おヒマな中年二輪愛好会レポート

2017.07.04〜9 夏休み、東北ツーリング

トップページツーリングレポート2017 > 夏休み、東北ツーリング ←今ここ

 

交代で取得する夏休みを利用
帰路に仙台からフェリーに乗ることを必須として
東北の風景を堪能できるよう計画を立ててみた

毎年のことながら梅雨ド真ん中なので
「雨中走行」は覚悟の上だったが
まともに降られたのは初日のみで
梅雨としては概ね天候に恵まれた

7/4(火)自宅→山県県遊佐町:672km
7/5(水)遊佐町→秋田県鹿角市:280km
7/6(木)鹿角市→秋田県仙北市:340km
7/7(金)仙北市→宮城県石巻市:316km
7/8(土)石巻市→宮城県仙台市:40km
7/9(日)名古屋港→自宅:20km
合計:1,668km

7/4(火)自宅→山県県遊佐町

 

週間予報は全日程降水確率高く
覚悟はしていたが少々気分が重くテンション低めだった
特に初日の「山形まで一気走り」は
台風の影響もあって「大雨洪水注意報」の中走る

5:30、雨が降り出す前に出発

 

中央道松川あたりから降りはじめてきた
新潟を抜けるまでは忍耐の走行を覚悟

カッパもシューズカバーも装備するが
グローブはあえてメッシュのまま
ツーリングバッグのカバーが走行中にバタつき
飛んでいかないかと何度もミラーと手探りで確認する

8:30、梓川SAにて休憩&装備の点検
これから雨足が強くなる

 

13:00、新潟県村上市の「道の駅神林」着
降雨のピークは過ぎた様子
靴の中が濡れてないのが嬉しい

14:30、山形県鶴岡市の「道の駅あつみ」にて休憩

 

16:20、宿着
CBは軒下のスペースをご案内いただく

部屋に入ったらすぐさま「マッパ」になりビール飲む
みんなそうしてると思う

 

カッパとシューズカバーのおかげでジャケットと靴は濡れておらず
夜ごはんまでヘルメットとグローブを乾かす

翌日の予報もネガティブ
ため息つきながらドライヤーはフル回転

 

本日の夜ごはん
歳を重ねるごとに、こんな料理が好みになってきた

淡麗辛口の純米酒も美味しい
魚には日本酒が合う

 

ロビーのショーウィンドウに飾られるCB
心なしか疲れてるように見えたりする

本日の宿
 ■宿名:鳥海温泉「遊楽里(ゆらり)」
 ■住所:山形県飽海郡遊佐町吹浦西浜2-76【地図】
 ■宿の【サイト】

本日の走行距離:672km
本日の宿代:8,250円(夕朝食付)

7/5(水)山形県遊佐町→秋田県鹿角市

 

起床後、速効で露天風呂
天気予報は少々ポジティブになってる
少々の雨なら楽しむ自信がついた

朝ごはんも美味しくいただく

 

今日の目的は「鳥海山」と「男鹿半島」
だが、男鹿半島は道を間違えてしまい一周することできず

あと、降られることは無かったが「霧」に視界を遮られ
期待していた眺望は残念となる

宿を出る時は曇り空だったが鳥海山ブルーラインは霧の中
ほとんど「雨」で前日と同じ装備+防水グローブ

 

鳥海山どころか道標も見えなくて
展望駐車場だと停めた所が民宿の駐車場

宿からこの方向を見たら「雲が被ってた」ので覚悟はしていた
この視界で山道を下るのが少々恐い

 

厚い雲に覆われているものの「降水確率0%」を信用し
秋田県由利本荘市の「道の駅岩城」で雨装備を全て外す
(蒸し暑いので)

11:00、男鹿半島付け根の「道の駅てんのう」でラーメン食す

 

男鹿半島は「なまはげ」が出迎えてくれる

K59を直進しなければいけないのだが
なぜか寒風山に向かってしまう
後にこのことが幸い(?)となる

 
 

12:00、寒風山駐車場着
この方向にかろうじて男鹿半島が望める

20分後、霧が濃くなり見えなくなる
なぜなのか・・・

 

霧が晴れそうにないので下山開始
山頂に至る道はナイタイ高原を彷彿とさせる
これで視界良好ならもっと気持ちいいはず

高度が低くなると霧も薄くなってくる

 
 

15:10、胸騒ぎがして早めの宿着

前日同様に軒下に案内いただくCB
この10分後に土砂降りとなる
男鹿半島一周を犠牲にして雨を避けた気分

 

部屋に入ったら「マッパ(実際にはパンツ一丁)&ビール」
今日も無事宿着を感謝

夜ごはんまで時間に余裕があるので
土砂降りの音を楽しみながら露天風呂でまったり〜

 

お楽しみの夜ごはん
オイラ「きりたんぽ」デビュー
食感は五平餅

鶏釜飯も脂が馴染んでいて美味しい

 

和風ソースのポークソテー
これがビールに合う

もちろん純米酒も追加
普段は日本酒飲まないが、自分用お土産に購入する

 

本日の宿
 ■宿名:ホテル鹿角(かづの)
 ■住所:秋田県鹿角市十和田大湯中谷地中谷地5-1【地図】
 ■宿の【サイト】

・本日の走行距離:280km
・本日の宿代:9,180円(夕朝食付)

7/6(木)秋田県鹿角市→秋田県仙北市

 

誰もいない風呂を独り占めするのが楽しい
冷えた身体にちょうど良い湯加減

朝食のバイキングもモリモリいただく
今日の天気に不安無し!テンションもアップ

 

宿から北上しながら十和田湖を経由し八甲田山を目指し
南下しながらアスピーテラインに向かう

この日は天気も良く全道程が概ねストレス無く
快適な走行を存分に楽しめた
信号もほとんど無い代わりにGSも少ないので少々焦る

十和田湖に向かう途中前方に暗雲が立ち込める
天気予報(降水確率10%)を信じこのまま走行
小雨や霧であれば楽しむ余裕もある

でも降られなかった♪

 

十和田湖周遊道路は概ね木々に覆われており涼しげ
だが、湖を一望することはほとんどできず
アップダウン少ないためか自転車が多いので脇見走行は厳禁

適当な場所で湖を背景に撮影

 

十和田湖東岸と八甲田山をつなぐR102・R103は
天然記念物の奥入瀬渓流と併走

道の状態は「快走」では無いのだが
手厚く保護されている自然の景観を楽しむことができる

 

滝が多く見とれてしまうのだが
途中に駐車場はほとんど無く、徒歩での鑑賞を推奨
南から北上したほうが「川の成長」を感じることが出来る

歩道は全線存在するが距離はある


八甲田ゴールドラインは気持ち良い道
だが、道路脇の余裕スペースは登山客らしき車満載

睡蓮沼から望む八甲田連峰
しばし時間を忘れてたたずむ

 
 

10:30、酸ヶ湯にて休憩
鳥のさえずりと硫黄臭で自然を満喫

山口県秋吉台まで5,000kmの日本山脈縦走の起点らしい
オイラにゃ無理

 

西側のR394・R102も道幅広く快走しながら南下し
十和田湖周遊道路

11:40、再び十和田湖にて休憩
今回初めて「暑さ」を感じるが、空気が乾燥していて不快ではない

 
 

12:50、アスピーテライン入り口

休憩&小用済ませて(トイレあり)走行開始
ジャケットを通り抜ける風が気持良い
景色も存分に楽しめそうだ・・・ここまではそう思ってた


しばらく走って霧がこんにちわ
なぜなのか

風も少々強いようだ
霧が流れる様子が楽しい(と思うようにする)

 
 

13:30、見返峠の駐車場着
バイクは100円

時々薄くなる霧の合間にかろうじて景色が望める
山肌に残る雪と硫黄臭がいい

 

峠からは「樹海ロード(K318)」で東へ下る
こっちの道も快適

標高が下がるごとに霧は無くなってきて
景色を楽しみながらトコトコ走る

 

K212に接続しアスピーテライン東側入り口に向かう
ガソリンの残りが気になりだすがGS見当たらず
(帰宅後、地図見てGSがあったのに気づく)

東側からアスピーテライン上る、天気いい

K212→峠駐車場(4倍速)
 
峠駐車場(無料の方)で小休止
峠駐車場→R341(4倍速)
 
R341を南下し宿に向かう
 

ガス欠寸前のところで給油し、16:50宿着
この日は夜ごはん付けてないので付近で飲食店探すが
17:00終了のトコばかりなのでスーパーで買い物した

やはりCBは軒下にご案内いただく

 

ビール飲む前に風呂に入る

日替わり弁当(298円)を肴にビール飲み
「白い謎肉」入りのチリトマトヌードルで腹を満たす
(夜ごはん付で+8,000円は痛いので)

 

本日の宿
 ■宿名:ホテル森の風田沢湖
 ■住所:秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野82-117【地図】
 ■宿の【サイト】

・本日の走行距離:340km
・本日の宿代:8,640円(朝食付)

7/7(金)秋田県仙北市→宮城県石巻市

 

幻想的な朝靄で気持ち良い
風呂タイムまでちょっと散歩

独り占めの露天風呂は一部の客室から見放題
ちなみに、午前と午後で男女風呂の入れ替えあり

 

この日は太平洋側を走ることとしている
盛岡市街地を避けるため東北自動車道から
釜石自動車道東和ICまで一気に抜け
R283→R107→R340で陸前高田を目指す

陸前高田は「盛り土」の規模が半端ではない
そのためダンプが多く連なっている

ずっと海岸線沿いに南下予定だったが
海岸線沿いの復興工事のジャマになるような気がしたので
南三陸町から三陸自動車道で南下
女川のブルーライン(K2)を堪能しようとしたが
やはりダンプ多く展望所で引き返す

9:10、矢巾PAにて休憩
進路の再確認を行なう

 

11:00、陸前高田の一本松茶屋駐車場
あたりの地形は4年前に訪れた頃と全く変わっている

盛り土の規模は半端なく
土の運び先を表示したダンプがめちゃ多い

 
 
 

13:10、仮設商店街「ハマーレ歌津」
国道沿いにこのような仮設商店を多く見かける

15:00、コバルトラインの女川湾が一望できる大六天駐車場
やはりダンプ多くジャマしちゃいかんのでここで折り返す

 

16:00、宿着
風呂入ってビール飲んでから付近で夜ごはんしようと予定してた

外出するのが面倒になってきたので
ホテル内の食堂でラーメン食する

 

本日の宿
 ■宿名:ホテルルートイン石巻中央
 ■住所:宮城県石巻市 大街道北3-3-3【地図】
 ■宿の【サイト】

・本日の走行距離:316km
・本日の宿代:6,700円(朝食付)

7/8(土)宮城県石巻市→宮城県仙台市

 

風呂入って朝食バイキングをモリモリ食べて行動開始
以前の松島を知らないが津波の爪痕はわかる

残念ながら一望可能な場所へは行けなかった
通過するだけの予定だったので下調べしておらず

 

10:30、フェリー乗り場着、帰路のバイクはオイラだけ
待ち時間の間にWi-Fiの登録(980円)を行なう

乗船後ただちにビール飲む
明朝までの「何もしない時間」を贅沢に過ごす

 

船上デッキから拝むサンセット
オイラの夏休みが終わってしまう・・・

夜ごはんはカレーライス(大盛り:670円)と決めていた
ちなみに共有スペースでカップ麺食べるのはダメになった

 

本日の船
 ■船名:太平洋フェリーいしかり
 ■船の【サイト】

・本日の走行距離:40km
・本日の船代:13,000円(S寝台、750cc以上、早割)

7/9(日)船上→名古屋港→自宅

 

日の出は4:40、残念ながら日の出を拝むことは出来ず

7:20、伊良湖水道を通過

 

右手に伊良湖岬
この日の予想最高気温は34℃だが今の時間は涼しい
だが湿った空気がまとわりつく

左手に神島

 

バイキング朝食は人混みが空いた頃にモリモリ食べる
この船にイベントあるらしく定時より50分早く着岸

汗だくになりながら10:30無事帰着
全走行距離:1,668km

トップページ