おヒマな中年二輪愛好会レポート

2014.01.12 とろろ飯と温泉

トップページツーリングレポート2014 > とろろ飯と温泉 ←今ここ

1月の定例企画として既に定着した感のある「温泉ととろろ飯」
今年は順序を変えてみた

「とろろ飯」が先で「温泉」は後

温泉で時間調整のために「煮込み中年」になることなく
また、お昼ごはんを早めに食することで一日を長く感じる事ができ
この順序が正解であることを確認する

事前の参加表明は11名
温泉の回数券(12枚綴)の恩恵に預かるのに1名不足となる

犬のお散歩ついでに見送りに来たGGさんを
言葉巧みに拉致し、回数券人数を確保する

お一人さま入浴料500円(割引150円)のために
GGさんは湯の山までの同行を余儀なくされる

そんな、1月定例企画に参加のメンバーは(参加表明順)

 ■つるさん:F650S
 ■SEさん:W800
 ■じゅんじさん:銀翼400
 ■おっさん:Z1000
 ■KATOさん:ムルティストラーダ1200S
 ■よしゆきさん:ジェンマ250
 ■淳爺さん:F800GS
 ■うぇるださん:スカブ250
 ■タカさん:だえぐ1200
 ■ヒロさん:W650
 ■まつ:CB1300SB
 ■GGさん:ジープ

出発10:00として、クレール平田集合
ミーティング前に、つるインストラクター指導のもとストレッチを行なう

ありえんくらい“硬い”中年が数名
身体はほぐれるし、笑うこともできる有意義な儀式となるだろう

定刻少々前に出発
放射冷却も落ち着き、この時間は寒さをあまり感じない
長和川堤防道路を「大名行列」状態で南下する

サポートに徹する「チームGGジープ」

10:30、予定の休憩ポイントに到着
この時に「お昼ごはん」と「温泉」の順序を変更することにした

ダベダベと時を過ごす
日なたにいれば寒さを感じない

10分ほど休憩ののち、湯の山目指して出発
イメージするのは「とろろ飯」・・・既に腹減った

空気が乾いていて、鈴鹿山脈がくっきりと浮かぶ
制限速度+αの成熟したマスツーリング・・・大名行列とも言う

11:20、お昼ごはん場所到着
駐車場の入りは70%程度

席に余裕あるようで、いつもの2階座敷へ案内される
ブーツを脱ぐのが面倒

全員スタンダードメニューの「とろろ飯」を一択

お櫃の「麦飯」を少量茶碗に盛り
「とろろ」をたっぷりかけ、薬味を振りかけて食す

鰹出汁を効かせた自然薯と、麦飯の相性がとってもステキ
上位メニューに「天ぷら御膳」などがあるのだが
「油もの」が混じってしまうと、素朴な「とろろ」の印象が薄まるので
やはり、シンプルなこのメニューがおすすめ

口直しはお漬物で十分

ちなみに「麦飯」はお代わり放題

そんな、油抜きのお昼ごはんを楽しみたいお店は

 ■店名:茶々
 ■住所:三重県三重郡菰野町菰野4673-6【地図】
 ■定休日:無休
 ■営業時間:11:00〜21:00
 ■お店のサイト

お昼ごはん場所から温泉までは程近い
おっさんの「ジャケット故障」でもたつき、オイラ先導
懸念された残雪は皆無でホッとする

ちょこっと遅れて到着の3台

12:15、バイクを行儀よく停めて
ゾロゾロとホテルに向かって行進する
「とろろ飯」でお腹いっぱいなので、皆動作が鈍い

お一人さま500円を徴収し、この後はお風呂へなだれ込む

ランチタイムだったこともあり
露天風呂はガラ空き、ほとんど貸し切り状態だった

湯質なんてどうでもいい
この開放感がたまらない♪

13:10、汗を抑えるためロビーにてダベダベ
KATOさんの2ndバイク入れ替えの告知や
じゅんじさんへの執拗なオフ車勧誘などが行われる

13:40、汗も落ち着き駐車場へ向かう

露天風呂での集合写真が使えない可能性があったので、再びの集合写真・・・こっち採用

13:50、この場で解散
今回はオプションツアーは無かった

本日の走行距離:132km
本日の食費:1,029円(とろろ飯)

トップページ