おヒマな中年二輪愛好会レポート

2015.05.23 滋賀の廃村でコンビニ弁当

トップページツーリングレポート2015 > 滋賀の廃村でコンビニ弁当 ←今ここ

春合宿で「滋賀の廃村巡りしたい」の声に反応した
廃村に飲食店などあるはずもなく
途中のコンビニで買い物することとして7名が参加

9:00出発としてクレール平田に集合

定刻10分前に出発
長良川堤防は走らず西進する

「最初のコンビニに入る」こととしてた
さっそく買い物・・・みなさんカップ麺+α

空一面雲が覆っているのだが
降られる心配はない

二之瀬峠は林道ではなく県道で無難に通過
クライムヒルに挑む自転車野郎はスゴいと思う

R306は北上しなければいけないが南下を試みる
菰野町に入ったところでようやく気が付き最初のUターン

無駄にR306を楽しむことができるのも演出のうち
おっさんの計算しつくされた心遣いがうかがい知れる

10:15頃、鞍掛トンネル手前(東側)で休憩
登山客の駐車でほぼ満車の駐車場

10分ほどで再出発
おっさん「ここから自信ない」と言う・・・

秘密の入口へは一瞬の躊躇はあったのもの
すんなり突入〜

林業などで需要が存在する道なので
管理状態は良好な舗装林道

11:00、予定通り最初の「五僧集落」
昭和49年に廃村となっている

オイラ「廃村」の幽玄な雰囲気が好きなのだが
「廃墟」は生々しくて近寄るのを避けていた

今回企画を一番楽しみにしていたヒロさん
グイグイと「廃墟」に迫る
マニアックな潜在意識をお持ちのようだ

どこからか鹿の頭蓋骨を持ってきた

10分ほど「廃村」を堪能して次の集落へ向かう

複雑なようで単純
単純なようで分岐で誤ると見当違いの方向へ向かってしまう
すれ違う車無く、こんな田舎道がステキ

11:16、昭和51年に廃村となる「保月集落」到着
昭和44年休校、昭和53年に廃校となる「脇ケ畑小学校」
この跡地にてお昼ごはんとする

一部の住民が戻り住んでいるので周辺は管理されている

静けさの中で野鳥の鳴き声
その雰囲気をぶち壊すのは騒がしい我ら中年

試してみたかったリンガーハットのカップ麺と、おいなりさん
太麺はアルデンテで楽しむ・・・せっかちが災いした

 

 

参加者(左から)

 ■まつ:セロー
 ■じゅんじさん:セロー
 ■たかさん:KLX
 ■ヒロさん:セロー
 ■おっさん:シェルパ
 ■よしゆきさん:セロー
 ■まえ〜さん:CRF

1時間余り非日常のお昼ごはんを楽しみ
3つ目の集落へ向かう

「迷走上等!」だが、いったん迷うと全く別方向に出てしまう
「分岐で迷ったら作戦会議」を伝えたかった

12:55、ちょっと大回りして「落合集落」到着

霊仙山への登山口でもあり、現在治山工事進行中
ヒロさんに続き、じゅんじさんも「廃墟」への潜在意識開花
楽しんでいただければそれでいい・・・・

それにしても「落合神社」の幽幻な雰囲気がハンパない

13:20、琵琶湖展望経由で醒ヶ井に向かう
分岐を間違えそうな嫌な予感がした

進行方向を違えたらどんな方法で伝えようか
・・・めちゃ胸騒ぎがした

「男鬼集落」は通過する
「廃村」なのだが普通の寒村のイメージ

右折しなければいけない分岐で、案の定直進
おっさんにテレパシー送信するも届かず

見たことのない風景でようやく停止
このまま「県道」で楽々と北上するか
「林道」で戻って琵琶湖の眺望を楽しむかの判断中

満場一致で林道で戻る

14:30、ちょっとズレたが琵琶湖が眺望できる道端
全道程で各参加者とも満足いただけたようだ

15分ほどダベッて最終目標値「醒ヶ井」へ向かう
心地よい疲労感がたまんない


R21に接続するのは一本道
そして何故かお腹すいている

15:00、「水の駅醒ヶ井」着
ランチタイムは過ぎているのでソフトクリームでエネルギー補給

40分ほどグダグダしてようやくの解散

 ■本日の走行距離:207km
 ■本日の食費:650円くらい(カップ麺+おいなりさん、抹茶ソフト)

トップページ