おヒマな中年二輪愛好会レポート

2016.12.03 亀八食堂

トップページツーリングレポート2016 > 亀八食堂 ←今ここ

この時期から北へ向かうのはリスキーであり
三重県など南方の“通勤路”を開拓したい
かつ、恒例となった「亀八食堂」を併せて企画した

結果、東名阪を使わずに松阪まで快適下道を開拓
・・・したと思う

9:00出発として道の駅立田ふれあいの里集合
放射冷却で自宅出発時の冷え込み厳しいものの
天気予報では穏やかな一日が見込まれる

新通勤路開拓のため
おっさんと綿密な打ち合わせを行なう

 
 

重点交差点を誤ってはいけないので
前日当該交差点をストリートビューで確認

おざなりなミーティングで軽く参加者に周知

ちなみに「おざなり」と「なおざり」では微妙に意味が異なる

 

せっかちな中年たちは予定出発時刻10分前に出発
風無く陽が昇るにつれ気温上昇
無線でも乾燥した会話が飛び交う

まさに絶好のツーリング日和である

 
 
 

9:15、予定の休憩ポイント「いなべ公園」
特に今からの季節は小用間隔の短くなった中年たちには
細やかなトイレストップに気を使う

次週の忘年会の打ち合わせも行なう

 
 
 
 

R306から開拓路に接続する
何度か北上に使用するが南下は初めて

県道でも無いため、この道を「亀山茶畑街道」と命名
アスファルト少々荒れているが、信号少なく概ね快適路

 
 
 

R1に接続
亀山茶畑街道グリーンロードを組み合わせれば
松阪まで快適下道企画が可能となることを確信する

10:35、亀八食堂着

 

開店は11:00
ポカポカ陽気でダベダベしながら開店を待つ

繁盛店がゆえ、様々なご苦労があるのだろう
我々正統派(と思ってる)は該当しないことを祈る


11:00、開店と同時になだれ込む

「亀八食堂」の攻略方法(監修:EDさん)
コストパフォーマンスに重きを置き
豚肉・ホルモンA・うどん玉×2→1,300円(一人前:税込み)

 
 

味噌と野菜は肉を頼べば適量が付属(写真は4人前)
店主が卓上の鉄板に降ろしてくれる

野菜から充分な水分が排出されるので箸やトングでかき回す
鉄板中心部が高温になるため焦げ付かないようかき回す

 

せっかちだと食中毒してしまうので
肉に充分に火が通るのをかき回しながら待つ

肉に火が通ったのを確認したら「うどん玉」の投入
ためらってはいけない、一気に全投入(写真は4人前8袋)

 

うどん玉が“熱々”になるまで
ひたすらかき回す

そして、ガマンできなくなったら小皿に適量盛り付ける
お好みで卓上の一味をふりかける

 

各自箸を突っ込んでハフハフしながらかっ食らう
もやしが歯に挟がっても気にしない
「不衛生」と感じる方は来ないほうがいい

「ごはん」はお好みでオーダーすればいい
ただ、うどん玉と比較してコストパフォーマンスが落ちてしまう
・・・EDさん監修

集合写真(入店前に撮影)・・・左から
まつ
:CB130SB
じゅんじさん
:NC700X
タカさん
:だえぐ1200
かめさん
:CB1300SF
けんじさん
:NC700X
よしゆきさん
:セロー250
MMさん
:ninjya1000
としさん
:ストリートツイン900
gooさん
:セロー250
おっさん
:Z1000
KATOさん
:ムルティストラーダ1200S
EDさん
:セロー225
中根さん(ゲスト参加)
:BMW
まえ〜さん
:KTM800
 

鉄板に焼き付いた“うどん”は
各テーブルの「サルベージ係」が責任持って美味しくいただく

12:00、退店後駐車場で20分ほどウダウダして解散
オプション参加のみなさんは永源寺経由で帰路につく

 

毎年恒例のお店は
 ■店名:亀八食堂
 ■住所:三重県亀山市布気町1799【地図】
 ■定休日:不定休
 ■営業時間:11:00〜21:30
 ■お店の【サイト】

・本日の走行距離:172km
・本日の食費:1,300円(豚・Aホル・白玉×2)

トップページ