おヒマな中年二輪愛好会レポート

2014.07.06 オイラの夏休み2日目 羽咋→能登半島→射水

トップページツーリングレポート2014 > オイラの夏休み2日目 羽咋→能登半島→射水←今ここ

朝食時間は7:00・7:30・8:00と選択可能
オイラはもちろん7:00
宿の朝ごはんは美味しく、ごはんがすすむ

和洋折衷の食卓・椅子も非日常でステキ

能登半島の外周を回ろうとしていたが結構な距離となってしまうので
途中まで「のと里山海道」で穴水まで距離を稼ぎ
県道の乗り継いで半島北側のR249接続し先っちょを目指す
その後「能登島」へ渡り周遊する計画

宿は高岡と富山の中間に位置する射水の健康ランドを兼ねた宿
お昼ごはんのことは考えてない

TVでは台風8号関連のニュースばかり
この時点では「雨降ってほしくないな〜」とまだ他人ごと

7:45、チェックアウトを済ませ出発
ちなみに、セローは軒下に置かせていただいた

この時間の「のと里山海道」は交通量少ないものの
やたらみんな飛ばすので、適当に追い越しさせる

K303→K57は「珠洲道路」ともいう
道幅広く快適な道だ

北陸ライダーの通勤路となっていることは間違いないだろう
鼻歌でも歌いたいが、なぜか「さざえさん」

9:00、道の駅「桜峠」にて休憩

珠洲道路からK6に乗り換え半島北側のR249へ接続
もはや見慣れた日本海の海岸道路

R249では先っちょ手前で南下してしまうので
K28に乗り換えて先っちょを目指す

K28もトコトコと楽しめる道、

漁村の集落の景色もステキ

10:56、能登半島先っちょの禄剛崎の狼煙漁港着
灯台へは徒歩でしか行けない
急な階段を見て即行で断念

ここの西側には道の駅もある

「北の宿から(都はるみ)」「岬がくれの旅の宿(石川さゆり)」の
背景となっていると言われている超人気の「ランプの宿」
いつかは泊まってみたいが、今日は眺めるだけ

空中展望台は怖すぎる


K28からR249に接続し南下開始

11:46、見附島着
以前は軍艦島と言っていたような気がする
ここは写真を撮るだけでさっさと南下を再開

ひたすらR249を南下

雲行きは徐々に怪しくなってくる

13:30、道の駅「なかじまロマン峠」着
ここでラーメンを食す

30分弱休憩して能登島へ渡る
2カ所の橋のうち北の「ツインブリッジのと」

なぜ「ツイン」なのかは不明

周遊したかったのだが、ブログの更新だけ行なう

15:42、今にも降り出しそうなので早々に宿着
「バイクで来た」と言うと、作業場へ案内される
降雨での荷造りはツラいので助かる

狭いが予想よりキレイでうれしい

健康ランドと併設のこのホテルの夜ごはんは
宿泊代に1,100円分の健康ランドごはん券付き

180円追加料金を支払って「生中」+「焼きうどん定食」を楽しむ
味噌汁が付いてこなかったのを後で気づく・・・まいっか

当然健康ランドのお風呂は入り放題だ

 ■本日の走行距離:314km
 ■本日の食費:730円(ラーメン+夜ごはん追加料金)

今日の宿

 ■宿名:ホテルイナホ
 ■住所:石川県射水市新開発458-2【地図】
 ■プラン:一泊二食付き
 ■宿泊料:5,620円
 ■じゃらんのサイト

7/5(前日)へ【戻る】
7/7(翌日)へ【進む】

トップページ