おヒマな中年二輪愛好会レポート

2013.07.13 夏の合宿in大平宿 1日目

トップページツーリングレポート2013 > 夏の合宿in大平宿 1日目 ←今ここ

かつて、中山道と三州街道を結ぶほぼ中間地点に
江戸時代中期より宿場町として存在し
後の明治・大正の頃には、長野県南部と周辺都市の
交通や物流の要所として栄え
戸数70戸、小学校生徒は90名を超えるほど栄えた集落があった

しかし、大正の終わりに伊那電鉄が飯田まで開通し
昭和30年代には清内路峠を越えるR256が開通すると
交通や物流は減少の一途を辿り
昭和45年に住民の総意で集団移住となり
約250年の歴史に幕を閉じた

現在は飯田市の有志たちにより
集落の自然と文化を守るための管理が施されている

そんな、「いろりの里」にて生活原体験の合宿に参加したのは
(走行順)

 ■おっさん:シェルパ250
 ■GGさん:XR230
 ■gooさん:セロー250
 ■タカさま:KLX250
 ■DON NONさん:CRF250
 ■KATOさん:XR230
 ■つるさん:CB750F
 ■まつ:セロー250

1日目の道程
@集合:ウーホー内津店
A休憩:名も無き休憩所
Bお昼ごはん場所:COCO'S
C鍵授受:アルススポーツ
D合宿場:大平宿からまつや


9:00出発とし、ウーホー内津店集合
降水確率は両日とも30〜40%で微妙安定

この時期の降雨は“歓迎”するほどのマゾ思考が求められる
各参加者に不安の色は無い

定刻少々前にR19の北上を開始
今日のR19の交通量は少なめ

去年秋から構想していた今回の企画
モチベーションは皆高い・・・ドコ見てる、カワサキ男子

中津川市落合から「旧中山道」に接続する
ここから飯田までは快速区間

標高が上がるほど、ジャケットを抜ける風が気持ち良い
修行僧のCBを含むヒマ中オフ車軍団が宿場町を粛々と走行

10:20、名も無き休憩所に到着
空一面を覆う雲は厚いものの、降り出す気配は無し

各車とも積載に創意工夫が見られる
小物に至るまでの情報交換でさらに切磋琢磨するだろう

合宿所の鍵を飯田で授受するため

大平街道には入らず、清内路峠を越えるR256で東進

飯田市街地に入る

空腹感が襲ってきたので
鍵の授受前にお昼ごはん場所へ向かう
お昼ごはん場所の選定は、おっさん一任

11:30、ファミレス到着
COCO壱番を熱望したが、COCO'Sだった

日替わりランチは「チキン竜田揚げ」
フリードリンクで水分補給を過剰に摂取

40分ほど“お昼ごはん”を楽しむ
これ以降、解散まで「空腹感」とは無縁となる

合宿所の鍵授受場所がわかりづらく、おっさん単独で探索
その間“昭和の事件”の記憶で盛り上がる

タカさまのご指示で、各自飲食物を購入
これも“合宿”の楽しみの一つでもある

荷造りの最中に
ポリスメンから「気をつけて楽しんでね〜」と声をかけられる

オイラも今回から「アイリスBOX's」の仲間入り
ツインBOXで積載量のアップを図る

飯田市街地をモタモタしながら走行
ここでも標高は500m程度なので、名古屋よりマシ

大平街道に入ってしまえば、幅員は狭いものの

快適な走行を楽しむことができる

お約束イベント“Uターン”も漏れなく行われる
上り坂でのUターンは勘弁してほしい

狭路+クネクネを楽しむ
ほとんど交通量は無いのだが、適度の緊張感が良い

14:00、合宿所到着
今にも“夕立”に見舞われそうな雲行き

今回お世話になる“からまつ屋”
当然だが宿主は常駐しないので、借り人のモラルが問われる

灰と埃で床が汚れていたので、まずは掃除
就寝スペースとなる畳部屋も念入りに「雑巾がけ」を行なう

ヒマ中の中年たちは働き者だ
誰からの指示も無く各自せっせと動く・・・オイラは傍観者

14:40、滞在準備が整い、大平街道上にて乾杯

囲炉裏の火起こし
男の子は“火”が大好き

釜戸にも火を入れる
合宿所は煙が充満だが、なんだか楽しい

汚損状態により、使用を躊躇した“釜”
ヒマ中の料理長は“飯”のこだわりから、釜の再生に労力を惜しまない

長時間の「だべりんぐ」が予想されるため
飲食はスローペース

 

だが、だべりんぐは“先行逃げ切り”の様相
ハイペースで「おしゃべり」が既にクライマックス
お酒が呑めないはずのgooさんがハイテンション

その間、料理長は“職人の技スキル”を継続発動

室内照明は、必要最低限の“裸電球”のみ

ストロボ発光では左写真だが、実際のイメージはこっち

絶妙に炊き上げられた“ごはん”が配膳される
この感動は炊飯器では味わえない

おかずの“味噌”は修行僧が修行中に手に入れた
幸せ過ぎて言葉にならない

とことん食べて、とことん飲んで、とことん喋った
毎度のことではあるが、話題はリピート

ヒマ中合宿企画には珍しく
日付変更線を超えても終演の気配は無い

だが、翌日もあるので強制的に「就寝」を示唆

整然と並んだ寝袋
「落ちる」のは一瞬だった
ちなみに、日が暮れてから翌朝まで雨が降ってた

本日の走行距離:155km
本日の食費:850円(COCO'S日替わりランチ)

次の日(7/14)へ進む

トップページ