おヒマな中年二輪愛好会レポート

2013.02.10 はじめての伊良湖

トップページツーリングレポート2013 > はじめての伊良湖 ←今ここ

「GO&STOPが多い道」や「交通量の多い道」は
できるだけ企画に組み入れたくない思惑があり
知多半島や渥美半島を積極的に走ることはなかった

三河ライダーに人気のある「伊良湖」は
ソロでは何度か出かけているが
不慣れなこともあり、“渋滞”のイメージが強い

海岸線に出てしまえば、幾分か流れがスムーズになるのだが
そこに至るまでの道程は、やはり、ヒマ中企画向けではない

とは言え、岐阜の山々の雪の心配がなくなる頃には
「海」を見に行くことはないだろう

当初は例年通り「イチゴ狩り」を予定していたのだが
前週に東レのみなさまに紛れ込んで参加させていただいたので
散々考えた末、「はじめての伊良湖」に至った

何事も試してみなければ“開拓”は不可能だ

少々支離滅裂な前置きとなったが
企画する側の苦労を垣間感じていただければ幸いである

なお、右足のサイボーグ化を成功させたGGさんが
gooさんのアシストにより久々の企画参加となった

現在は宅配ピザの三輪車にビニール管の松葉杖置き場を装着し
リハビリに通院している模様
ファットボーイに乗り、ショットガンを放つターミネーターを想像した

そんな「昼には暖かくなる」を軽く裏切られた参加者は(走行順)

 ■おっさん:Z1000
 ■しげきさん:ZRX1300(デビュー)
 ■ヤマさん:FJR1300
 ■シュウさん:Z1
 ■タケさん:キカイダー250

 ■KATOさん:キレイに直ったムルティストラーダ1200s
 ■SEさん:W800
 ■MMさん:ZRX1300
 ■motoさん:FLSTN
 ■しかちゃん:R100

 ■つるさん:CB750F
 ■ベンさん:GSR250
 ■ミポリン:DS11(東レ)
 ■おーじろうさん:FZ-1
 ■まえ〜さん:FTR

 ■にしさん:GSX1400
 ■エリックさん:W800(東レ)
 ■いわちゃん:DUKE125
 ■コロちゃん:CB1300SB
 ■まつ:CB1300SB

 ■gooさん:トヨタの四輪
 ■GGさん:gooさんの助手席

今回の道程を先に紹介しておく

集合は「道の駅にしお」、出発を9:00とした
最初の休憩は「臨海公園」だが、ここまで至る蒲郡市街地を抜ける道は再考の余地がある

帰路で三河湾側を走ることと決めていたので
往路では太平洋側から伊良湖へ向かうこととした
R259は早々におさらばして、半島の根本からR42へ接続したほうが良かったのかも

太平洋側に出て、ひたすら伊良湖を目指し“先っちょ”へ到着

お昼ごはん&集合写真を撮り終えて解散
その後はオプションとして、戦争遺跡「六階建て」を鑑賞

その後の休憩場所は決めておらず
三河湾側を西進し、無線で調整しながらラグーナにたどり着く

放射冷却というヤツでクソ冷たい空気の中
道の駅「にしお」には続々と参加者が集まる
昨年末「納会」で残念したGGさんもgooさんのアシストにより参加

ミポリンから「もてない中年たち」へのチョコ贈呈♪

他のパーティも同時集合しており
駐車場はバイク展示会と化している

班ごとに「ライフカード」の所持点検のあと
ミーティングにて無事帰着コールを唱える

8:55、他のパーティと出発が重なるのを嫌い
5分前であるが先に「道の駅にしお」を後にする

気温の低い季節しか使用しないR23
この快適路のまま蒲郡市街地を抜けられたら使途は広がる

GO&STOPが多く、少々ダレ気味のメンバー
山側の道は凍結を恐れ回避したのでしょうがない

一方、ヒーターで“ぬくぬく”のサポーター班
次回は窓全開で参加していただこうと思う

がまんの走りで豊川→豊橋に入る
各班長さんたちと無線でのやり取りで隊列を調整する

9:45、少々早めではあるが「臨海公園」にて休憩
生理現象が近くなる悲しい中年のサガである

15分ほど滞在して出発
班ごとの行動に統制が整っている

「伊良湖」の道表示が現れる
しかし、まだ“がまん”の走行は続く

まだまだ“がまん”の走行は続く
・・・こっち見んな

道の駅「めっくんはうす」を過ぎた辺りから
ようやく流れがスムーズになる

10:50、道の駅「あかばね」到着
短めの休憩を示唆する・・・停まるたびに生理現象の解消

「道の駅スタンプラリー」に参加中のお二人
オイラは早い段階で挫折する自信がある

15分ほどの休憩で体力を回復し
本企画の最終道程に挑む

おなかも空いてきて「お昼ごはん」が待ち遠しい
企画として、ここから先の20km足らずがはじめてとなる

11:30、目的地到着
20台のバイクを1列に停めてみた・・・・長い

分散して数軒ある食堂へ入る予定であったが
一番端のお店が空いているとのことで、全員そのお店に向かう

観光地っぽい店構えだが
「大あさり丼」に期待が高まる

店内はほとんどヒマ中で占拠
質素な店内は、一気に「黒い集団」で固められる

注文は「大あさり丼」一択
あさりをフライにして、玉子でとじた丼だった
期待していた「磯臭さ」は全くない・・・出汁が完全に勝っている

「あさりフライ付き玉子丼」として食すれば問題なし

食後は海岸を眺めながら“ひなたぼっこ”
でも、風が強い・・・

せっかくここまで来ても、「灯台行こう」って声は上がらない
歩くことの嫌いな無精な中年たち

寒風吹きすさむ中での集合写真
これにて企画は解散となる・・・・12:50

オプションの「戦争遺跡」へ向かう
海岸線沿いにオプション参加メンバーを率いて北上

篠島を間近に見ながら、まったりと直線道路を走行する
この道はあまり知られてないので、交通量はほとんど無い

13:05、通称「六階建て」到着
砲弾の着弾を確認する観測塔で、日露戦争のころから存在する
詳しくは、以前訪れたレポートを参照願う【09.03.21】【11.02.21】

簡単にレクチャを行なう・・・感想は「気味が悪い」

 
 

ここでも解散としたが、地理に疎いメンバーばかりなので
とりあえずこのままの集団で豊橋を目指す

「午後からは暖かくなるだろう」と期待していたが
一日中風が冷たい

14:45、少々迷走しながらラグーナ到着
やはり、風は冷たくて強い・・・
次週の打ち合わせを行ない、最終解散となる

本日の走行距離:295km
本日の食費:800円(大あさり丼)


トップページ