示
スイカをかばうように「叩かれる」うぇるださん・・・チビッ子大喜び

この施設の管理人さんたちといい、子ども会の人たちといい
ステキな人たちに恵まれた地域であることを実感し
再び「中年」の集まりに戻る

だが、オイラの記憶はここまでである
ひと足お先に就寝するが、宴会は24時まで続いたらしい

本日の走行距離:131km
本日の食費:740円(中華飯ランチ)+合宿飲食費(忘れた)

2日目(8/19)へ進む

トップページ