おヒマな中年二輪愛好会レポート

2012.08.18〜19 夏の合宿inふるさと体験村A

トップページツーリングレポート2012 > 夏の合宿inふるさと体験村A ←今ここ

ここのキャンプ場には、コインシャワーの備えはあった
だがいつもの常で、そのまんま就寝してしまうので
顔も髪の毛も“脂まみれ”である
※髪の毛のない人もいる

前日のうちに「眺望の良い露天風呂に行こう」ってことで満場一致
その施設の開場時刻に合わせて、本日の行動を開始する

施設としては古いが、とても暖かみのある今回の合宿所は
 ■施設名:美濃白川「ふるさと体験村」
 ■住所:岐阜県加茂郡白川町下佐見3672-9【地図】
 ■施設のサイト

 

@合宿場所:ふるさと体験村
Aお風呂・お昼ごはん:美輝の里
B解散場所:道の駅「平成」

何才までを「中年」と表現してよいものやら、よくわからんが
とにかく「中年」の朝は早い

6:00には全員が「脂ギトギト」の、決して爽やかとは言えない顔が揃う
カップ麺・パンなど、簡単な朝食を摂る

6:30となり、隣の複数ファミリーキャンパーのチビッ子たちが
ラジオ体操をはじめる

我らも40〜50年前、首からハガキ大の出席簿をぶら下げて参加した
“夏の思ひ出”に浸りながら、便乗してラジオ体操してみる

少々ガスっているものの、今日は降られる心配はない
ラジオ体操の後で、肩で息をしながらの集合写真

まだ8:00前ではあるが、管理人さんに無理言って精算を済ます
子ども会のみなさんに、充分なお礼を伝えることができなかった

朝のR256は気持ちいい
気温は20℃くらいだろうか、ジャケットを抜ける風が爽やか〜

ダム橋を渡って、あっけなくR41に接続
雲は厚いものの、降られる心配は皆無

8:15、道の駅「飛騨金山」到着
目指す温泉の開店は10:30なので、時間調整を行なう

日陰のベンチを占拠してダベダベする
政治の話題では、全員が軽く右寄りであることを確認
K国の「天皇陛下」発言は日本人の琴線に触れてしまったようだ

30分ほど「日本の将来」を語り合い、温泉に向かう

いつもより、さらに“まったり”とR256を快走
抜けるような青空、乾いた空気で爽快感たっぷり

K86に入っても“まったり”
金山湖を存分に堪能する

岩屋ダムでも休憩
見慣れた景色ではあるが、その眺望にしばし感嘆とする

だが日陰が恋しくなり、早々に移動を開始
連続するカーブの適度な緊張感が楽しい

9:50、道の駅「美輝の里」到着
まだ温泉の開店まで30分以上あり、ここでも時間調整

お腹も空いてきたのだが
上(温泉)のメニューも確認したいのでガマンする

そろそろ時間なので
バイクをホテルの駐車場に停め、ぞろぞろと歩く

入浴(700円)付きの日替わり定食が1,480円!
全員が迷うこと無く、これに決める

先に待ちかねた温泉に向かい、露天風呂を占拠する

垣根が低いので見晴らしはとってもステキ
秋を過ぎれば目の前の広葉樹も葉を落とし、さらに眺望はいいのだろう

そんな、開放感が抜群な露天風呂がある温泉は

 ■施設名:スパー美輝
 ■住所:岐阜県下呂市馬瀬西村1695【地図】
 ■営業時間:10:30〜21:30
 ■施設のサイト

入浴はそこそこに、お昼ごはん場所へ移動する
やはり「食べる」ことの方が需要が高いことを知った

「日替わりランチ」・・・入浴代差し引いたら780円
鉄板焼肉定食(ミニうどん付き)


脂身の少ない牛肉は、タレをほとんどつけなくても充分味がついている
うどんも昔ながらの「硬い麺」で好感が持てる

これは是非、入浴とセットでお試しすることをおすすめする
コストパフォーマンスにも優れている

12:15、ここでいったん解散とする
豊田から参加のDONNONさん以外は、R41での南下を嫌い
K85にて平成を目指す

このK85は、125ccくらいのモタードで走ってみたい

K85は、こんなステキな山道も提供していただける
適度な緊張感を保ちながらスイスイ進む

だが、日当たりの良い直線路では
ついつい睡魔に襲われ、ヘルメットをガンガン叩きながらの走行

13:10、道の駅「平成」に到着
ソフトクリームが人気だが、オイラは「しいたけお稲荷さん」を食す

そして、解散

本日の走行距離:128km
2日間の走行距離:259km

さぁ、来月は「秋の合宿in廃校」だ

前日(8/18)へ戻る

トップページ