おヒマな中年二輪愛好会レポート

2018.09.15〜16 秋合宿in美濃白川

トップページツーリングレポート2018 > 秋合宿in美濃白川 ←今ここ

「秋合宿」はずっと“廃校(野田平キャンプ場)”が定番だった
だが、去年よりリニア中央新幹線工事のため休業となっており
今年も別場所を開拓することになる
  今回の合宿所
久々のヒットだわ〜♪
次年度から「春合宿」の定番にしようと思う

2018.09.15 秋合宿in美濃白川、往路〜ミーティング編

当初はにわか茶屋を8:00出発として
先導の迷走に任せて山道を堪能しながら合宿所へ向かう予定だった

だが、お盆以降続く「週末のネガティブ天気」
今週も早々と「雨走行」を覚悟した

そして前日お昼頃
打ち合わせどおり、おっさんから「雨天バージョンで行くよ」と告知

11:00出発として、道の駅みのかも集合
みんな開き直っている

ここで、ブーツカバーする人・しない人の明暗が分かれる
もちろん、しない人は悲惨な結末を向かえることになる

 
 

チェックインは15:00〜だがダラダラと時間を無駄に使いたいので
「早く到着したいっす」と事前に連絡入れる(おっさんが)

快く「OK!OK!」と返答があったらしく
合宿所到着予定を12:30頃と定めて出発

 
 

ずぶ濡れ、びちゃびちゃのまま予定のスーパー着
各自お昼ごはんと翌朝ごはんなどを買い求める

タカさんは“共有夜ごはん”の買い物
この安心感は言葉で表せない・・・楽しみ♪

 
 
 
 

12:30、合宿所着
時間外なのに申し訳ございません・・・

わがままを聞き入れていただいたうえに
ずぶ濡れの我々を哀れんで数々のサービスの施しを受ける


濡れたものを軒先に干す
室内に干すのは加齢臭で窒息する恐れがあるので
全部外に干す

13:10、ダラダラだべりんぐ1stステージの開始〜

 
 

雨は降り続いているが宴会場は無問題
清流のせせらぎと雨音をBGMにだべだべする

オイラのお昼ごはんは「ノザキのコンビーフカレー」に
「ノザキのコンビーフ」をトッピング


レトルトが充分に温まったのを見計らって
コンビーフ突入

結果から申し上げると、トッピングしないほうがいい
馬肉の繊維質がパサパサして食べにくい・・・美味しいのだが

 
 
 


オイラの新しい試み・・・クラムチャウダー
牛乳足してあさりとコーンの缶詰入れるだけだけど

たんまり出来てしまったので
参加者全員に強制的に振る舞う

 
 

KATOさん提供のお酒
これも毎回の楽しみの一つである
臭み少なく飲みやすくて美味しい

過日の地震で存続が危ぶまれる日本酒は口当たりステキ♪

 
 
 


正体不明になる前に各自寝床の確保
布団だと場所取るが寝袋だと10人は楽勝

20:00、囲炉裏を囲んで2ndステージの開始
夜ごはんにワクワク♪

 
 

カマスやホッケなど干物投下〜
炭との距離が絶妙で期待感MAX
囲炉裏はやっぱり魚っす

かめさんご提供の餃子・・・これもうめぇ〜♪

 
 

本日のメイン
タカ料理長による“モツ鍋”
幸せ、幸せ&幸せ〜♪

ハフハフしながら食す

 
 

23:00、6畳と4.5畳に7つの布団を並べるのは不可能だった
暗黙上の了解で年若のよしゆきさんは玄関で寝ることになる

イビキ、歯ぎしり、寝叫びなどいつものことなので
先に寝たもん勝ち

2018.09.16 秋合宿in美濃白川、オプション編

 

6:00頃起床
前日から9:00出発と決めていたのでゆっくりめの起床

余っていた炭に火を入れる
ゆらめく“炎”を眺めながら朝ごはんの準備を行なう

 

オイラはこれにパンを浸して食す
はじめての試みだが、これいいかも

ED師匠は持参した2合の“米”を朝ごはんとは別に消化する
もはや修験僧の域である

出発前に集合写真・・・今日は降られる心配無し!

左から
■まつ
セロー250
■おっさん
シェルパ250
■EDさん
セロー225
■タカさん
KLX250
■よしゆきさん
セロー250
■かめさん
Vストローム1000
■KATOさん
セロー250
 

そんな、来年の春合宿に確保したい合宿所は

 ■施設名:美濃白川ふるさと体験村
 ■住所:岐阜県加茂郡白川町下佐見3672-9【地図】
 ■合宿所の【サイト】

来年の春合宿に確保できるか否かは、おっさんの真剣度に期する

集合写真のあといったん解散としたが、前夜「お風呂&ステーキ」に釣られて全員がオプション参加
「乾いた天気」での走行も欲していたのであろう
 

予定どおり9:00出発
前日ブーツカバーを装着していなかった約3名は
ぐしょぐしょの足元でツーリングを楽しむ

ジャケットとパンツは走れば乾くが、靴はぐちょぐちょ

 
 
 
 

9:35、ちょっとしたイベントのあと岩屋ダム着
カッパ装着しなくていいツーリングは気持ちいい
お風呂とステーキに過剰に期待感高まる

15分ほど時間調整の後、北上再開

 
 
 

10:15、ちょっとしたイベントのあとオプション場着
※ちょっとしたイベント=Uターン・・・ヒマ中企画の定番

駐車場の密度から察するに“余裕”と思われるが
なぜか早足になる参加者の面々

 

「入浴券付きお昼ごはん」を全員オーダー
貸切状態の露天風呂でダベダベ過ごす
開放感溢れれるステキなお風呂

混まないうちにお昼ごはん

 

朴葉みそステーキ定食
入浴券付いて2,160円はお買い得
見て、聞いて、味わうの三拍子揃ったお昼ごはんを堪能

ごはんおかわり無料ってのも魅力

 

11:50、ここで解散とした
おっさんの先導に「ちょっとしたイベント」を織り交ぜながら南下

信号の多い国道は避けて険道でひたすら南下
だんだん暑くなる・・・

 

9/15(土)の走行距離:85km
9/16(日)の走行距離:172km
宿代:3,200円(割り勘)
夜ごはん代:1,000円(割り勘、タカさんありがと〜)
ちょろまかし代:1,000円(積み立てます)

トップページ