おヒマな中年二輪愛好会レポート

2013.05.12 駒ヶ根のソースカツ丼

トップページツーリングレポート2013 > 駒ヶ根のソースカツ丼 ←今ここ

5月の定例企画が「ソースカツ丼」で定着した
お店ごとに異なる「ソースカツ丼」を開拓するのが楽しみである

去年までは「権兵衛峠」を通勤路としていたが
今年は妻籠からR256で「清内路」を経て飯田に抜けた

飯田市街地では少々もたついたものの
南信州フルーツラインは東西のアルプスの山並みが見事で
快適に走行できた

ソースカツ丼を楽しんだ中年は(走行順)
 ■つるさん:CB750F
 □GGさん:F800R
 □まえ〜さん:KTM800
 □しげきさん:ZRX1200
 ■ヤマさん:FJR1300
 □いわちゃん:CRF250
 □gooさん:W600
 ■KATOさん:むむてぃすとらーだ1200S
 □しかちゃん:R100CS
 □おーじろうさん:FZ-1
 □タカさん:ZRX1200だえぐ
 ■にしさん:GSX1400
 □ベンさん:CB1100(お披露目)
 ■まつ:CB1300SB

お見送り
 □よっちゃん
 □りゅうちゃん

7:30出発とし、ウーホー内津店集合
週間予報では「雨天中止」を予想していたが
雲ひとつ無い天気となる

日中の予想最高気温は高いが、早朝はまだ冷え込む

定刻となりR19の北上を開始
無線所持者が増え、走行中の軌道修正が容易になってきた

多人数企画では極力避けたい「片側二車線路」
中津川までの辛抱

今日のコース設定・お店選択を行なった「近江の修行僧」
クロスピースが誇らしげだ
これからも、企画を委ねる機会が多くなるだろう

瑞浪あたりから雲行きが怪しくなる

「雨」を覚悟したのも束の間
恵那あたりで逃げるようにして雲が切れる

再び「雲ひとつ無い」ピーカンとなる
今回の参加者に“てるてる坊主”さまが多いのが幸いとなった

8:35、予定通りの休憩ポイント「本起」到着
今日の装いはメッシュ+シャカシャカ・・・・ちょうど良い

いつも通過ポイントになるのだが「サンドイッチ食べ放題」を試したい
今度「オフ道企画」の時に計画してみようと思う

田立からR19とおさらばし、R256へ入る
ロード企画で使用するのは初めて

後方から「迫るショッカー」を想定して
「先に行ってちょ」作戦を打ち合わせ済みだが、杞憂に終わった

普通のツーリングは、中央道で恵那山トンネルで通過するだろうし

マニアックな輩は大平街道で飯田を目指すのだろう

そんな中途半端なR256だが

それ故、交通量少なく快適に“まったり”ができた

木曽谷と伊那谷を結ぶR256は「はなもも街道」とも言われる
赤白ピンクに咲き乱れる「花桃」が見頃だが
我々には、鑑賞しようとする情緒は全く無い・・・通過

そして、トラス橋(三角形は強い)では漏れなく写真を撮るオイラ

乾いた空気が気持ちいい♪

残雪を冠したアルプスがくっきりと視認でき、さらに気分向上

年間を通じて、爽快感を最高に得る事ができる短い期間
存分に「南信州フラワーロード」を堪能する

10:30、予定通りの休憩ポイント「やまぶき公園」到着
「よくぞ見つけた」って感じの休憩場所

500mほどの標高なのだが、止まっていると暑い
全員が重ねた着衣を軽くする

15分ほど休憩の後、企画最終道程に向けて出発
「ソースカツ丼」モチベーションも高まる

K75に接続し、駒ケ岳に向かって走行
爽快すぎる〜

10:20、お店到着
予約していたので(つるさんが)駐車場も確保済み

「信州産ロースソースかつ丼」一択
ごはん小盛りは-50円でオーダー可能

5人+5人+4人づつ「ご予約席」に着座
今日のお天気回復の功労者の一番多い席

ボリュームのほとんどは「キャベツ」であり
見た目ほど量的にキツくない

ソースはあっさりしているものの
甘めなので卓上のマスタードを、お好みで添加

人気のお店なので、続々とお客さんが入る
バイク客の多いのも、このお店の特徴

なので「食ったら、さっさと出る」を実施
日陰でたむろする「黒い中年」たち

お店の看板と、駒ケ岳をバックに集合写真
どっちも中途半端な結果

そんな、キャベツをおかずにごはんが食べられるお店は

 ■店名:明治亭・・・お店のサイト
 ■住所:長野県駒ヶ根市赤穂759-487【地図】
 ■定休日:年中無休
 ■営業時間:9:30〜20:00

信州産ロースかつ丼:1,340円
信州産ヒレかつ丼:1,445円

解散後は「陣馬形」「権兵衛峠」「直帰」など分散して解散
・本日の走行距離:316km
・本日の食費:1,340円(信州産ロースかつ丼)

陣馬形へ行った人たち

トップページ