おヒマな中年二輪愛好会レポート

2012.08.26 神坂峠で涼しもまい

トップページツーリングレポート2012 > 神坂峠で涼しもまい ←今ここ

おっさんから「日曜日、ヒマ、神坂峠行く」と簡素なメールを受信
一昨年に走ったコースであり、楽しい&涼しい記憶があった

さっそく集合場所・出発時間を決めて、おヒマな中年を募ってみた

涼しいトコに少しでも長くいたいので
お昼ごはんは途中のコンビニで購入し、涼しいトコで食すこととした

そんな、クソ暑いのが苦手な今回の参加者(走行順)
 ■おっさん:シェルパ250
 ■KATOさん:XR230
 ■ヤマさん:KLX250
 ■辰さん:セロー250
 ■しかちゃん:CRF250
 ■タケさん:キカイダー250
 ■まつ:セロー250

@集合:ウーホー内津店
Aお買い物:サークルK
Bお昼ごはん場所:道端
C休憩場所:道を間違えたトコ
D解散場所:大湫宿

ちょっと早めの7:00出発としてウーホーに集合
いくらかはすごしやすくなってきたが、日陰が恋しい

おっさんから道程の説明
最後の方は面倒くさかった

定刻となりR19の北上を開始
遊びに行く時の中年は無邪気だが、可愛くない

朝日に向かって中年パーティはトコトコ進む
抜きたい奴は抜いていけ〜

R19走行中に「コンビニ」に立ち寄ることとしていた
たかが「コンビニ弁当」だが、何を購入するのか考えてるだけでも
ワクワクする

馬籠街道入口のサークルK到着

結局、積載やゴミを考えると「おにぎり」になってしまった
これはこれで良い

馬籠街道をトコトコ走る
登りが続くので、オイラのセローがうるさい

この辺で高度は600mくらい
これでも充分快適

8:40、予定通りの休憩場所到着
既にお腹が空いている・・・おにぎりが楽しみなのは何年ぶりだろう

R256の快走路を淡々と走行
交通量は少ないが、その整備状況は無駄に立派

K109に入り、ようやく雰囲気が盛り上がってきた
園原に抜ける「横川峠越え」の県道

一応、ゲートはあるのだが
「バイクはここ」みたいな脇道があり、遠慮なく通過させていただく
※良い子はマネしちゃダメだ

アスファルトは継ぎ接ぎだらけで、先が読めない緊張感を楽しむ

登山客の団体さんが歩いているので、慎重に走行

10:00、展望所到着
ここで弁当を使おうと考えていたのだが
直射日光が厳しいので、休憩だけにしておく

ここで集合写真・・・・登山客のおねいさまたちの足を止めてしまった

無風状態なので、体感温度は高い

20分ほどウダウダして、お昼ごはん場所を探しに出発
「おにぎり」が傷んでいないか少々心配

峠を越えて南側へ周ることにする
走りだすと涼しい

適当な場所にバイクを停める

道端(というか、道)の日陰が、今日のお昼ごはん場所
登山目的の車両が、想像以上に通るがお構いなし
今が楽しければそれでいい

コンビニおにぎりがとても美味しく思える
ダベダベしながら“食”を楽しむ

オイラの今日のメニュー
積載(リュック)では、これが限界

だんだん雲が降りてきている
何故かKATOさん大喜び

1時間弱コンビニ弁当を楽しんで、下界へ降りることにする
先導に「R19は走りたくない!」と、わがままな指示を出す

下るにつれ、気温が上昇するのが顕著に現れる
ここまで降りると普通に暑い・・・高度400mくらい

細い山道から、ゆとりのある道へ出ると
緊張感が薄れ、眠気が出てくる

R19で一瞬南下して、中津川市街地を通りぬけ
あとは、おっさんの独擅場
どこを、どう走っているのかわかんない

こんな可愛い橋もある快適コースだが、道を誤ってた

大井ダム下流の木陰でちょいと休憩
何度も言うが、木曽川水系は「関西電力」の管轄だ
どうも、大人の事情があるらしい

10分少々休憩の後、最終目的地へ向かって“戻る”

R418では珍しい“快走路”区間をスイスイ

そして、お目当てのK394
別名「大湫恵那線」は、西側の一部が旧中山道となっている
そんな趣のある道だ

13:05、東濃企画の締めといえばここ
中山道「大湫宿」(写真は大湫小学校)だ

残念ながら、だんご屋さんは休業であったが
30分余り“もったり”と過ごす

中山道で西へ向かい、R21に接続するトコで解散となる

・本日の走行距離:252km
・本日の食費:500円くらい(おにぎり+お茶)

トップページ