おヒマな中年二輪愛好会レポート

2016.07.30 荘川で蕎麦

トップページツーリングレポート2016 > 荘川で蕎麦 ←今ここ

 

クソ暑いので標高の高い涼しい場所をさまよい
快適ロードコースでお昼ごはんは“蕎麦”
ここまでをメイン企画として参加者を募った

帰路は未舗装路を含む「中山峠」を経由し
スキー場のステキな眺望を楽しむ
※オプション@区間

R156やR41回避のロードコース確認・開拓
※オプションA区間

同じく
帰路で睡魔が襲うR156・R41の回避コース再確認
※オプションB区間

今回はヒマ中企画には珍しく“目的”が明確であり
懸念された局地的な降雨に遭遇することなく
「バイク遊び」を漫喫することができた

だが、予定していた「蕎麦屋」さんは
おっさんの「店員さんが感じ悪かった」で急遽変更された

 

出発を8:30として道の駅にわか茶屋集合
当然のように30分前にほとんど揃ってしまう
特にこの時期、中年は早起きでせっかちだ

メイン企画とオプション内容を事前に告知していたので
それぞれメイン企画のみ参加とフルオプション参加と明確に別れた
この時間は暗雲立ち込めるが参加者に不安の色は無い

 

せっかちな中年たちは
お見送りのヒロさんに見送られ定刻10分前に出発

この日のために平日の業務に耐えた
そんな怠惰な心情強い、先の見えてきた中年の楽しみ

第一ステージ(メイン企画)
道の駅にわか茶屋→道の駅白尾→お昼ごはん→道の駅荘川

 
 
 

大和から「やまびこロード」に接続
交通量減って快適走行の始まり

R156より少々回り道になるが
特にこのクソ暑い季節はR156に代わる通勤路となる


東海北陸自動車道と併走する区間
「金払って渋滞に参加かよ」と侮蔑してしまう

9:20、道の駅白尾ふれあいパーク到着
「朝採れトウモロコシ」の販売はしてないのか!

 
 

岐阜県は前知事のおかげで道の駅が多い
※北海道に次いで2位の54箇所(H27.11現在、愛知県は16箇所)
その中でも朴訥とした雰囲気がステキな道の駅だ

昨日採れのトウモロコシを購入@150円

 

9:45、お昼ごはん場所を目指して出発
予定していた蕎麦屋さんが「気に入らん」との理由で
急遽目的地が変更されたのはこの瞬間だ

蕎麦にこだわりの無い参加者は唯々諾々とおっさんに従う

まったり快適〜♪

 
 
 


R156に接続し少々北上
このころでは“降雨”の心配は全く無くなる

10:22、蕎麦屋さん到着
実はこの時カレーライスが食べたかった

 
 

お店の開店は11:00
それまでダベダベするのが楽しい

繰り返し次回の企画立案を話題にするが
いつの間にか別の話で盛り上がる

待ち時間で集合写真
  左から
■まつ
セロー250(フルオプション)
■かめさん
CB1300SF(メイン企画)
■タカさん
KLX250(フルオプション)
■KATOさん
がすがす125(フルオプション)
■つるさん
Vストローム1000(メイン企画+オプションAB)
■おっさん
シェルパ250(フルオプション)
■GGさん
NC750X(メイン企画)
■gooさん
セロー250(フルオプション)
■しかちゃん
CRF250L(フルオプション)
 
 

全員「とろろ蕎麦(1,050円)」を注文
蕎麦が好きというわけではないのだが
この時期は蕎麦は美味しく感じる

手間がかかっている分蕎麦は割高・・・蕎麦の印象

 

11:25、お店が混んできたので
近所の道の駅へ移動開始

再び暗雲が立ち込める
雨雲レーダーでは西の鯖江付近に強烈な雨雲を確認

 

道の駅荘川にてまったり過ごす
降雨上等!で降る前から開き直る

11:50、メイン組とオプション組に別れ解散
オイラ的にはここからが“バイク遊び”のメイン

第二ステージ、オプション@
道の駅荘川→給油のあと村道で南下→未舗装路で中山峠を越えて、めいほうスキー場経由して道の駅明宝に至る


 

R158と村道の分岐にあるGSで給油
山の中でガス欠はシャレにならない
ちなみに集合場所からここまで100km足らず

余裕のセロー2台は手持ち無沙汰で待つ・・・セロー最強

 
 
 

12:15、山中峠にてひと休み
標高1,300mあり涼しいのだが、羽虫多くうざい
ちなみに水芭蕉は5月中旬が見頃

10分ほどの後、南下再開

 
 

めいほうスキー場中腹でバイク停める
事前に「停まって」って言っておかないと感性皆無のおっさんは
単なる通過点・・・繰り返し「停まって」と伝えた

眺望がステキですこぶる気持ち良い

20分ほど景色を楽しみ、南下を再開
 
 
 


R472せせらぎ街道に接続

13:10、道の駅明宝到着
山から降りてくると灼熱地獄
集合場所で買った1リットルのお茶の残りを飲み干す

 
 

こんなときのアイスは格別
オイラは抹茶アイス派

お土産に購入
「明方ハム」と「明宝ハム」の違いは→【ここ】

 

13:25、メイン企画組が明宝着
1時間半ぶりの再開だ

さらに20分ほどモタモタし、オプションAへ向かう
つるさんここからオプション参加

第二ステージ、オプションA
道の駅明宝→こもれびロード→道の駅和良
 

通勤路開拓のための調査
せせらぎ街道をちょいと戻り小川峠方面に向かう

5年前に共用開始された「相谷トンネル」は2,722m
中は予想通り冷っこくて涼しい

 

快適な「こもれびロード」は別名「ふるさと林道和良明宝線」

 
 


こもれびロードは狭路区間が少々あるものの
路面状態は良好で「快適ロード企画」に十分使用可能を確認
今後、飛騨方面へのバリエーションが増える

14:10、道の駅和良到着

 
 

クソ暑いのと少々のおつかれでダラダラ
そして空腹感
やはり蕎麦は腹持ちしないのも再確認した

ダラダラのまま、なぜかタヌキの置き物前で記念写真

 

朴訥とした雰囲気がステキな「道の駅和良」
食堂にて2回目のお昼ごはんで売り上げに貢献する
店員さんも楽しくて居心地良い

焼きそば+ごはん(600円)で満足する

 

14:55、最終ステージのオプションBへ向かう
陽が当たる場所に停めた参加者のシートは
暖房が効いてホッカホカ♪

今日は長良川花火、見もせぬ渋滞に怯えなから出発

第四ステージ、オプションB
道の駅和良→岐阜県道63→道の駅平成
 

R156に代わるロードコースとして使用できないか再確認
おおむね快適ではあるが、日陰多く苔が生える箇所多い

狭路も多くあり「快適ロードコース」とは言えないが
慢性を打破すのに十分使える岐阜県道63・・・セローなら快適

 

※工事現場通過は許可を得ております
 
帰路のR156など幹線道路では睡魔に襲われるも
これだげクネクネしてれば緊張感維持で眠気無し
 
 

15:40、道の駅平成着

ホントはダメなんだろうけど、大型車スペースに全台停める
暑い、クソ暑い・・・
だが、バイクは四季を感じることができる趣味だ・・・と言い聞かせる

 

ここで30分ほどウダウダして
各自帰路につく

 ・本日の走行距離:266km
 ・本日の食費:1,650円(とろろ蕎麦+焼きそば+ごはん)
 ・本日のおみやげ代:1,126円(トウモロコシ2本+ミニ明宝ハム)

トップページ