おヒマな中年二輪愛好会レポート

2018.03.24 どん兵衛東西食べ比べ

トップページツーリングレポート2018 > どん兵衛東西食べ比べ ←今ここ

 

うどんの出汁は関西と関東で全く異なる
関東は鰹出汁で濃いめの味付け
関西は昆布出汁で透明感がある

オイラはずっと「真っ黒」な出汁で育ってきたので
大阪赴任時は“関西出汁のうどん”に違和感ありまくりだった

全国展開している食品製造メーカーは
当然そのことを考慮していると考え
8年前に自主学習として検証してみた→【レポート】
今では居ながらにして「東西食べ比べ」が可能だ

だが“境界線が近い”地の利を生かして
東西双方のコンビニで「どん兵衛」を購入し
“食べ比べ”をしてみようではないか!
・・・というヒマ中らしい、どうでもいい企画を立ち上げる

 

クレール平田を9:30出発とした
ようやく伊吹おろしも穏やかになり
“外遊び”が気持ち良い季節になった

9:09、走りたくてガマンできず出発

「東のどん兵衛」はサークルK、「西のどん兵衛」はローソンで購入
を事前におっさんと打ち合わせを行なう
サークルKは「愛知資本」、ローソンは「大阪が発祥」
・・・万全を期するための措置である
 
 
 
 

9:35、サークルK着
出発前のミーティング通り各自「どん兵衛ミニ」を購入
量的に不足するメンバーはおかずとして「おにぎり」も購入

さすがに「ミニカップ麺」だけを買うのは気が引けた

 
 
 

9:58、ローソン着
同じく「どん兵衛ミニ」を購入
それだけなのに「箸」と「手拭き」もいただいてしまう

滋賀のコンビニはおおらかでステキ

 

中仙道(旧R21)で近江(滋賀)と美濃(岐阜)の国境着
なぜか中年は“境”にときめく

中仙道はオイラが先導する
古道の面影を眺めながら“まったり”と走行

 

10:15、関ヶ原陸軍弾薬庫着
四方を山々に囲まれ風の影響が少ない場所
「シングルバーナーお弁当」にうってつけだと思う

弾薬庫に入ってみるが薄気味悪い

 

東西の「どん兵衛」
写真ではわかりづらいが赤丸の部分に
“E(東)”“W(西)”と印刷が異なる

オイラは「おにぎり」をおかずに東西どん兵衛を食す

 

E(東)のアレルギー成分

W(西)のアレルギー成分
「さば」が西には入っている
栄養成分も東西で微妙に異なる

 

粉末スープの包装色も東西で異なる
既に体験済みだが、なんだかワクワクしてくる
人生の中で「どうでもいいこと」なんだがワクワクする

“そば”も東西で出汁が異なることを確認

 

ミニサイズの水容量は200mlなので
水ペットボトル1本で充分事足りる
それぞれ湯が沸くまで、おかずの「おにぎり」を食す

EDさんはバーナーの調子が悪いらしい


3分経過し蓋を開ける
見た目ではよくわかんない

油揚げを先に食して比較
あきらかに出汁の“色”が異なる

 
 

食後の“まったり”タイム
風も弱まりダベダベで盛り上がる
だが、EDさんのバーナーは本調子ではない

インスタントコーヒーもひときわ美味しくいただける

2時間弱「外ごはん」を楽しんで集合写真
左から
まつ
セロー250
よしゆきさん
セロー250
KATOさん
ハンターカブ125
みやびさん
TDR125
EDさん
セロー225
おっさん
シェルパ250
 

12:10、ようやく重い腰を上げる
オプションは「松尾山」だ

関ヶ原合戦で小早川が「どっちにしよ」と日和見した場所
お手軽なオフ道コースにワクワクする

 
 

林道入口でオンロードタイヤのTDRは断念
とっても残念・・・

いい感じで湿っていて雰囲気のある林道
ちなみにセローは3台とも林道も走れるロードタイヤだった

 
 
 

松尾山の登り口から先は険しくなり
プチアタックポイントをクリアしながら走る

だが、ついに道が崩落しており
“なんちゃってオフローダー”の我らは潔く断念し折り返す

 
 

松尾山の登り口まで戻り休憩

小早川秀秋陣まで約700m(徒歩で25分ほど)
「せっかくなので登ろう」が「やっぱりいいや」に負ける
ひ弱な中年たちはあきらめるのも早い

 
 
 

このあと解散し、オイラを除く4台が「茶をしばき」に行く

・本日の走行距離:121km
・本日の食費:どん兵衛ミニ×2とおにぎりセット

どなたか「オフ道トレーニング」の企画をしていただけませんか?

トップページ