おヒマな中年二輪愛好会レポート

2014.07.05 オイラの夏休み初日 自宅→羽咋市

トップページツーリングレポート2014 > オイラの夏休み初日 ←今ここ

持参物はアイリスボックスで全部収容可能だが
各宿でボックスは取り外さないので、運搬用のリュックを括る
貴重品や取り出し頻度の高いものはウエストポーチに収納

ツーリング期間中は
随時「管理人の独り言(ブログ)」の更新を宣言した
念の為に出発時に更新のテストをしてみたのだが
去年はできていたスマホから画像のアップができない
さんざん調べて、どうやら専用のアプリが必要だと気がついた

で、1時間ほど遅れることになる
降水確率は50%、カメラはしまい込み、ナビは防水処理を行ない
7:23、無事帰着を誓い自宅を後にする

初日の道程は、自宅(岩倉)→羽咋の300km余りの設定
メイン目標は参加が叶わなかった【SSTR】のサンセット
宿はできるだけ千里浜から近いトコで予約した

敦賀までは「ヒマ中通勤路」のR303を経て
越前海岸の、できるだけ海岸線沿いを走ることとした

雨中走行も楽しむつもりだ
ナビの防水処理・・・結構優秀

9:06、道の駅「ふじはし」にて休憩

金曜日(7/10)までの6日間
バイク乗りっ放しのワクワク感で気分高揚
相変わらずの空模様も、なんの妨げにもならない

2014ヒマ中Tシャツ+メッシュジャケットでは少々肌寒いが
むしろ気持ち良いとさえ感じる

敦賀以降の道程は、オイラにとってほとんど未開の道
事前の情報収集に怠りは無い・・・つもり

木之本市街地を避けるため、K284にてショートカット
ここには土木遺産の「杉本隧道」が立ちはだかる

あたりには人っ子一人おらず
陰湿な雰囲気満点の「杉本隧道」を通過するのに勇気がいる

内部の観察など、とんでもなかった
一気に「杉本隧道」を通過
セロー・着衣とも石灰まみれになって振り返る

交通量の少ないR365をまったり北上

敦賀を経由したいため「柳ヶ瀬隧道」を通過
旧北陸本線(単線)の隧道なので、隧道内での離合は不可能
信号により一方通行・・・誰もいないのかよ〜

敦賀でネギトロ丼を食す予定だったが、出発が遅れたためパス
日本海に出て快晴となった

今回の“お楽しみ道”の1つの「しおかぜライン」
事前期待を裏切らない“まったりロード”

R305へ接続し「漁火海道」と呼称が変わるも

海と山に包まれた快適道に変わりはない

途中「かに」をメインにした食堂が立ち並ぶが無視

12:26、道の駅「みくに」着
蒸し暑い

朝食は敦賀で摂る予定だったが、パスしたので腹減った
ハムカツのようなソースかつ丼で空腹を満たす

ふたたび空模様がどんよりしてきたので
金沢に入ってから防水仕様に備えを整える

去年3月から無料となった「のと里山海道(旧能登道路)」
せっかくなので走ってみた

今浜ICで降りて、16:01「千里浜なぎさドライブウェイ」南端着
30年近くぶりである
暗雲は徐々に減ってきて“サンセット”も見られそうだ

スキー場のように「圧砂(?)」してある

前回は勤務先の同年代の10名ほどで保養所を使って
ここまで遊びに来た・・・20才代中頃である

誰からとなく「夜のなぎさを走りたい」と持ち上がり
少々早めの速度で調子に乗っていたら
水の流れの窪みに直角にあたってシャーシが“へ”の字になってしまい
自力走行不可能となり、オイラは車を置いて他へ便乗して帰宅

数日後修理完了の連絡を受け、電車で取りに行った
そんな楽しい思い出のある「千里浜なぎさドライブウェイ」

16:21、日の入りまで時間ありすぎるので先にチェックイン
名古屋から3台のバイク乗りもいたが、顔を合わせることはなかった

古い建物だが清潔感があり、Wi-Fiが使用可能
大浴場が封鎖されていたのは残念

今日の日の入りは19:11
宿から徒歩で行けるお店にて「ねぎとろ丼」を食す
670円はお買い得

近くのサークルKにてお酒の補充も行ない
ソロ宴会に備えるが、千里浜までの移動があるのでまだ飲めない

18:45、再び千里浜(宿から2〜3分)

水平線付近には雲はなく“サンセット”は無事拝めそうだ
この場所で20枚以上撮る
他にこの“サンセット”を待ち構えているのはカップルばかり

この写真が今回のカバー写真となる(当初の企画名から「福島」が抜けている)

19:30、宿に戻りソロ宴会の開始

 ■本日の走行距離:322km
 ■本日の食費:1,570円(ソースかつ丼・ねぎとろ丼)

今日の宿

 ■宿名:渚ガーデンホテル
 ■住所:石川県羽咋市兵庫町酉1-3【地図】
 ■プラン:一泊朝食付き
 ■宿泊料:6,100円
 ■宿のサイト

プロローグへ【戻る】
7/6(翌日)へ【進む】

トップページ