おヒマな中年二輪愛好会レポート

2017.07.22 瓢ヶ岳でモーニング、釜ヶ滝でランチ

トップページツーリングレポート2017 > 瓢ヶ岳でモーニング、釜ヶ滝でランチ ←今ここ

 

出発8:30として、にわか茶屋集合
当初は「徳山湖」の予定だった

でも、オイラのわがままで急遽「もっと山の中」に変更
その先は、おっさんの迷走に委ねる

にわか茶屋から時計回りで県道・林道を主に利用した

 

8:10、としさんに見送られ出発
既に汗ばんだ身体に風が気持ち良い

先週も走ったK81
あらためて「にわか茶屋」は万能集合場所だと気づく

 
 

片知渓谷沿いの「中美濃林道」に入る
全線舗装の快適林道

垣間に見える瓢ヶ岳が美しい
標高が上がるごとに涼しさ倍増

 
 

8:35、展望所着
あいにくガスっていて眺望はイマイチ

あずま屋内で“モーニング”の準備に取りかかる
この先の予定は「迷走」なので今のうちに食物消化

 

効率を重視するEDさんは「お稲荷さん」
横でつるさんがモーニングの準備に取りかかる

ツナ缶の油でコンビニおにぎりをほぐして“炒飯”に挑戦
ツナの香ばしい匂いでワクワクする

 

素材が「梅おにぎり」ってのも高得点
ツナを混ぜて「梅ツナ炒飯」(焼き飯ではない)

おにぎりに付いていた海苔をまぶして出来上がり
こうして一つづつスキルを身に着けていく

 

オイラはいつものカップ麺とおにぎり
出発前にサンドイッチ食べたので腹減ってない

おっさんも似たようなメニュー
まだ9:00なので時間的に「モーニング」

 
出発前に集合写真、左から
つるさん
TLR250
まつ
セロー250
EDさん
セロー225
おっさん
シェルパ250
 

次目的地である美並のそうめん屋さんには
即行で到着してしまう&腹減ってないので
おっさんの「迷走」に委ねて9:50北上開始

全線舗装だがCBで走ろうとは思わない

 
 
 
 

日陰は“ヌメって”いるものの
おおむね快適な舗装林道で快走♪

そして、いつの間にかタラガの旧道に出たでござる
「迷走」を期待するとミラクルが発生する

 
 

10:40、板取川温泉着
気温は高くないと思うが湿気がまとわりつき少々不快
この後どうするかを、ちょっとだけ考える

11:20、結局おっさんに委ねる

 
 
 
 

EDさんの「眠気覚ましダンス」は見慣れたが
前との車間が極端に離れだしたので道端休憩
ちゃんと気がついたおっさんに脱毛

EDさん帰着報告に「心配かけた」はこのこと

 

郡上からは国道使わず県道で南下
おっさんの30年前のスキー通勤路

信号無くて交通量少なく走りやすい“裏道”
セローなら快走路

 
 

EDさんの挙動不審に気が付き再度の道端休憩
今日のツーリングが楽しみすぎて睡眠時間2時間らしい
遠足を前日に控えた小学生のような、おちゃめなEDさん

あえて国道からランチ場所に向かう

 
 

12:45、ランチ場所到着
当初から「満タンだったら即撤退」としていた

駐車場満タンで人も多そうだったが
とりあえず様子をうかがいに行く

 

一巡したあとだったのか待ち時間無しでOK!

各自体内の「モーニング」は消化されており
オーダーは「カレーセット(1,100円)」一択
※先に頼んだ人に「同じく」となってしまうのは群衆の刹那

 

割り当てられたテーブル
臨戦態勢が整う

流しそうめん+300円のカレーライスは“小盛り”
「めんつゆ」のお代わりは200円・・・はよこい、そうめん

 

てっきり「手づかみでそうめん投入」と思ってたが
どこからか“自動”で湧いてくる・・・ もうね、狂ったように食べる

集団で流れるそうめんは“涼”だが
一本で流れるのは「サナダムシ」を彷彿とさせる

 
 

デフォで大人1人分400gが放流
追加は都度申告しなければいけない
このシステムに気づくまで箸持ったまま“流れ”を待ってた

800g追加してEDさんも満足♪

 

そんな、一度は話のネタに試すのもいいかもしんないお店は

 ■店名:釜ヶ滝滝茶屋
 ■住所:岐阜県郡上市美並町上田1000【地図】
 ■お店の【サイト】

このあと解散〜
 

・今日の走行距離:197km
・今日の食費:流しそうめん+カレーの1,100円+カップ麺とおにぎり

この時期はマイナーな山の中の県道とかクセになる
もっと開拓していこうっと本気で考えた

トップページ