おヒマな中年二輪愛好会レポート

2018.09.29 円頓寺、食べ飲み歩き

トップページツーリングレポート2018 > 円頓寺、食べ飲み歩き ←今ここ

天気が良ければ、ゆうじさん企画「エンゼルラインとイカ丼」の予定だった
だが、このところ週末は湿っぽい天気が続く

タカさんが「下見行ってきます」と円頓寺に出かけたのを思い出し
サブ企画として試みた・・・案の定降水確率90%

タカさんが下見したお店が12:00開店なので
11:45出発として、トヨタショールーム集合
11:30到着のオイラはドベだった

 
タカさん下見のお店をスタートとして、円頓寺アーケードを西から攻略する作戦を立てる
 


11:55、メインのお店着
既に先客(1名)がいらっしゃっる

とりあえずビール(1名はオレンジジュース)で乾杯
ゆうじさんに乾杯の音頭と撮影を無茶振りした

 
 

メニューはリーズナブルで馴染みのものが多くレスポンスもいい
テンポよく飲食するが、このあとの“はしご”に備えて
セーブを心がける・・・のつもり

こんなお店が近くにあったら毎日寄っちゃう

 
 
 
 
 

お酒が好きな人はガンガン飲めばいい
ここでは日本酒の需要が多い

お酒がダメな人はガンガン食べればいい
どうせ割り勘なんだから

 

1時間少々入り浸る(割り勘価格:お一人さま2,300円)
そんな、自宅近隣に欲しいお店は

 ■店名:立ち呑み お酒の神様
 ■住所:名古屋市西区那古野2-12-5【地図】
 ■定休日:日曜日
 ■営業時間:12:00〜20:00(平日は16:00〜)
 ■商店街の【サイト】

 

ダラダラと東進する
「元気のいい店」と「シャッター閉まってる店」は半々
大規模な集客施設が無いためこれが限界なのだろう・・・

タカさん下見済みの「お好み焼き」屋さん


「ぶたたま派」と「いかたま派」に明確に分かれる
オイラは「ぶたたま派」

1,000円に迫るお好み焼きが存在する反面、150円のお好み焼き
はっきり言う、どっちも好きだ

 
 

そんな、円頓寺の箸休め的な存在のお店は

 ■店名:甘太郎本舗(お好み焼き太郎)
 ■住所:名古屋市西区那古野 2-19-24【地図】
 ■定休日:無休
 ■営業時間:10:30〜19:00
 ■商店街の【サイト】

今度は焼きそば食べてみたい

 

アーケードが途切れる交差点
四隅に三英傑+α銅像が置かれる
北側に「三方原の家康」・・・他に無かったんかいな

南は水戸黄門・・・地元的に清正か正則でしょ

 
東側の北に信長
  南に秀吉・・・もうね、統一感の無いセンスにがっかり・・・どうでもいいけど


13:15:おっさんが切望していた「あんかけスパ」のお店着
店外のメニューで各自オーダーを心に決める

「あんかけスパ」専門店ならではトッピングが豊富
量は0.7倍・1倍・1.5倍・2倍の中から選べられる

 
 

ベーコンエッグ1倍、700円
あんかけスパにしては細麺だがモチモチ感はたっぷり
ジャンク度雰囲気満タンで満足する

ちなみに、我々入店して麺が無くなり本日の営業は終了

 

そんな、ジャンク感を味わえるあんかけスパのお店は

 ■店名:futto
 ■住所:名古屋市西区那古野1-13-13【地図】
 ■定休日:日祝
 ■営業時間:11:00〜15:00
 ■食べログの【サイト】

量が選択できるのが嬉しい

 

13:50、あんかけスパのお店をあとにして東進再開

美味しそうなお店がたくさんあるのだが
既に各自の腹キャパは飽和状態
見て楽しむだけにする

円頓寺の前で集合写真

左から、けんじさん・かめさん・まつ・タカさん・EDさん・おっさん・ゆうじさん
 

寄ってみたかったディープなこの区画は夜のみ営業
機会があったら是非再訪したい

アーケードの東端まで到達しダラダラと折り返す
予想してたより人通りはある

 
 
 
 

14:20、アーケード西端まで戻り、解散とした
だが、オプションのスポーツバーへ全員が向かう

新旧のお店が“まだら”に並ぶ円頓寺商店街
初めて歩いたのだが中途半端な活気が疲れなくていい
存分に「食べ飲み歩き」を堪能する

All Aboutの【円頓寺商店街ぶらり散策】

 

14:30、スポーツバー着
雨足は強くなってるが苦にならない

各自お好みのドリンクを一杯づつオーダー
実に明朗会計なお店である


オーダーしたら、その場でカクテルしてくれる
その手作業に見惚れる

メンバー一番人気のモヒート
ミントの見た目も合わさって清涼感たっぷり

 
お店のおねいさんに撮っていただく

店内のモニターは阪神戦が放映されている
浅尾投手と野本選手のセレモニー試合でもあり、特に野本選手の一塁滑り込みのシーンに少々涙する
 
 


こんなときでないとカクテルを試すことが出来ない
ソルティドッグの作業過程に懐かしい思いを馳せる

若かりしバブリーのころに大人ぶって散々楽しんだソルティドッグ
ちなみに、ラージサイズで300円(スモールサイズは220円)

 
 

そんな、バブリーを思い出させる明朗会計なお店は

 ■店名:HUB 名駅四丁目店
 ■住所:名古屋市中村区中村区名駅4-5-15【地図】
 ■定休日:無休
 ■営業時間:土日14:00〜、平日16:00〜
 ■お店の【サイト】

ここ、ソロでも楽勝に入れそう

17:15、阪神戦を最後まで観戦してようやくお店を出る
  さらなるオプションは向かいのビルのラーメン屋さん
 

先のスポーツバーとセットで訪れることが多いラーメン屋さん
券売機で各自お好みメニューをオーダー

この企画の飲食で1kg近く体重増加の模様
こんなのも非日常だと開き直る

 

スープの最初の一口でガツンとくる“にぼし出汁”
アルコール過多の身体に嬉しい♪
とろみのあるスープは野菜を煮込んだもの

スタンダードの720円は高いとは感じない

 

そんな、締めのラーメンに最適なお店は

 ■店名:麺や六三六
 ■住所:名古屋市中村区名駅4-4-38【地図】
 ■定休日:不定休
 ■営業時間:11:00〜22:00
 ■お店の【サイト】

高菜ごはん(100円)も試したかった

 

17:40、ようやく解散
各自公共交通機関にて帰路に着く

今度は大須で楽しいお店を開拓しようと思う
今池でディープな掘り起こしでもいいかも

トップページ