おヒマな中年二輪愛好会レポート

2012.11.10 八百津の紅葉・シングルバーナーランチ

トップページツーリングレポート2012 > 八百津の紅葉・シングルバーナーランチ ←今ここ

ヒマ中では、オフ車に「トランクボックス」を備えるのがトレンドだ
GIVIなどの専用品ではなく
ホームセンターによくあるツールボックスなどを工夫して
キャリアに“固定”するのが、貧乏臭くてかっこいい(ような気がする)

オイラもその必要性と、流行に乗りたいがため
おそらく、一番手っ取り早いと思われる方法で備えてみた

「穴を開ける」とか「加工する」とは面倒なので
右記の図の通り、工具は一切使用せず
3,000円弱で念願の「トランクボックス」を備えることができた

構想1時間、買い物30分、制作5分の
オイラ的には“大作”といっても過言ではない
(“すのこ”が必要だったのかは、考えないことにする)

備えたら試したくなるのが人の常

日曜日が11月の定例企画なので
土曜日に「コソッ」と出かけるつもりでいたのだが
早々に日曜日の天気予報が湿っぽく、中止の可能性大だったので
「コソッ」と出かけるつもりの予定を企画にしてみた

お昼ごはん自炊は「ゆるやかな成長」を目指しているため
ちょこっとだけ、手間をかけることとして
「味噌煮込みうどん」を選択する

目的地は蘇水峡か丸山ダムの予定なので
出発時間を10:00として、日本昭和村へ集合

各バイクには、
オイラよりはるかに工夫をこらした「トランクボックス」が搭載

そんな、オイラの“試し”に付き合っていただいた中年は(参加表明順)
 ■おっさん:シェルパ
 ■まえ〜さん:FTR
 ■つるさん:TLR
 ■KATOさん:XR
 ■うぇるださん:セロー
 ■ヤマさん:CRF
 ■辰さん:セロー
 ■まつ:セロー

お昼ごはんご一緒、缶バッチ受け取り、R418ストーカー
 ■謎の営業マン:四輪
 (本人の強い希望で伏せてある)

「美濃加茂市民祭り」のため、昭和村大繁盛
歩行者に注意しながら駐車場を抜ける

朝の冷え込みは、この時間になると過去のものになる
穏やかな日差しに、陽気な面々

美濃加茂のスーパーにて各自食材を購入
オイラと同じ「味噌煮込みうどん」を選択したのは、つるさん・ヤマさん
他は「冷凍麺」が人気だ

味噌煮込みうどんに“長ネギ”は必需品である

八百津までの、お決まり「快適通勤路」を快走
短い区間ではあるが、「遊びに行く」ことの期待が高まる雰囲気がいい

静かな山間を8台のオフ車が駆け抜ける
乾燥した空気が気持ち良い

蘇水峡の紅葉は、まだ早かったので素通りし
11:00、丸山ダム到着

こちらも少々早いのだが、ロケーションが良いので
お昼ごはん場所は、ここで決定

本日の“お昼ごはん”
スガキヤの「味噌煮込みうどん」は、愛知県人の必需品
鶏肉は「チキンライス用」で代用

まずは鶏肉を出汁にするため、先に投入

鶏肉が煮えたのを確認して麺を投入
その間に「長ネギ」を刻むが、メンバーに相当量を奪われる
そうしている内に「謎の営業マン」が現れ、お昼ごはんを共にする

サブメニューとして、おにぎり3個

生たまごと、メンバーから奪った「油揚げ」「かまぼこ」「コーン」を投入
ちなみに、この一人用土鍋は100均で手に入れた

美味しく、楽しい「お昼ごはん」のひとときを過ごす
「謎の営業マン」は、愛妻弁当持参

1時間半ほど、この場でまったりと過ごす
風は無く、穏やかな日差しが気持ち良い
(謎の営業マンは自主規制のため、写っておらず)

せっかくなので、各メンバーの積載装備を照会しておく

おっさんの「アイリスオーヤマ」ボックス
バイクに搭載されることを前提に製品化されているので
ベルト通しとかがうれしい

KATOさん:ワンオフのベニア台に、その器用さがうかがいしれる

うぇるださん:おっさんと同じ「アイリスオーヤマ」のボックス
多く取り付けられた金具で、固定度はNO,1

特別賞を差し上げたい、まえ〜さんの「USアーミー」ボックス
小牧航空祭で手に入れたとのこと

企画として予定していたのは、ここまでだが
この後久しぶりにR418を全員が走ることとなったので、レポートも延長しなくてはならない

あ〜めんどくさい

あと2週間以内に、ここは「赤のトンネル」となるであろう
ほとんど独り占めができるポイントだ

毎度おなじみの旅足(たびそこ)橋
オイラの予感だが、水没しないと思う・・・たぶん

通行止め区間に入る町道との分岐点
ここで「謎の営業マン」は、おさらばする

国交省の「ここから先のR418は、なかったことにしてくれ」看板
いまだに国道としての指定を受けていることの証でもある

伊世賀美隧道より気持ちの悪い「二股トンネル」到着
トンネル内は不自然に幅員が増減しており
今回それを探るため、途中での停止を指示する

突入〜

トンネル内に電灯があるはずもなく
ミストが蔓延しており、湿っぽい空気が気色悪い

屈曲した箇所にて停止
内部で“二股”に分かれているわけではない

集合写真でもと思ったのだが
誰一人としてバイクから降りようとしない

逃げ去る体制万端ってことだろう
やむなく、これ以上の滞在を諦める・・・ブツブツはミスト

トンネルの東口にて再度停止
二股トンネルの旧道を、ちょこっとだけ探る

・・・としようとしたが、やはり気味が悪いので早々に断念
この時、謎の営業マンが追いつく

さらに「五月橋」を目指して東進の再開
ここから先は、一応アスファルトが施してあるのだが
「剥がれ」のうえに「落ち葉」「ガレ」で、ほとんど未舗装路となる

「謎の営業マン」はこれで振り切った

だが町道との分岐点で、ゲートに阻まれる
五月橋へは、この先の県道との交差点まで行かなければならない

やる気まんまんのゲートが誇らしげであるがゆえ
通行止め看板上部の「おにぎりR418」が哀れでもある

やむなく、この場にて談笑タイム
20分ほど遊んでいると、後方から「謎の営業マン」到着
扁平タイヤの普通車だ・・・・ただ者じゃない

先に行かせてしばらくの後、我らも町道を北上する

九十九折れでグイグイと高度を上げる
厳しい鋭角コーナーもあり、四輪では大変だったろうと思う

13:40、新R418の東端あたりの「しおなみ山の直売所」到着
ここで、各自宅が東西に分かれるため解散とした

新旅足橋にて

今日の走行距離:129km
今日の食費:800円くらい(味噌煮込み・おにぎり3個・ネギ・鶏肉他)

帰路途中にホームセンターに寄って、荷締めベルトを追加購入
進行方向2本掛けとし、これで“固定度”が増した

トップページ