おヒマな中年二輪愛好会レポート

2018.03.17 赤男爵工場見学

トップページツーリングレポート2018 > 赤男爵工場見学 ←今ここ

 

岡崎を勤務地とするオイラは
藤川にあるレッドバロンの工場の存在は知っていたのだが
この工場が見学可能であることは知らなかった

そんなときヒロさんから「工場見学企画する」と申し出があり
即行で日程も決める

お昼ごはんは工場近くの中華屋さん
いつも駐車場満タンのお店で気になっていたが
一人では入りづらかったので、今回の企画に組み込む

 

9:30出発として瀬戸しなの集合
雲ひとつ無く、とても暖かい朝
オイラはCBのタイヤがヤバかったのでセローで参加

全員揃ったところで、つる指導員による「お手上げ体操」

市街地を避けるため、ほとんど県道で南下する
少々「迷走テイスト」を織り交ぜたスリリングな展開もあったが
豊田や岡崎の市街地を避けることができた
 

9:05出発・・・超せっかちである
先導のおっさんが「ちょっと不安」と言っていたのが
かなり不安だったのでナビをセットしておいた

とりあえず休憩ポイントまでは「大丈夫」だそうだ

 
 
 

9:45、予定の休憩ポイント着
ここまで順調である
ただ、おっさんが地図を見ながら首を捻ってるのが気になる

15分ほど休憩の後、一抹の不安を抱えながら出発

 
 

不安は的中し、Uターンイベントが盛大に開催される
上り坂のUターンほど地味に恐いものはない

おっさんのナビは「高速道路使用」を選択していたとのこと
そりゃ近くのIC目指すはずだわさ

 
 
 

11:07、お昼ごはん場所着
駐車場がまだ“満タン”になる前でよかった〜

「11名」と告げると案内された円卓×2の個室
中華屋さんっぽくっていい

 

「炒飯」を前面にしてるお店なのだが
“不足”と思ったのか9名が「坦仔麺」(台湾ラーメンにあらず)
と「半チャーハン」のセット

先に配膳された「坦仔麺」・・・どうみても台湾ラーメン

 

半チャーハンだがボリュームは“並盛り”(オイラ感想)
パラパラ感は無いものの普通に美味しくいただく

つる指導員の「土鍋チャーハン」
“チャーハン”の要素はどこ行ったのか・・・

 

そんな、「創作チャーハン」を楽しむお店は

 ■店名:中華料理三国志
 ■住所:愛知県岡崎市美合新町6-15【地図】
 ■定休日:火曜日(祝日除く)
 ■営業時間:11:00〜22:00(中休み無し)
 ■お店の【サイト】

 

お昼ごはん場所から工場まで1kmほど
途切れる可能性大だったので
ルートを周知し各自行動として11:52着

ほぼ予定通りのタイムラインに自画自賛

工場見学前に集合写真
左から(BFさんはお昼ごはん時に自治会から緊急呼び出しあり残念)
■ヒロさん
セロー1200
■まつ
セロー250
■タカさん
KLX250
■motoさん
R1200GSあどべんちゃ
■おっさん
シェルパ250
■としさん
ストリートツイン900
■よしゆきさん
Vストローム650XT
■つるさん
Vストローム1000
■ためさん
CBR650F
■EDさん
セロー225
 

約90分の見学ガイドを担当していただけるH主任さん
ちなみにこの工場は15年前までタッパーウェアの工場
築50年の建造物は風格がある

工場内は撮影禁止・・・想定外だった

 

最初にモニタリングルームで見学の概要をVTRで座学
レッドバロンの歴史や全国的なサービスの概要を知る
ロングツーリング時に頼もしいとマジに思う

各セクションにて工程や需要に応じた体制の説明を受ける

 

工場見学時にサービスで撮影される写真を接写
現行車はもちろん、絶版車部品のストックの管理も徹底してる

各メーカーの対応も凌ぐ体制であることに感銘する
さすが世界一の中古車屋さん・・・いや、それ以上

 

最後はアンケートを記入する
もちろん「オール満足」
今年で定年となるH主任さん、どもありがとうございました

そんな、バイク乗りなら是非訪れたい【工場】


工場見学後は解散とした

上道組は東郷PAにて合流
次週の企画の要望を確認する
そろそろ「ダベダベ飲み会」の需要があることが判明

 
  ・本日の走行距離:170km
・本日の食費:890円(坦仔麺+半チャーハン)

トップページ