おヒマな中年二輪愛好会レポート

2013.12.08 2013年忘年会

トップページツーリングレポート2013 > 2013年忘年会 ←今ここ

去年までは「合同」で忘年会を行なっていたのだが
今年はヒマ中単独開催の運びとなる

会場はタカさんに一任し
その他役割も事前に参加者へ振ったので
オイラは楽々モードで「忘年会」を存分に楽しんだ

開催場所は、いろいろと懐かしい「浩養園」
開始時間を13:30とし、食べホ・飲みホの120分コース

現地集合組と、「鶴舞公園」集合組を事前に希望を募り
特に「鶴舞公園」集合組は、「鶴舞公園」の変貌ぶりに驚く

二次会はお決まりの「懐かしい歌特集」で汗をかき
締めはやっぱり「ラーメン」

「鶴舞公園」出発時刻から「ラーメン」まで8時間半
ずっと「喋り」「飲み」「食べ」「笑い」っぱなし

@現地集合組
 ■GGさん
 ■タケさん
 ■MMさん
 ■よっちゃん

A鶴舞公園集合組
 ■タカさん
 ■KATOさん
 ■ぬまさん
 ■じゅんじさん
 ■おっさん
 ■つるさん
 ■うぇるださん
 ■としさん
 ■motoさん
 ■よしゆきさん(デビュー)
 ■まつ

明治42年(1909年)に地方博覧会(万博の国内版のようなもの)
会場設立を主な目的として鶴舞公園が開設された

それ以前、この地は「水流間(つるま)」という地名だったが
公園設立にあたり、縁起の良い「鶴」をあてて「鶴舞公園」とした

なので、「鶴舞公園」は正しくは“つるまこうえん”と呼称する
その後に完成したJRや昭和区の地名などは“つるまい”となっている

そんな「鶴舞公園」だが、久しぶりに足を踏み入れて
鶴舞公園集合組の中年たちは、その変貌ぶりに驚く

どうやら現在の「鶴舞公園」は、コスプレの集まる公園となった
コスプレ愛好者の【鶴舞公園使用時の規約】

直接カメラを向けるのは不審者と思われるので
背景に写り込んだ「その道の若者」でお察しいただきたい

早い人で1時間前から、日なたぼっこ&コスプレ鑑賞
日差しが気持ち良いひとときを過ごし、定刻通り出発
もちろん「無事帰着」を唱和するミーティングは欠かさない

こんな時も、おっさんの先導

まったり歩いて15分ほどで現地到着
現地集合組と合流
抜釘術を済ませたGGさんの杖が痛ましい
完全復帰まであと少しだ、超がんばってほしい

傍目から見たら何の集まりかわからん15名が無事に集う

予約席に案内され着座
まだ、他のお客さんの入りは少ない

開始までの時間もうるさい中年たち
とにかく「集まる」ことが好きなのである

 

GGさんの乾杯の音頭で宴が始まる
昼間からお酒が飲める幸せ♪

残り僅かな2013年
残りの休日も無事帰着を目指して精一杯遊びましょう!

もやしで底上げされたお肉さん
お肉もビールもお替わり放題
久々の「お肉」にワクワクする

どんどん食材を突っ込む
各テーブルとも臨戦態勢を整える

あっという間に120分が経過し
お開きの一本締めは、やはりおっさん・・この道20余年

テンション高いまま、予約済の二次会場所へ向かう
二次会へは15名中11名が参加表明

昔「ブランズウィック」と言われたレジャー施設に到着

このワクワク感がたまらない

16:00頃、「懐かしい曲を歌う会」の始まり
「GGさんの知ってる曲」ってのが条件

まずは、いつもどおり「YAH!YAH!YAH!」でテンションをMAXに
血管が破れるくらい大声を出す

3時間の「懐かしい曲を歌う会」は終了する
高いテンションは継続される

よほどエネルギーを消費したのだろう
一次会でたんまり食べたはずだが、ラーメンが恋しくなる

20分ほど夜の散策を楽しんで、ラーメン屋さん到着

つけ麺・まぜそばなど、流行りモノを漏れ無く取り込んだメニューが並ぶ
酔いが覚めかけた身体は、炭水化物を欲する
各自、お好みのラーメンをオーダー

オイラは「塩ラーメン」
透明感のあるスープと香味油が、縮れ麺と絶妙にマッチしてる
結構好みかもしんない

スタンダードメニューの「ごりまるラーメン」は太麺を使用しており
麺の使い分けをしている

どのラーメンも「もやし」が多めなのも
流行りモノを意識していると思われる

今度、酔っていない時に是非試したいお店

その後本当の解散となり、8時間余りのコミュニケーションが終了する

今回の企画に奔走していただいたみなさま
ご協力ありがとうございました
来年も盛り上がる企画にしましょう!

今回の会費
・一次会:4,000円
・二次会:1,000円
・ラーメン:650円

トップページ