おヒマな中年二輪愛好会レポート

2019.04.06 東西どん兵衛食べ比べ

トップページツーリングレポート2019 > 東西どん兵衛食べ比べ ←今ここ

 

東西の食文化の違いは不破の関が境と言われている
関東は“濃い味”関西は“薄い味”は周知の通り
食の基本となる出汁は東が「かつお」西が「昆布」

それ以外にも
 ・食パン:東6枚、西5枚
 ・東:おにぎり、西:おむすび
 ・鰻:東の背開き蒸し焼き、西の腹開き直焼き、など

地の利を活かし今回は「どん兵衛」で東西の食文化を検証した
なお、日清食品が「食べ比べ」としてセット商品を発売しているので
Amazonとかで取り寄せれば自宅で食べ比べが可能だ

 

クレール平田を9:00出発とした
降水確率は0%だが黄砂の影響なのか、すっきりしない
予想最高気温は高めなのでお昼のダベダベが楽しみだ

我慢できずに8:30出発

先に岐阜県上石津のファミマで「どん兵衛」を購入
次に滋賀県柏原のローソンで「どん兵衛」を購入
“食べ比べ場所”は当初「小西行長陣跡」で考えていたのだが
少々風が強いので四方を山で囲まれた「関ヶ原弾薬庫」の広場にしてみた
 
 
 

岐阜県のファミマ上石津店着

包装ラベルに「E」を確認する
一人を除き「ミニどん兵衛」を購入する
これだけだとお店に申し訳ないので“おかず”も購入

 
 
 

R21沿いに走り、滋賀県のローソン柏原店着

包装ラベルに「W」を確認する
一人を除き「ミニどん兵衛」を購入する
タカさん、それ帽子とちゃう

 
 

あえて旧中山道をトロトロ走り
臨場感を醸し出すため「美濃近江国境」で記念撮影
“境”に気分高まる〜

こっからはオイラが先導

 


食べ比べ場所着
四方を山に囲まれ風が弱まった最良の場所

写真ではわかりづらいが赤丸に「W(西)」の表記
もう一つは「E(東)」の表記

 
 

粉末スープの袋の色違いがわかりやすい

沸騰したお湯をそれぞれに入れて3分待つ
ちなみに、オイラは天ぷらも油揚げも“後乗せ”
強いこだわりではない「混ぜにくくなる」のを嫌っただけ

 

その間に巷で絶賛されている「悪魔のおにぎり」を食す
天かす・青のり・天つゆ入りのまぜごはん
事前期待通り、美味しい〜

ED師匠は「ミニ」ではなく「特盛」×2・・・お湯、足らないですって

 

左「関西風、右「関東風」
出汁の色が見事に異なる

参加メンバーは図ったかのように満場一致で「東」に軍配が上がる
でも、食べ比べてみて初めて分かる「東西の食文化」

 
 
 
「食べ比べ」は手段だったのかもしれない
小春日和の中、キツツキのお仕事をBGMにダベダベ大会が終了
左から
■ヒロさん
セロー250
■まつ
セロー250
■EDさん
セロー225
■よしゆきさん
セロー250
■シンさん
ど・ジェベル200
■おっさん
シェルパ250
■タカさん
KLX250
ここで解散としたが「甘味が欲しい」とリクエスト
  検索するも近隣に無いので「伊吹PA」へとりあえず向かう


伊吹PAを“外”から進入
これは初めての試み

解散前の「ソフトクリーム」
条件反射のようにかぶりつく

 
 
 

「ソロ泊ツー」や「夏休みソロ企画」の情報交換
そんな情報共有だけでも満足する

ようやくここで解散

 ・本日の走行距離:132km
 ・本日の食費:レシートほかってしまったので不明

トップページ