おヒマな中年二輪愛好会レポート

2012.10.06〜10.07?保養所で合宿in白馬八方A

トップページツーリングレポート2012 > 保養所で合宿in白馬八方A ←今ここ

前夜、早めに床に入ったので
やはり、5:00ころからゴソゴソと起きだす中年が多数存在する

空には厚い雲が立ち込めるも
天気予報では、降られる確率は少ない

信州でもう一泊する者、駒ヶ根で温泉に浸かりたい者
各希望を尊重するため、解散を安積野IC(旧豊科IC)付近とした

朝食は7:00からだ
お風呂は24時間稼働中なので
各メンバーの頭には「朝風呂」が思い描かれているはず

案の定、浴場はヒマ中メンバーの貸切だ
こんな贅沢ができる保養所が存在する勤務先が羨ましい
さすが、名古屋企業の四摂家と言われるだけある

今日の道程
合宿所→白馬の各スキー場巡り(立ち寄らず)
大町街道を経て、スイス村で解散の予定だったが
10kmほど手前の、道の駅「安曇野松川」で解散となる
(スイス村付近は渋滞なので、この方が正解だった)

7:00、朝ごはんの開始
バイキングスタイルでメニューも豊富だ

どちらかというと“あっさり和食系”が多いのも、中年にとってはうれちい
だが、たった一つ残念なのは「生たまご」が無い・・・今度から持参する

宿泊時の朝ごはんは
普段よりモリモリ食べられるのは何故だろう

オイラ的朝ごはんフルコース(除く、生たまご)
鮭の切り身一枚でご飯一膳は楽勝なのだが、贅沢に盛る

解散場所までの選定はすべておっさんに任せる
「ワイディング走りたい」「市街地は避けろ」・・・大変だと、ちょこっと思う

この時点での主な話題は、やはり“立ちゴケ”
KATOさんとしては、ほっといてほしい気分

ミーティング、精算を済ませ
8:30、出発準備に取りかかる

少々肌寒いのが、かえって気持ち良い
取りあえず、全台無事にエンジン始動

2日目の出発前に集合写真
帽子(類似品含む)を被っているのは、毛のない人の共通点

20分ほどモタモタして、合宿所を後にする
ジャンプ台ってのを見たかったのだが
今からのコースに自画自賛のおっさんに、そんなことは言えない

各スキー場口ではモタモタするものの、楽しい山道♪

先導の後ろを走るmotoさんハーレーは
3日前に新車納車らしいのだが、コーナーのたびにガリガリしてた
「気にしてない」と男気があるのだが、オイラだったら涙目

そんなオイラは、次週の定例企画をどうしようか思案中

新メンバーのアイコンの作成、メンバー紹介のページ更新
レポートカテゴリの構築・・・サボってごめんよ〜
どなたかアシスタントしていただけませんか?

「経理」「総務」「サイト構築」などのスキルをお持ちの方を募集するです

9:30、道の駅「白馬」到着
解散場所はっこから50km弱、途中の休憩どうするか思案(おっさんが)

「立ちゴケ」の話題は昨日から継続中
また「gooさんにオーリンズ」という“ことわざ”も発祥する・・・猫に小判

オイラ都合で1時間弱の休憩の後
解散場所へ向かう

マニアックなショートカット路である
だが今回のおっさんは心強い、全員が唯々諾々と従う

10:50、予定とは違うが、道の駅「安曇野松川」到着
結果的に、スイス村よりこっちを解散場所にして正解

食堂はオープンしているが、さすがにお腹は空いておらず
30分ほどダベりんぐを行ない、これにて解散とする

本日の走行距離:292km(合計547km)
合宿費:7,200円(お酒・手土産含む)

オイラは安曇野IC(旧豊科IC)からばびゅ〜んと上道で南下した
網走での不覚から3ヶ月は大人しくしなけりゃいけないので
制限速度+αで走行中に、ヤマさんに「ばいなら〜」と追い越された

覆面Pを複数台見かけたので「大丈夫かいな」と思っていたら
案の定、路肩でサイン会に応じるヤマさんを見かけた
KATOさんも痛い想い出となったが、ヤマさんも痛い想い出となった

1日目(10/6)に戻る

トップページ