おヒマな中年二輪愛好会レポート

2012.12.09 2012年モンゴルコスプレ忘年会

トップページツーリングレポート2012 > 2012年モンゴルコスプレ忘年会 ←今ここ

今年で4回目となる「モンゴルコスプレ忘年会」
これが年内最終企画ではないのだが
毎年、無事に一年を過ごせたことに感謝する行事を楽しんだ

毎年お世話になっているお店は

 ■店名:モンゴルレストランシンキロー
 ■住所:名古屋市中区栄4-6-40岡崎ビル南館2階【地図】
 ■定休日:なし!
 ■営業時間:18:00〜23:30
 ■お店のサイト

開始時刻13:00も例年同様
ゴミが散乱するお昼の飲み屋街を通り抜けて
参加者が一斉に集まりだす

※東レ→東海レディースライダーズクラブ

 11名

 ■ともこさん(開会の挨拶)
 ■ちはさん
 ■ミポリン(乾杯の音頭)
 ■エリックさん
 ■タケさん
 ■もん子さん
 ■沙夜子さん
 ■くみこさん
 ■まきねえさん
 ■ゆえさん
 ■金チャン

17名

 ■ヤマさん(撮影)
 ■つるさん(引率)
 ■motoさん
 ■GGさん(乾杯の音頭)
 ■KATOさん
 ■あべちん(撮影)
 ■おっさん(会計・二次会幹事)
 ■タケさん
 ■りゅうちゃん
 ■gooさん
 ■シュウさん
 ■タカさん(料理インプレ)
 ■タカ嫁さん
 ■うえるださん(会計補助)
 ■淳爺さん
 ■まえ〜さん
 ■まつ

着替えと参加費用徴収のため、少々早めの集合を示唆
律儀にも、全員が30分前に集まる

参加費用の徴収は、おっさん一人だけだと大変なので
今年は、うぇるださんを助手に任命

お支払いを済ませたら、順次お着替え
全員の“着付け”を手伝っていただける、うれしいサービス付き

女子の着替えを盗撮

定刻となり、ヒマ中のおじさんたちに「セクハラはダメよ」と注意
「黙々と飲食するも良し、大騒ぎするも良し」と定番挨拶を行なう

正座して人の話を聞く、お行儀の良い東レのみなさま

ともこさんより開会の挨拶
「サブ衣装」のリクエストがあり、勇者はこれを快諾(後述)

今年は「毛の無い」メンバーだけ帽子が配布される

ヒマ中はGGさん、東レはミポリンに乾杯の音頭をお願いした
人前で緊張するGGさんを初めて見たような気がする

そして、忘年会のスタート!

皆勤賞の方も、お初の方も存分に楽しんで下され
とても華やかな女子のテーブル

加齢臭の漂いそうな男子のテーブル

オフィシャルカメラマンのあべちん
自席を温める間もなく働いていただいた

お店からの差し入れの「牛乳酒」
左は16°右は25°、独特な風味が“モンゴル”っぽい

毎年のことだが
かしこまっていた参加者は、20分ほどで“柔らかく”なり
やはりバイクの話題で(しか)盛り上がる

初参加の方も旧知のように打ち解ける

お料理インプレッションは
今回もタカさんにお願いした

帰着報告の40分後にインプレッションが届く


きゅーりサラダ
胡麻油が効いたサラダ 発酵食品です。
おじさんには 人気品


もやし大根サラダ
酢とオイルのドレッシングであえたサラダ
胃袋の準備完了です。


揚げチーズ
生地にチーズをはさんで揚げたもので
つるさん にっこり


ブース
中身の肉は 羊ですが
匂いもなく美味しい。


ホルホク(石焼肉)
牛肉と 玉ねぎの石焼き
人気の一品


ホーシュラ
羊肉ですが 揚げてあるためか
美味しく頂けました。


鶏肉ジャガイモ炒め
ジャガイモと 鶏肉を別々に調理した品
絶妙のタイミングでの サービス


焼きうどん
うどんに焼き野菜と
牛肉(にんじん ピーマン 玉ねぎ)で炒めた品


羊肉春雨炒め
春雨が牛肉のうま味を吸った美味しい炒め物
タケさんが絶賛


チャンスンマハ
羊の骨付き肉を 丸ごと塩茹でにした一品
モンゴル遊牧民の味 ワイルドだぜ〜 バイGG


モンゴル岩塩焼き飯
モンゴル岩塩で味付けした焼き飯
女子一同お土産で 頂いた岩塩で 自宅で再現してください。

開始から1時間経過し
いつもの「強制席替え」を実施

各自のメインバイクにより
「ホンダ・ヤマハ」「スズキ・カワサキ」「舶来車」の3組に分ける

そして
ともこさんが4年前から期待していたイベントが執り行われる

うぇるださん

ヤマさん

このお店の「サブ衣装」を纏って二人の勇者により
モンゴル相撲が再現される

リクエストに躊躇なく快諾するこの二人
特に大切にしようと思った

勝負は体重差が決定的となり
あっさり「ハクション大魔王」の勝利が決まる

来年のリベンジを誓い、翌日からトレーニングを開始するとのこと
っていうか、この後帰宅して仕事直行らしい

心洗われるモンゴル民謡のあと

いよいよ「まんねーでぃれーれ」の開始!
モンゴル人に成りきる二人は、そのままサポートに入る

 
 
 

女子のリクエストに応えて集合写真に収まる勇者二人

いわゆる「毛の無い」カルテット
ハレーションコンボの完成

カルテットに明るく照らされながら宴は続く

ヒマ中ではコンプレックスでさえ前向きに評価される
(傷口に塩を塗る、ともいう)

15:30、準備に時間がかかるので
早々に集合写真の体制に入ることを指示

笑いながらだと
「位置取り」だけでも5分を要する

みんな、いい表情してる♪

15:50、一本締めは、おっさんの役目
来年も「無事帰着を目指して楽しむ」ことを祈願する

そして楽しかった3時間が終了・・・まだ外は明るい
二次会の模様は→【ここ】

トップページ