おヒマな中年二輪愛好会レポート

2013.07.04-05 東北ツーリング 5日目と6日目:女川→仙台→名古屋

トップページツーリングレポート2013 > 東北ツーリング 5日目と6日目:女川→仙台→名古屋 ←今ここ

日の出は望めそうになかったので、ゆっくり6:00起床
いつ降りだしてもおかしくない空模様
せめて荷造りが終わるまでは降らないことを祈る

7:00朝ごはん〜♪

7:40、出発準備完了
少々日が照ってきて、蒸し暑くなる

今日は仙台港までの約60kmの短い道のりだが
前日確認できなかった、女川町の被災跡を目に焼き付けようと思う

他の宿泊者に見送られて出発

津波によって流された場所
特に低い地域は、写真右側の盛土の高さにするとのこと

被災前の女川町の航空写真
仙台へは、宿から南下して西へ向かう

宿を出て南下中
この道の両側には住居が密集していたのだろう
瓦礫は除去され、復興に向けた工事が行われている

上記航空写真で“港”に沿っている道

横倒しになっている鉄筋造りの建造物が数件

流された数件の建物の敷地に
献花と小学生の黄色い帽子などが供えてあり
掴みどころのない脱力感が増す

通勤時間帯が重なったことと、暗雲が立ち込めてきたので
上道で仙台に向かうことにした

降ってきたので、途中のパーキングで「防水仕様」に換装
ジプロックは優秀だ

10:00ちょい前、仙台港到着
受付は11:00からだが、待合室にはたくさんのお客さん

今回乗船する「新いしかり」は去年3月に就航
ワクワクしてきた♪

B寝台
お隣りさんが埋まらなければ、バッグ置き場に困らない

出港(12:50)前に、取りあえずビール
「今日は“波”荒いよ〜」と船長からアナウンスあり

出港後もついてくるカモメさん
さきイカを投げると、器用にキャッチする
お土産に購入した「ハイチュウ」を投げようとしたが、やめておいた

どうしてもカレーライスが食べたかった・・・お茶は24時間飲み放題

15:30ころ、濃い霧に包まれる
このため、フェリーイベントの「スレ違い」は中止された

「波打つお風呂」を独り占め
乗船客少なめなのか・・・お隣りさん埋まらなかったし

本日の走行距離:63km
本日のお宿(フェリー)代:9,600円(CB込早割り)

お酒飲んで、お風呂入ってを繰り返し
疲れ果てて寝台で爆睡

2013年みちのくひとり旅最終日(7/5)

日の出に合わせて、体内時計通り4:30起床
予想通りの空模様・・・残念

7:30、お楽しみの朝ごはん
生たまご付きが非常に嬉しい(重要)

10:30名古屋港着なのでお酒は飲めず、船内をウロウロして時間をつぶす

知多半島が視認できるトコまで来た
風は収まり、雨も大丈夫そうだが、この蒸し暑さは尋常ではない

今のところ来年の夏休みは「四国」にしようと思案中だが
青森県は未踏で、山形県は通過しただけなので
今回予定していて行けなかったトコ、走れなかった道を含めて
機会を作って再度“東北”を訪ねてみたい

10:30、予定通り名古屋港着
灼熱&蒸暑&渋滞の新川堤防沿いで北上し、無事帰着となる

CBにこびり付いた泥は、きめ細かな「生コン」であり
水圧ではもちろん、手洗いでは落ちない

2013年みちのくひとり旅のまとめ

走行距離

6/30:595km(自宅→磐梯)
7/01:267km(磐梯→横手)
7/02:262km(横手→宮古)
7/03:229km(宮古→女川)
7/04:63km(女川→仙台)
7/05:31km(名古屋港→自宅)

走行距離合計:1,447km

お宿(フェリー)

6/30:こはんゲストハウス(磐梯)
     ライダーズ一泊朝食付きプラン5,500円
7/01:かんぽの宿(横手)
     出張ビジネス朝食付きプラン5,050円
7/02:浄土浜パークホテル(宮古)
     ビジネス宿泊パック朝食付き9,990円
7/03:エルファロ(女川)
     一泊朝食付き6,300円
7/04:太平洋フェリー(仙台→名古屋)
     新いしかりB寝台バイク400cc以上9,600円(早割)

宿泊費合計:36,440円

前の日(7/3)へ戻る

トップページ