おヒマな中年二輪愛好会レポート

2018.01.14 濃尾平野を眺めながら温泉

トップページツーリングレポート2018 > 濃尾平野を眺めながら温泉 ←今ここ

1月の定例企画
当初目的地は湯の山温泉だったが
前夜に降った雪で途中の路面凍結を回避するため
海津町の温泉に行き先を変更する

立田ふれあいの里集合、9:30出発は変更せず

放射冷却が厳しく
集合場所のこの影の部分はスケート場と化す

 
 

後着するメンバーがスケート場に入らないよう誘導する

前夜から「行き先変更の可能性」は伝えてあった
途中に例え50mでもスケート場があることを想定し
あっさりと目的地の変更に賛同を得る

 

出発前に、つる指導員によるストレッチ体操
周りの目は気にしない

時折「うっ」とか声が漏れる
全員運動不足である

 

変更した目的地へはタカさんが先導
およそ15kmの道程に緊張するタカさん

この時間になると寒さも少し緩む
この渋滞を抜け、R258を北へ進む

 
 
 
 

9:45、目的地駐車場着
まだ開店前だが既に“待ち”のお客さん多数

駐車場から温泉までは一般車両通行禁止
シャトルバスにて登ることになる

シャトルバス待機のひと時を騒ぎながら過ごす

 

5分少々バスに揺られる
なんか修学旅行みたいで楽しい

後部座席はやんちゃなじじい達で占拠
でも、前座席同数の他のお客さんより平均年齢は下(たぶん)

 

勾配+凍結の路面
こんな坂を苦もなくマイクロバスはガリガリと登っていく

バス内で徴収した500円×11人分で回数券購入
余った400円はクラブ費として強奪する


タオルは自販機で購入可(引換券)

いけないことをしようとするヒマ中のやんちゃと
それを静止しようとするヒマ中の良心
・・・修学旅行の延長

 
 

濃尾平野を一望できる露天風呂は3つある
ここは「岩風呂」
何故かアヒル隊長がわんさかいる

ヒマ中のやんちゃは壺湯でご満悦

檜風呂で集合写真
一番で入ると空いているのでやりたい放題
参加者(表明順)
■motoさん
CRF250
■よしゆきさん
Vストローム650XT
■つるさん
Vストローム1000
■かめさん
CB1300SF
■KATOさん
ムルティストラーダ1200
■EDさん
ビューエル
■かっちゃん
FXDL
■けんじさん
NC700X
■タカさん
KLX250
■ヒロさん
スーパーテレネ1200
■まつ
CB1300SB
温泉は東側が開放されており、視野はこの範囲
御嶽山はもちろん、空気が澄んでいれば富士山も見えるとのこと(今回は視認できず)
 
 
 

風呂上がりにちょっと大人ぶって「コーヒー牛乳」
紙パックじゃだめなのだ、“瓶”ってのがいい

海津市の観光アンケートに快く応じる
「年齢40代」と詐称するヒマ中の良心

 

お昼ごはんは施設内の食堂で楽しむ
少々観光地価格の券売機の前で散々悩む
ちなみに、券売機のボタンの色には統一性は全く無い

オイラはきつねうどん(530円)+玉子丼(600円)

 

みんなが注目したED師匠のオーダー
みそカツ丼(900円)・・・これは期待できる

当然1つでは不足
汁物として「かき揚そば(550円)」も併用

 

本日のセレブオーダーは
よしゆきさんの「飛騨牛鉄板焼き御膳(1,600円)」

オイラが「今度これにしよ」と思ったのが
けんじさんの「飛騨牛ハンバーグ定食(1,100円)」


motoさんの「飛騨牛牛丼(800円)」

他で探すのが面倒なので、温泉施設でお昼ごはんしたが
どのオーダーも事前期待以上だった
・・・少々観光地価格を除けば

 
 

そんな、眺望ステキ!ごはんおいしい!って温泉は

 ■施設名:南濃温泉、水晶の湯
 ■住所:岐阜県海津市南濃町羽沢1623-3【地図】
 ■定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
 ■営業時間:10:00〜21:00
 ■施設の【サイト】

 

バスに乗って下山
バス楽しいわ、今度バスツアー企画する
割りと真剣に

11:50、オプションを「お千代保稲荷」として解散

 

・本日の走行距離:
・本日の食費:1,130円(きつねうどん+玉子丼)

この時季の温泉っていいな〜
眺めがよくて、混んでない温泉探してみよっと

 

オプション参加者に付いて行き
混んで無かったら同行しようと思っていたが
近づくにつれ周囲の駐車場の状況から「無理」と判断

オプション参加メンバーからいただいた写真を貼っておく

 
 
 

トップページ