おヒマな中年二輪愛好会レポート

2018.11.23 八百津の紅葉

トップページツーリングレポート2018 > 八百津の紅葉 ←今ここ

 

この時期恒例の「八百津の紅葉」
今回は少々バリエーションを加えた

9:00出発として、道の駅みのかも集合
三連休初日とあってR41は混んでた

「工事中」「風」など不測の事態に備え
お昼ごはん場所は下記CDEと水源の森いづれかで考えていた
 

今回はオイラが先導なので「道中写真」は少ない
たまに撮れてもヘルメットが写り込んでしまう

8:45、スーパー着・・・開店が9:00だった
せっかちな中年たちだ

 
 
 

9:30、蘇水峡
“まだ”なのか“過ぎた”のかよくわからん発色
この先「紅葉ポイント」は多くあるので気にしない

旧八百津発電所方向

 

ここで新たなキャラクターが発掘された

EOS(15mm〜105mm)を構え
一心不乱に“紅葉”を収めるゆうじさん
キャラクター名を絶賛募集中

いただいた写真・・いい感じ
  今度「撮影会」の企画してみようかなって思った
 

蘇水峡橋
楓は青々している
やはり「まだ」だったのか・・・

去年の11/23はバックのメタセコイア含め絶景だった

 
 

9:50、発電所経由で東進を試みたが
工事中のため折返す

実はこの時「まともな紅葉なかったらどしよ」と不安だった
「どうしてくれるんだ!」って怒られたらどしよ

 

10:00、丸山ダム展望所着
以前より“紅葉密度”が少なくなったような気がするが
「これから燃える」ような紅葉でよかった〜

先客無く風も弱いので、ここでお昼ごはんとする

 

ヒマ中において絶賛好評の“SOOMLOOM”
今回、みやびさんを敬うゆうじさんが“す〜むる〜む”デビュー

そのころ、Kんじさんは「すき焼きうどん」をビニール包装のまま投下
冷凍麺デビューでは、よくある悲惨なケース

 

オイラのお昼ごはんは「うずらたまごカレー(辛さ20倍)」
汁物に「ミニカップワンタン」
ちなみに「パパッとライス」は、あと30食分確保済み

Kんじさん(本人の名誉のためモザイクしてます)

BFさん
  シンさん
ゆうじさん
  みやびさん

ヒロさん

新丸山ダムの建設が粛々と進んでおり
この展望所も「水道」「音声案内」など撤去されていた
展望所そのものが無くなる日も近いのではないかと思う

 


ごはんとカレーを15分ほど湯煎する
スーパーで手に入れた「うずらフライ」を串からほぐして乗っける

LEE(20倍)を乗せて、粉末パセリで見た目を整えて完成
ちなみに、ココイチの3辛ほどの辛さ

 
“もみじ”のポーズで集合写真
左から
■ヒロさん
セロー250
■シンさん
NC700X
■みやびさん
TT250R中腹落下仕様
■BFさん
セロー250
■けんじさん
セロー250
■ゆうじさん
N-MAXあどべんちゃ
■まつ
セロー250
11:30、いったん解散として
  次のポイントへ全員が向かう
 

11:35、めい想の森

この方向に少々冠雪した恵那山がくっきり遠望できる
ここから500mほど下れば(徒歩)五月橋が望めるらしい
復路の500mを上ることは命がけなので下らない


展望所までの散策路
いい感じでメタセコイアが色づいている

人物画像アップでは耐えられないので遠望とした
ここ、もっと評価されてもいいと思う

 
 

展望所
この方向に伊吹山なのだが、雲があって見ることできず
八百津の町並みが鮮明で眺望に満足

しばし全員で見惚れる


さらなるオプションで東へ向かう

途中で下から“新旅足橋”を観光
迫力というか威圧感というか、とにかくすごい
さぞかし大掛かりな工事だったのだろう

 
 

12:20“フレンドリーパーク大平”
ここも紅葉は見頃である
なぜか「硫黄島」と「TVアンテナ」の話でテンション上がる

逆光で見る新旅足橋が壮観だ

 

再々度の解散としてオプションの喫茶店へ向かう

12:50、ヒマ中御用達となりつつあるお店着
地元民しか訪れないと思われるので初見さんにはハードル高い
こんなお店もドンドン開拓したい

 

少々高めの値段設定だが
“まったり”の長居を前提にしたらコスパは良好

老夫婦が営む古民家茶屋木乃葉
掘りごたつでまったりダベダベする

 

14:00、最終解散としてそれぞれ帰路につく

 ・本日の走行距離:147km
 ・本日の食費:わからない

八百津にはもっと隠れたスポットがありそうで
ドンドン開拓してみようと思う

 

グーグルフォトで自動生成されたスライドショー
音と画像遷移がシンクロしてることに
AI技術の進歩を垣間見る

最後の画像は「腰にホッカイロ」

これ、企画ごとにYouTubeにアップしようかと

トップページ