おヒマな中年二輪愛好会レポート

2015.06.20 美杉村でお散歩〜WOOD JOB!ロケ地徘徊〜

トップページツーリングレポート2015 > 美杉村でお散歩〜WOOD JOB!ロケ地徘徊〜 ←今ここ

天候悪くバイクに乗れない最近の休日は
レンタルDVDにお世話になることが多くなった

戦国物や高倉健さんシリーズが主だったのだが
たまたま借りた去年春に公開された「WOOD JOB!」にハマった

高校を卒業し進路が決まっていないチャラ男が
けしからん理由をきっかけに「林業」の研修に挑むことになる

都会育ちのチャラ男は耐えられず早々に逃げようとするが
徐々に周囲から認められるようになり
嫌われているが恋焦がれている年上の女性の反応も変わってくる

まるで林野庁による人材集めの宣伝映画のようだが
些細な場面が後々にリンクしてくるなど見応えがあった

そして、ほとんどのロケ地が三重県の美杉町であり
「ロケ地徘徊」をツーリング企画ネタとして採用してみた

なお、オイラ自身含め6名が参加したが
内3名は当該映画を鑑賞せずお付き合いいただいた
要はバイクに乗ることができればそれでいい

道の駅菰野に集合、出発を早めの7:30とした
拉致を恐れたお見送りのEDさんは、暑がりのビューエルをお披露目

九州単身赴任中で久々参加のKATOさん
この装いに違和感を覚えたら直接本人をイジってほしい

定刻通り出発

映画を見ていない輩にも楽しんでいただけるよう
信号少ない田舎道を存分に堪能できる道程を選択し
関西バイク乗りに好評の焼き鳥屋さんをオプションとした

8:10、亀山IC東の「あんぜん村」でお昼ごはんを購入
各自オプションを考慮し少なめを確保

三重ライダーの通勤路「グリーンロード」
快適だが直線が長いと緊張感が薄れる

美杉村を詳しく知るメンバーはおらず
「道の駅美杉」をベースとして各ロケ地を探すこととした
半袖Tシャツ+メッシュジャケットでは少々寒い

見慣れない風景が新鮮で快適な県道を楽しむ

10:00、道の駅美杉到着
予定していたお昼ごはん場所に立ち入ることができなかったので
道の駅駐車場に座り込んで各自「おにぎり」を食す

他のお客さんに不快感を与えないために隅っこで・・・

11:05、映画登場人物のお宅へ向かう

チャラ男が恋焦がれる女性(長澤まさみ)のお宅
主なロケ地ポイントにこのような説明板が備え付けてある

長澤まさみが教え子とともに水槽を運び出すシーンなどに使われる

映画などで見た風景を目の当たりにするとテンション上がる
だが、テンション上がったのは映画を見た者だけ

映画見てなくても写真は撮る
「おヒマな中年」と言われる所以でもある

少々南下して、チャラ男(染谷将太)が1年間住み込む先輩宅到着
「1を聞いて10を知る」gooさんは全ストーリーを把握したらしい
「木を見て森を見ず」とも言う

想像していたより「農村」

研修所から先輩夫婦宅に到着するシーン

先輩夫婦(優香・伊藤英明)に「一晩戻るな」と言われるシーン

あることから村の長老に認められチャラ男に挨拶に訪れるシーン

 

 

 

 参加者(左から)

 ■よしゆきさん:セロー
 ■まつ:セロー
 ■gooさん:セロー
 ■KATOさん:CT110
 ■じゅんじさん:セロー
 ■おっさん:シェルパ

ロケで使用されたお宅は現在誰も居住していないが
隣宅の方が「サインあるよ〜」と気さくに自身の自宅を公開
出演者とスタッフのサインがふすま一面に書かれてた

映画の重要なアイテムの「手ぬぐい」は額縁保管

次は、よしゆきさんのご希望の「二人でおにぎり食べる場所」
運が良ければ見つけられる心構えが必要

R368を西へ進む、以前曽爾高原行った時に走った覚えがある
雲が少々厚くなってきた


奈良県に入る直前の町道で少々南下
快適な国道より、こんな田舎道のが楽しい

12:11、見慣れた説明板を見つけ安堵
小学校の時流行ったオリエンテーリングを思い出す

撮影場所までは徒歩で行かなければならない
もちろん平坦な道でないことは明白

足をサイボーグ化済みの二人から不満の声が上がる
普段の運動は「寝返り」だけなので運動不足なだけだ


石を置いただけの不規則な階段
これはこれで楽しい

5分ほどで撮影場所到着
よしゆきさんのテンションが上がり、サイボーグの二人は息が上がる

自然が元気よく生い茂っているので少々雰囲気違うが
なんとも心穏やかになる風景

苔石を机にしておにぎり食べるシーン

なんだかんだ言っても全員満足した様子
次のロケ地へ向けて出発

国道走るのはつまんないので
林道を乗り継いで東へ進むこととした

道を間違っていることに気づいたのは
ずいぶん走ってから

行こうとしていたロケ地はあきらめ
道の駅美杉へ戻ることにした

14:00、道の駅美杉に再到着
ほぼ全員がトイレに駆け込む

落ち葉やガレの乗っかる湿った山道は、緊張の連続で神経を使う
心地よい疲れでお腹が空いてきた

オプション(前島食堂)は全員参加希望
このオプションを一番の楽しみにしていたメンバーもいる
その前にもう一つロケ地に向かう

今度のは県道沿いにあるので分かりやすい


14:20、ロケ地到着

長澤まさみが勤務する「神去小学校」
今さらどうにもならんのだが
こんな先生だったらオイラもデキる子になっていたはず

水槽を運び込むシーン

ドッジボールのシーン

上記とは別時間だが
先輩の嫁さん(優香)がお弁当を持ち込むシーン

校庭でドッジボールシーンを再現しようとしたが止めておく
20分ほど滞在してオプションへ向かう

R368を東へ松阪方面へ走行
このR368、津市から松阪市へ入ったとたんの酷道っぷりがいい

それまで走っていた林道と遜色ないが、抜けると快適国道となる

15:00、オプションの前島食堂着
中休みの無いこのお店は、こんな時間に来るのが正解

わか・めすを各一人前づつと、ごはんを注文
これだけで腹膨れる

やわらかい「わかどり」

こりこり歯ごたえ「めすどり」

自家製の“味噌”の主張が見た目よりクドくない
それより「無煙ロースター」でないのがいい
煙にまみれながら食べるのがいい

ごはんがすすむ

そんな、尋常な時間を避けて訪れるのがおすすめなお店

 ◆店名:前島食堂(まえしましょくどう)
 ◆住所:三重県松阪市大河内町612-1【地図】
 ◆定休日:金曜日
 ◆営業時間:10:30〜18:00
 ◆食べログの【サイト】

15:40、ここで解散
セローで上道を走ることは考えず、下道でトコトコと帰路につく

本日の走行距離:362km
本日の食費:おにぎり350円+前島食堂1,134円

 

映画の初めと終わりに登場する“駅”
撮影は岐阜県恵那市の飯沼駅(明知鉄道)で行われた

6/8に先に訪れてみた→【飯沼駅(管理人のひとりごと)】

トップページ