おヒマな中年二輪愛好会レポート

2014.07.07 オイラの夏休み3日目 射水→上越→沼田

トップページツーリングレポート2014 > オイラの夏休み3日目 射水→上越→沼田 ←今ここ

今日の目的は「山道を走る」ことだ
志賀草津高原道路をメインに
新潟県道95と長野県道502も加えた
そうしたら走行距離が350kmを超えたので
上越までは上道を利用する
宿は今回唯一の温泉宿にした

各メディアは台風8号祭り開催中
沖縄では深刻な状態となっているようだが
まだ、オイラは他人ごと・・・雨は覚悟したが

6:50、おかずの種類は少ないものの
必要にして充分、これだけでごはん3杯は楽勝

迷いまくって北陸道in
8:41、最初の呉羽PAにて荷造りの点検を行なう

9:38、越中境PA
「曇り止め」はシールド表面には塗っちゃいけない

10:56、上越ICにて降車
R18で少々南下しK95を目指す

ガソリン補給後K95に入る

11:41、光が丘高原着
冬季閉鎖から明けても土日祝しか営業してないらしい
高原独特の牧歌的な風景も薄気味悪さを感じる

新潟県道95

千曲川を越え野沢温泉村に入るトコ

奥志賀スーパー林道と総称されるK502K471
60kmを越え、当然だが途中にGSは無い
災害など通行止めの無いことを事前確認済み

雨中でも楽しめる山道だが、くどい
途中に休憩ポイント無く延々と60kmクネクネの状態

せめて霧が無ければ風景を楽しむことも出来るのだが
今回は寒さでガタガタ身体を震わせながらの走行となってしまう

でも、天気の良い日に再び走ってみたい

そして「志賀草津高原道路」
少量の雨で快適だった・・・渋峠までは

硫黄の香りで白根山付近だということはわかる

メットのシールドは無用の長物となり、開けて走行・・・顔ベチャベチャ

R145に接続して西へ向かう
カッパも防水靴もその役目の限界をとっくに超えている
16:57、宿に近い道の駅「白沢」着・・・宿に「遅れる」と連絡

17:30、宿に到着、セローは屋根有通路に案内される

部屋に入るなり全部脱ぎ真っ裸になる

備え付けの「消臭スプレー」を靴に吹きかけ
備え付けの「ドライヤー」を最強にして内面に発射
部屋中に酸味の効いた香りが漂い、阿鼻叫喚となる

先に温泉で汗を流して夜ごはんに挑む

食べ物食べ放題、ビール飲み放題のうれしい設定だが
食べ物を優先するか、ビールを優先するかで5秒ほど悩み
ビール優先で行動を開始

お昼ごはんを抜いた(お店が無かった)ので
空きっ腹にビールが効く効く!

 ■本日の走行距離:385km
 ■本日の食費:0円

今日の宿

 ■宿名:伊東園ホテル老神山楽荘
 ■住所:群馬県沼田市利根町老神583【地図】
 ■プラン:一泊二食付き(食べ放題・夜ビール飲み放題)
 ■宿泊料:7,344円(入湯税込)
 ■宿のサイト

7/6(前日)へ【戻る】
7/8(翌日)へ【進む】

トップページ