おヒマな中年二輪愛好会レポート

2018.08.25〜8.30 東北ソロ旅

トップページツーリングレポート2018 > 18.08.25〜8.30 東北ソロ旅 ←今ここ

 

勤務先には“盆休み”なるものが存在しない
7月か8月に連続5日間の“夏休み”が強制される

毎年トップバッターとして7月初旬に夏季休暇を取得し
ソロ旅を満喫してきたのだが、毎年「雨」に悩まされた
帰路に予定していたフェリーが欠航し途方に暮れた年もあった
なので、今年は最終バッターとしてエントリーする

去年の夏休みに「ソロ東北」が雨と霧が満載だった
同年10月に四輪で「嫁と行く東北」も同様な結果だった

両方のリベンジと新たな開拓も含めて
左記のルートを策定した

濃霧の中のクネクネを走るのはイヤだ
その可能性がある目的地へは潔く諦めることとして
「食&日本酒」をサブテーマとして宿を選択する

概ね左記のルートなのだが
カッパを装着せずに済んだのは最終日の名古屋港→自宅のみ

2018.08.25 東北ソロ旅 自宅→山形県酒田市

 

翌朝一で「鳥海山」に行けるよう酒田市の宿を確保
前の晩早く寝てしまったおかげでam3:00に目が覚める

フルパニアは積載マージンが贅沢でうれしい
左パニアは長靴(今回使用せず)含めた雨具類
右パニアは一眼レフ(今回使用せず)などサブ備品
トップケースに「宿持ち込み物品」と分けても余裕たっぷり
早く走りたいのでam4:00出発

 

5:00、恵那峡SA
そろそろ降り出しそうなのでカッパ到着

7:40、小布施PA
お腹空いたので朝食にする

 

9:00、大潟PA
1時間ごとに休憩を入れることにしている

10:07、栄PA
雨雲が抜けそうなのでしばらく待機する


11:40、荒川PA
何もないけど、バイク駐車場に屋根があって安堵

13:02、道の駅「あつみ」
荒々しい日本海を間近に見られる・・・結構好みの休憩場所

 
 

14:30、早く到着してしまったが快く歓迎される今日の宿
あふあどは屋根付きのこの場所をご案内いただく

チェックインして速攻でソロ乾杯!
ちなみに、今日は大曲の花火のお客さんで満室

 

このお宿は一品づつ配膳される
まずは「舌平目」
ムニエルではなくて塩焼きなのがいい

ビールがすすむ♪


前菜的なものいろいろ
「事前予約の宿泊者にはワンドリンクサービス」とあったが
サービスされた覚えはない・・・

なので、宿オリジナルの辛口日本酒をオーダー

 
 
 
 
 

お酒とともに夜ごはんを充分に堪能する

デザートが配膳される前に退席してしまったのだが
しばらくたって部屋に持ってきてくれた

・本日の走行距離:644km

2018.08.26 東北ソロ旅 山形県酒田市→青森県外ヶ浜町


爆睡してam4:30ころ目が覚める
起きてすぐ風呂直行・・・気持ちいい〜

7:00、朝ごはん
シンプルだが必要にして充分、おかわりは3杯

 
 

そんな、ソロ旅でも歓迎していただけるお宿は

・宿名:若葉旅館
・住所:山形県酒田市本町2丁目3-9【地図】
・お宿の【サイト】

部屋が一番端っこだったためかWi-Fiが届かず・・・
喫煙可な部屋あり

 

去年、悪天候のため鳥海山寒風山
「行ったけど見られなかった」ため
リベンジとして同じコースを模索するも
案の定今回も天候悪く
鳥海山は霧中を走行するのを嫌って走ることさえ断念
寒風山は、わずかに眺望できるものの降雨で気分優れず
おまけに宿直前の竜泊ラインで超濃厚な霧のためビビリ走行
快走区間もあったが苦難の道程だった

数年前より念願の「津軽海峡冬景色ボタン」押すことができたし
現在日本一有名な高校へも訪れることができたし
思い出に残る一日となった

今回のソロ旅で唯一「お昼ごはん」を食した

 

8:40、西目PAで休憩
トラックの運ちゃんからオロナミンCの差し入れ
「写真撮ったる」に甘える・・・ありがとうございます

9:45、道の駅あきた港で一服

 

10:00、現在日本一有名な高校着
国道から高校までの数百メートルが渋滞

正門は観光客の人だかりだったので
通用門前にて「到達写真」撮る

 

10:50、寒風山
去年よりマシ

こんなこともあろうかと
サブテーマ「食&日本酒」を策定しといてよかった


おなかは空いていないのだが
ツーリングマップルに載ってたので寄ってみた

「焼干しラーメン(700円)」を食す
味オンチのオイラには普通の醤油ラーメンとの違いわからず

 
 

ラーメン屋さんから北は快晴の様子
ようやくカッパを脱ぐことができる

温帯低気圧と勢力が低くなった台風20号だが
その影響のためか海が荒れている

 
 

16:00、竜泊ラインに入る
快晴のはずだったのだが進行方向に暗雲立ち込める
路面濡れてるし

走行中に見ることができる景色はステキ

 

山間部に入ると予想通り「雲」に突入〜
宿までこの道しかない・・・

登るとさらに霧は濃くなり三本先の中央線が見えなくなる
ビビりまくりで超低速走行を余儀なくされる

 

16:40、宿に入る前に「津軽海峡冬景色ボタン」場所着
観光バス2台のお客さんがたくさん居たのでボタン押せず
翌朝チャレンジすることにする

同場所に存在する「階段国道」

 

17:00、宿イン、風強くバイク倒れそう
三方を四輪に囲まれたこの場所に停める
手前「隼」の人とはお話することができず

濡れたものを干したあとソロ乾杯〜

 

「あわび、ほたて焼膳」に「うに軍艦」でちょっと贅沢してみた
酔った勢いで「じゃらん予約」をポチったのだろう
先付けの「そら豆豆腐」は初めての食感

もちろん、取りあえずビールは欠かさない

 
 

ネーミングで選択した「津軽娘」は口当たりの良いお酒
今回ソロ旅中のお酒の中で一番好きかも
このおちょこ欲しい

最近、刺身は「わさび」だけでいただくようになった

 

今まで回転寿司で食べてきた「うに軍艦」は何だった
って思うくらい幸せになれる本物の「うに軍艦」

このあと「湯引きはも」の汁物と茶碗蒸しでごはんをいただき
デザートでフィニッシュ・・・満足♪

 

・本日の走行距離:380km

一晩中風強くて「倒れて」ないか心配で仕方なかった

2018.08.27 東北ソロ旅 青森県外ヶ浜町→秋田県仙北市

 

風呂入ったあと念願の「津軽海峡冬景色ボタン」へ徒歩で移動
やはり風が強い、そして6:00のチャイムも収録する

朝ごはんもしっかり食す

 

そんな、バイク乗りにとって駐車がちょっぴり心配なお宿は

・宿名:ホテル竜飛崎
・住所:青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜54-274【地図】
・お宿の【サイト】

施設のどこにいてもガンガンWi-Fiが入る
喫煙は施設入り口脇のみ

 

青森の降水確率は低いのだが
秋田のそれは絶望的
アスピーテラインはダメかもしんないで出発

八甲田山は北側のK40の方が見どころあることを確認
奥入瀬渓流は観光客満載で長時間停めることできず
鹿角から田沢湖に抜けるR341は地味に快走路
やはりアスピーテラインは途中で断念
今回のソロ旅中で「走る」ことが一番楽しめた
・・・降られた時間少なかったのもある

前回の田沢湖の宿は残念だったのだが
今回の宿はコストパフォーマンスも高く大満足

 

起点が青森市、終点が函館市のR280に沿って南下
晴天ではないが雨の心配は無い(今のところ)

8:25、道の駅たいらだて
「あふあど」はドロドロだが帰宅するまで気にしないことにする


市街地は避けたかったのだが・・・・

R103に接続し、9:45、岩木山展望所にて休憩
雨雲レーダーでは観測されない雨雲に悩まされる
「神は乗り越えられる試練しか与えない」・・仁先生のお言葉

 
 
 

八甲田山をK40で北側から眺めながら
10:45、適当な休憩所にて一服
走りやすく乾いた路面を堪能する

11:10、奥入瀬渓流沿いに入る(R103)

 

予想以上に観光客多く停める場所少ない
道幅の少々広くなったここに停める

直近の降雨で水量は割増
どこにでもありそうで、ここにしかない風景を楽しむ

 
 
 
 

11:55、十和田湖畔にて休憩
南方面に雨雲が滞在していて少々憂鬱になる

R341の快走路で南下し
13:40、アスピーテライン入り口着・・・どしようか?


せめて県境(秋田・岩手)まで行ってみようとするも
雲に突入し霧に包まれる

それでも「せっかくだから」と進むが段々霧が濃くなり断念
濃霧走行を経験したことある人はわかっていただけると思う

 


途中の廃レストランの軒先でカッパ装着して、16:00宿イン
屋根付きガレージに停められて嬉しい

“天空”と名付けれられるだけあって
部屋から田沢湖が望めるのも嬉しい

 
 

お風呂で頭ガシガシ洗ってソロ乾杯のあと
17:30、中年男子にはもったいない、おシャレな席に案内される

リーズナブルなプラン(8,500円)だが
八幡平ポークすき焼きと釜飯で大満足

 

もちろん、とりあえず生ビール
景色でいっそうビールが美味しい
身体から硫黄臭を漂わせながら“ソロ”を満喫

鴨のカルパッチョ・・・贅沢なビールのお供

 

「外飲み」と「ゴルフ」を絶って
資源を 「バイク関連」に全振りして良かったと思える瞬間
走行以外のテーマを決めておいてよかった

すき焼きの煮汁まで美味しくいただく

 
 

香の物(大根・漬物)でいただく釜飯は事前期待以上
なぜか翌朝の朝ごはんに期待膨らむ

甘いものが苦手なオイラでも
絶品と思う「りんごケーキ」でさらに満足

 

・本日の走行距離:326km

雨・霧はお友だち
無事に走行できればそれでいい

2018.08.28 東北ソロ旅 秋田県仙北市→山形県山形市


am5:00、“天空”の景色を楽しみながら風呂に浸かる
硫黄臭でさらに気分高まる〜

昨日と同じ席で朝ごはん
ステキ過ぎて落ち着かないが、しっかり食す

 
 

そんな、コスパに優れてバイク乗りにも安心な宿は

・宿名:ホテルグランド天空
・住所:秋田県仙北市田沢湖生保内駒ヶ岳2-16【地図】
・お宿の【サイト】

ゆとりの気分でWi-Fi問題無し
喫煙部屋あり

 

当初はR46で東進し御所湖からK1で南下する予定だったが
東進中、進行方向の雲行きが怪しくなり引き換えす

偶然接続した「みずほの里ロード」が快適で
横手までの約40kmをそのまま南下
(分岐点ごとに看板がありわかりやすい)

横手でカッパ装着し
前日メンバーから教えをいただいた栗駒山をR342で目指す

薄い霧がかかっていて景色は望めないものの
道路状態良く快適コースを楽しむ

雨足が強くなり、これ以上の山間走行は断念
山形市街地を避けるため上道で一気に宿へ向かう

 

偶然接続した「みずほの里ロード」で南下
ほとんど信号無く交通量少ないので快適
【こんな】ルート

横手の道の駅でカッパ装着

 

10:30、栗駒山への入り口付近で休憩
進行方向は雲の中
無理だったら引き返せばいい

覚悟を決めて山間道路に入る


雲の中に突入〜
これくらいの霧であれば平気

11:00、K282に接続してすぐの駐車場にて一服
虫の鳴き声などすっかり秋の雰囲気

 
 

K282→R398に接続し南下
景色を望むことは叶わないがこれくらいの霧なら快走の範疇

しかも、途中すれ違った四輪無し
道路状態もよくステキな山道

 

R47に接続するあたりから雨足が強くなり一気に宿を目指す
市街地を避けるため天童市より上道使用
14:50、宿着

従業員さん用駐車場を案内され、タオルもいただく・・・ありがたや

 

部屋から見る景色
蔵王山方面は翌朝までずっと雲に覆われていた

物干し大会のあと、お風呂入って頭ガシガシ洗ってソロ乾杯
夜ごはんの時間までまったり過ごす


お楽しみの夜ごはん
前菜は小鉢盛りだくさん

メインの山形牛石焼きステーキ
塩・ポン酢・おろしたれが用意される

 
 

前菜をビールで楽しむ
食べて飲んで撮ってと忙しい

盛り方(切り方)がいつものと違う斬新なお造り登場
もちろん、わさびだけでいただく

 

見た目と音も楽しめる「石焼き」
超レア(ほとんどタタキ状態)で、塩をちょこんと乗せて食す
柔らかくて口の中でとろける〜

本日のお酒は店員さんおすすめのこれ

 

初めての「パイ焼きシチュー」
パイを割ってシチューに落とし込み食す
シチューが濃厚であり食べごたえがある

エビなど海鮮系が入った茶碗蒸しも美味しい

 

ごはん(つや姫)がふっくらして美味しいので
お漬物だけでバクバク食べられる
おかずは既に消費済みだがおかわりする

冷たいフルーツと温かいほうじ茶が絶妙な組み合わせだと気づく

 

・本日の走行距離:294km

←山の中の途中、どしゃ降りに身の危険を感じたので
 無人の工事現場の駐輪スペースに避難の図

2018.08.29 東北ソロ旅 山形県山形市→宮城県仙台市

 

朝風呂堪能して朝ごはん
ごはんとお味噌汁は食べ放題♪

蔵王(お釜)のライブカメラ・・・全く無理
ハイラインはもちろんエコーラインも濃霧とみて断念

 

そんな、今度は露天風呂付きの部屋で贅沢してみたい宿は

・宿名:悠湯の郷 ゆさ
・住所:山形県山形市 大字黒沢319-2【地図】
・お宿の【サイト】

施設内どこでもWi-Fi問題無し
喫煙室あり

 

R286も県境の峠付近は濃霧クネクネと予想し
面白くないけど上道のトンネルで回避する

これだと早く到着してしまうので
通勤時間の市街地を避けるのも兼ねて9:00過ぎに出発とした

もちろん、カッパ装着して出発


途中のPAで休憩の後、10:50フェリー埠頭着
濡れたものを左パニアに放り込む

乗船後、速攻で風呂に入って頭をガシガシ洗って
出港前にソロ乾杯で12:50からの21時間の船旅にワクワクする

 
 

15:00、カレーライス食す・・・楽しみの一つ
「賄いカレー」とあってコクが有りまくりで美味しい

生中は財布にキビシイので以降は缶ビールにする
ちなみに23:00で酒類の自販機は終了する

 
 

20:40、小腹がすいたのでうどんを食す
トッピングは山菜かきつねを選択できる

いったん爆睡し、他のお客さんが寝静まった頃
船内を徘徊する

 

・本日の走行距離:96km

雨天走行用のゴムグローブが充分に乾かないまま装着してたので
手が臭かった・・・うんこを触ったのかと思うくらい臭かった

船内は事前に登録しておけばパブリックスペースでWi-Fi使える
Wi-Fi使用が集中する時間は激重となる

2018.08.30 東北ソロ旅 名古屋港→自宅

 

日の出は5:07だが厚い雲で見ることはできず
5:30頃わずかにお姿を拝見

行列を避けるため時間をずらして朝ごはんにする
生たまごが嬉しい


8:05頃、伊良湖-鳥羽間の神島を見る

10:20、着岸のためパイロットロープ(正式名称不明)発射
周囲からも歓声があがる
着岸時のイベントだと思ってる

 
 

13:10、無事帰着〜
濡れものを干して、あふあどの洗車開始

ケースも外してガシガシ洗う
本日の走行距離:31km

 

全走行距離:1,771km

・8/25(土):644km
・8/26(日):380km
・8/27(月):326km
・8/28(火):294km
・8/29(水):96km
・8/30(木):31km

 

洗車時に気づいたのだが純正キャリアに錆が育っていた
ほとんど雨の中を走ったことがダメだったのか
さて、どうしたもんか

これ、購入店に持ってけば何とかしてくれるのだろうか?

トップページ