おヒマな中年二輪愛好会レポート

2019.05.03〜04 春合宿in美濃白川

トップページツーリングレポート2019 > 春合宿in美濃白川 ←今ここ

 

今年の春合宿は、去年秋合宿の場所で早々と決まる
降雨を見込んで遠距離にはせず

9:00出発として旧昭和村集合
気温上昇が見込まれるので、夏装備+αがほとんど

 

「泊企画」としては珍しく、両日とも晴天に恵まれる
寝具すら必要のない施設なのに、全員既に過剰積載

「晴れバージョン」のルートは、おっさんに全振り
簡単な道程説明のあと、無事帰着を誓って出発

国道をほとんど使用せず、県道・林道で北上する
 
 
 
 

室兼林道奥部の「そらふさがり」着
まるで、山が割れたかのような異空間である
林道沿いの小川の流れる音も気分高まる

言い表しようのない風景に感嘆とする

 
 
 

水晶山の休憩ポイント着
日陰のが過ごしやすい
一気に「夏」に近づいたことを実感

お昼ごはん&買い物場所へ向けて出発

 
 
 

10:50、R41沿いのお昼ごはん・買い物場所着
おっさんが一生懸命探した効率の良い場所

お昼ごはんは“大陸系”のこのお店
それにしてもR41を北上するバイクの多いこと

 

8人卓に椅子を一つ追加していただき占拠する
このあとの「買い物」の打ち合わせも行なう

オイラはミニ台湾ラーメン付きの「カニ玉ランチ」
これで700円、お買い得感ある

 

食後に同敷地内のドラッグストアでお買い物
ほとんどスーパーの陳列

各自、主食とお酒を買い込む
肉類に満足しない料理長はR41向かいのJAまで足を伸ばす

 

今回企画コンセプト「幹線道路をできるだけ避ける」の通り
R41は使わず、飛騨川対岸の市道で南下しR256に接続

市道では無いのかもしれない
そんな作業道のような道を唯々諾々と従う

 


12:35、合宿所着
今回は奥の容積の一番大きい建物だ
おっさんの「予約スキル」に脱毛する

着替えを終え、ヒロさんの音頭でかんぱ〜い!

 
 

広い庇があるので降雨でも心配無し
備え付けの長椅子をテーブル代わりに使用

各自持ち寄った「おつまみ」が並べられる
ビール消費速度がいつもにも増して速い

 
 
 
 
 
 
 

20:00ころ、部屋に場所を移し「おこたミーティング」開始
お酒も肴もたっぷりある

ダベダベの中「今後のヒマ中」に関する建設的な話題も出た
ありがたいことである

 

23:00、10時間に及ぶダベダベは終演を迎え
各自寝床を確保

こんなときは先に寝たもんが勝ち
あっという間に全員就寝となる

2019.05.03〜04 春合宿in美濃白川、二日目

 

5:00ころからゴソゴソ起き出す
雲ひとつ無い気持ちの良い朝

少々冷えるので残ってた薪に点火
各自朝ごはんの用意する

 
 
出発前に集合写真
ヒロさん監修「パーでんねん」

左から
■ヒロさん
セロー250
■まつ
セロー250
■ゆうじさん
D-MAX125
■かめさん
Vストローム1000
■EDさん
セロー225
■つるさん
Vストローム1000
■よしゆきさん
セロー250
■おっさん
シェルパ250
■タカさん
KLX250
 

異なるイメージで集合写真をもう一枚
テーマは「どすこい」・・・愛されキャラのゆうじさん
※ヒロさん監修

来年以降も春合宿の定番になると思われる施設は

 ・施設名:美濃白川ふるさと体験村
 ・住所:岐阜県加茂郡白川町下佐見3672-9【地図】
 ・施設の【サイト】

R256は少々隔てているので排気音はあまり気にならず
小鳥のさえずり、佐見川のせせらぎなど自然のBGMも満喫する

 

精算を済ませ(おっさんが)二日目の行動開始
一応オプションとしたが全員同行

R41→R256→K86で北上
美輝の里を目指す

 
 
 

温泉開店時間調整のため岩屋ダムにて小休止
風景といい、自然のBGMといいお気に入りの場所
K86を走行する爆音バイクの排気音もこだまする

予定お昼ごはんの飛騨牛に期待高まる

 
 


10:00、美輝の里到着
気温上昇しメッシュジャケットでさえ暑く感じる

温泉と飛騨牛にテンション高まる
このときはそう思っていた

 


なんと、GW期間中は「入浴券付き食事券」は無いとのこと
メニューも値上がりしたのかGW価格なのか強気の設定

とりあえず露天風呂でダベダベする
天井のない開放感あふれるこの風呂が大好き

 
 

天然鮎と塩鶏ちゃんの「岩屋ダムカレー」
ボリュームあり、気になるお値段は1,404円
お店のサイトでは980円

オイラはエビフライランチ(1,512円)

 

12:10、ここで解散
R156系南下とR41系南下に分かれる

R156系南下組の最終解散場所はお馴染みの野々倉分校跡
去年の台風で荒らされた道は修復済み

 

2日間たくさん遊べて大満足〜

・今回の走行距離:260km(2日間)
・今回の食費:2,212円(カニ玉ランチ+エビフライランチ)
・今回の宿代:4,400円(薪、炭、網、トング含む)
・今回の共同食費代:1,500円

トップページ