おヒマな中年二輪愛好会レポート

2017.09.23 東濃で迷走&たじみそ焼きそば

トップページツーリングレポート2017 > 東濃で迷走&たじみそ焼きそば ←今ここ

企画ネタ切れ感があったので
おっさんに「迷走頼む、お昼ごはんは焼きそばがいい」と振る
「わかった」とだけ返信あり
要は“適当”な企画・・・でも存分に楽しめた

お昼ごはんでリクエストした「たじみそ焼きそば」
知らん人は全然知らん、多治見の村おこしも堪能した

8:30出発として道の駅瀬戸しなの集合
自宅出る時にちょびっと降られたが
今日の予報は「大丈夫」なので気にしない

お見送りは、つるさん&ためさん
次回は是非ご同行願います

 

上記は集合〜お昼ごはんまでのGPS軌跡
ためらいがちな“迷走”が見て取れる
だが、このルートは二度と再現できない自信がある

いつも通りせっかちに集合してしまったので8:10出発
暑くなく寒くなく快適な一日になりそう

1台のKAWASAKIに引っ張られる4台のYAMAHAの図

 
 

出発前のミーティングでは
「とりあえず西へ向かう」の告知のみ

行き先が告げられないツーリングってのも
ミステリアスでステキだ

 
 
 
 

「前から写真」があるということはUターンの証
今日は存分にUターンを楽しむ所存

林道や田舎道の分岐点で気楽に進路決める
お昼ごはんまでに国道に出られればそれでいい

 
 

8:50、三国峠着
昭和の時代には賑わったであろう観光地だが
荒れたアスファルトと相まって薄気味悪い

頭のない地蔵さんが並ぶ参道(?)を上るメンバー

 

禍々しい風景から一転し
無機質な展望台が現れる

ぜいぜい言いながら登ってみる
360度視界を遮るものがない絶景が広がる

 
 

集合写真、その1

 

絶対に夜一人で歩きたくない肝試し参道(?)
近くにあるキャンプ場のイベント会場なのだろう
来年の合宿所として選択肢に入れた

9:25、迷走の再開

 
 
 


「名もなき道」のナビはGoogleよりYahoo!のがありがたい

10:10、適当な場所で休憩
誰も反対する人はいないのに「オフ車賛辞」となる
快適ロードもいいけど、整備不完全な道をトコトコ行くのがいい

 
 
 
 

11:10、予定のお店到着
オーダーは「うながっぱ」も大好きな“たじみそ焼きそば”定食

昭和の雰囲気満載な店内もステキ
座る位置によって体感温度が異なるのも高得点

 

大盛りを頼まなくても大盛り
甘辛な味噌で炒めた焼きそばでごはんが進む

炭水化物をおかずにごはんを食べることの幸せを感じる
ごはんの量も多くて満足

自撮りするヒロさん(左下)から
ヒロさん
セロー250
みやびさん
TT250R
EDさん
セロー225
おっさん
シェルパ250
まつ
セロー250
 

そんな“大盛り”を自認するお店は

 ■店名:喫茶レストランあさひ
 ■住所:岐阜県多治見市池田町7-11【地図】
 ■定休日:火曜日
 ■営業時間:9:00〜19:30
 ■お店の【サイト】

 

12:10、ここで一応解散なのだが
オプションの「可児軍需工場跡」へ全員が向かう

数年前に熱中した「戦跡巡り」
あの頃の興味は薄れたが久しぶりの訪問に心躍る

 

まずは「地下工場」の東側から抗口を確認
かなり自然に侵されているが柵など無く入ることが可能
(入ろうとは思わないが)

数カ所の抗口を確認し、オイラが先導となってメイン会場へ向かう

 

見覚えのある空き地にバイクを停めるが
風景が一変している

松代大本営に匹敵する規模の軍需工場なので
その管理にコストを費やすより「自然に淘汰」を図ったのだろう

 

バイクで直前まで行けたトンネルも徒歩で近づくのに躊躇する

6年前に「戦跡の師匠」と訪れたときの師匠の【レポート】
その時のオイラの【レポート】

負の遺産を興味本位で覗くことに後ろめたさはあるが
戦争末期の日本の悲惨な状態を残して
後世に伝えることも必要だと思うのだが・・・
管理に莫大なコストを考慮するとやむを得ないのだろう

 

・本日の走行距離:145km
・本日の食費:1,230円(焼きそば定食850円、コーシー380円)

淘汰されていく前に「戦跡めぐり」を企画にしようかなっと

トップページ