おヒマな中年二輪愛好会レポート

2013.08.17 二ツ森山の公園でコンビニ弁当

トップページツーリングレポート2013 > 二ツ森山の公園でコンビニ弁当 ←今ここ

道の駅「日本昭和村」に8:00出発として集合
積載物の都合、未舗装路は避けることにしたが
狭路を多く走るので「オフ車推奨」とした

そして、新たな「修行僧」も誕生した

100m高度が上がるごとに、気温が約0.7℃下がると言われている
今回は、集合から解散まで平均して
標高500m以上を走ることが出来るよう設定した

そんな「避暑企画」に参加したのは(走行順)
 ■まつ:セロー250
 ■辰さん:セロー250
 ■SEさん:Dトラッカー125
 ■うぇるださん:セロー250
 ■gooさん:セロー250
 ■EDさん:セロー225
 ■ぬまさん:セロー225
 ■KATOさん:XR230
 ■じゅんじさん:K100
 ■にしさん:セロー250

集合場所にてお見送り
 ■タケさん ■マカ王さん ■としさん

マニアックな「ヒマ中通勤路」を走るため
珍しくオイラが先導してみた
今回参加10台中、セローが5台という没個性なのもヒマ中の特徴

8:00(10分早く出た)予定通りのスーパーにてお買い物

信号で分断された後続を待つ
常に後方を確認しながらの先導は気を使う

目的地は「二ッ森山の公園」と周知したが
迷わずに到達できない自信がある

途中の休憩場所は、2週間前に開拓しておいたトコ
コンクリ+未舗装路が少々混じるので
「行けるトコまで参加」のK100には「引き返すなら今」と伝えておいた

K100は付いてきた

8:45、水源の森公園到着
無駄にキレイな施設であるが、本日の来園者は我々だけであろう

ガスがあって少々残念だが、眺望は素晴らしい
標高500mなので、出発時より涼しく感じる

一応、目的地はナビにセットしたのだが
途中の道を希望通りに案内していただける筈はなく
道程の確認を行なう・・・・でかい虫メガネは中年の必須アイテム

30分弱の休憩の後、目的地へ向かって再出発

途中、工事中通行止めのため回り道を余儀なくされたが
おおむね希望通りの道程を楽しむ

オイラも後方撮影が、だんだんと“狙える”ようになってきた

いくつかの峠を越え、
舗装された(一部未舗装有)林道・県道を楽しむ

K72から二ツ森山林道に接続する
自然が成長して、春に訪れた時と様相が一変している

東進するほど標高は高くなり
この辺で既に800mを越えている

10:25、お昼ごはん場所到着
この公園で、およそ標高1000mだ

計算上、下界より7℃〜8℃低い・・・はず
虫の音も「秋」を感じさせる

当初は写真右奥の「あづまや」で“食”しようとしたが
どうやら中年たちは“地べた”が好みらしい

今回は、暑さでバーナーを使うのをきらい
「弁当」「おにぎり」の需要が多かった

今回試してみたかった「いなば缶カレー」を三種類用意した

どれも「パクチー」の自己主張が強いが、オイラは割と好き
それぞれ「チキン」か「ツナ」が入っているのだが
咀嚼の多くなる「ツナ」より「チキン」のが好み


“食”に満足しダベダベしていると、なにやらD虎の後輪が外されている
でかい釘がまともに刺さっていてパンク

躊躇なく辰さんが陣頭指揮に立ち、メンバーで修理が行われる
ヒマ中のメンバーすげぇ、と感嘆した

オイラは今回の作業を行えない自信がある
だが、せめて工具や修理消耗品は揃えようと思う

東へバイク屋のありそうな中津川へ出ることより
最短でSEさんの自宅近辺へ向かうことで判断し西進する

少々寂しげな道だが、これだけ人がいれば何とかなるだろう

3時間余りの「涼しいお昼ごはん」&「パンク修理研修」を終える
チューブ自体に損傷があり、途中の「空気注入」は覚悟する

二ッ森林道とK70の接続地点
空気漏れは、予想していたより顕著だった・・・空気注入

「重く感じたら停止」することとして
ソロソロとK70を西へ向かう

SEさんは申し訳なく思っているが、今回たまたま当たっただけ
他のメンバーも「自分が当たってたかも」と、人ごととは捉えていない

15:00、当初の予定とは異なるが(そんな予定どうでもいい)
急遽解散場所とした「人道の丘公園」到着

お昼ごはん場所での“涼”がウソのようにクソ暑い
日陰にいないと溶けそうである

本日4本目の500mlお茶を一気飲み
今度からクーラーボックスに波々と入ったお茶を持参しよう

・・・水遊び、忘れてた

「行けるトコまで」と参加表明したK100(タミヤの人)であったが、遂に完走・・・新修行僧の誕生

お昼ごはん場所で失念した「集合写真」を撮って解散〜

本日の走行距離:198km
本日の食費:584円(缶カレー@158円×3+パックごはん110円)

今度は西のほうで「1000m越えのお昼ごはん」を考える

トップページ