おヒマな中年二輪愛好会レポート

2014.02.22 トヨタ博物館

トップページツーリングレポート2014 > トヨタ博物館 ←今ここ

今まで一度も訪れたことのなかった「トヨタ博物館」
一人で見学する勇気はない
なので、ご一緒いただけるおヒマな中年を誘った

現地集合として集まったのは(参加表明順)
 ■じゅんじさん:K100
 ■DONNONさん:CRF250
 ■MMさん:ZRX1200
 ■GGさん:ジープ
 ■あべちん:TW225
 ■KATOさん:ムルティストラーダ1200S
 ■タカさん:だえぐ1200
 ■ヒロさん:W650
 ■まつ:CB1300SB

10:00集合としたが、こんな時も30分前にはほぼ全員揃う
「旧車仲間」の部品授受が行われる

新館1階が集合場所
1905年産の英国車にウンチクを並べながら後続を待つ

定刻となり本館へ移動

JAFカードを提示すれば1枚6名まで割引(1,000円→800円)
コンビニで「前売り券」を購入済みの準備の良いメンバーもいた
あと、受付のお姉さんはキレイだ

かなり古いクルマだが、古すぎて現実味がなく
メンバーの興味は余りない

ひと通り見学の後に「お昼ごはん」として
2階へ移動

各車両は「古」→「新」と時系列に展示してあるので
その製造技術の進歩も同時に確認できる

期間限定イベント「パブリカスポーツ復元の軌跡」
GGさんは「昔乗ってた」と鼻をほじる

イベントブースを抜けると
だんだん見覚えのあるクルマになってくる
2階は欧米車が60台ほど展示

日本車展示の3階へ移動

エントランスのクラウン1号車前で集合写真

 

広々とした空間に懐かしいクルマがいっぱい!
諸兄の「乗ってた」「欲しかった」など歓声が賑やか

どのクルマも今にも動き出しそうなくらいキレイ
展示車のほとんどが「動態保存」とのこと

1時間弱「クルマ」を堪能し
第二目的の「お昼ごはん」へ向かう

横一列に陣取る
オイラの注文は既に決めている

通販(レトルト)で全国展開好評の「カレー」
これを是非試してみたかった

チキンカレー大盛り(1,050円)
お値段少々高めの設定だが、期待感MAX

スパイスが上品に効いていて、しかもまろやかなコクがたまらん♪
一口ごとに幸せになれる(ような気がする)

トヨタはカレーにも全力で取り組んでいる

他のメニュー(一部)
ビーフカレー(甘口・辛口):1,050円
野菜カレー:950円
ポークカレー:950円
豆カレー:950円
オムライス:850円
あんかけスパ:850円
企画展ランチ:1,200円

食後は連絡通路にて新館へ移動

新館は、クルマだけの展示ではなく
日本のモータリゼーションの歩みと生活風景が展示
暖色系の照明が一段と臨場感を醸し出す

12:00、クルマもお昼ごはんも満喫する
来といてよかった

満足したらさっさと解散
企画としては手抜きだが、存分に楽しめた

本日の走行距離:59km
本日の食費:1,050円(チキンカレー大盛り)

この時期は展示館巡りってのが身体に優しくて良いかも
しかも、遅く集まって早く解散も好評

トップページ