おヒマな中年二輪愛好会レポート

2020.10.31 川森タワー

トップページツーリングレポート2020 > 川森タワー ←今ここ

 

「鉄板みそ鍋」が恋しくなる季節
全オイラが大好評の「川森食堂」
今回はゆうじさんが企画にしてくれた

7:45頃、道の駅たつたを後にして出発

集合から目的地までは“ヒマ中通勤路”で通り慣れた道
 
 
 
 

予定の道の駅菰野で休憩
放射冷却による冷え込みは穏やかになる
「防寒具自慢」に花が咲く

いつもどおり、道の駅の“裏”から出発

 
 
 

9:50、川森食堂到着
定位置にバイクを停める

10:00開店で他にお客さんいないのだが、並ぶ
“川森タワー”の受け入れ準備満タン

開店待ちの間に集合写真

左から
■まつ
アフリカ象
■ヒロさん
セロー1200
■シンさん
NC700X
■けんじさん
トレーサー900
■ゆうじさん
CB1300SB
■EDさん
セロー225
 

am10:00から(雰囲気だけ)かんぱ〜い!
転職間もないゆうじさんの苦労話が始まる
いいんだよ、どんどんグチれ

のどごしが本物に近づいてきた・・・と思った

“川森タワー”3人分×2の配膳(写真は3人分)

積み上げられた野菜を豚バラで取り巻く
にんじんの「赤」とニラの「緑」で彩り鮮やかになり
玉ねぎ、しめじで脇を固め、四隅の味噌まみれのとんちゃんが存在感をあらわす
・・・いつ見ても美しい“タワー”である

 
川森食堂 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
 

とっても幸せ♪

野菜から水分が出て湯気が上がってきたら崩し始める
四隅の味噌がまんべんなく行き渡るように慎重に
これもまた楽しい工程である

 

この“ガテン系”のビジュアルでモリモリ食欲湧く
味付けは味噌のみ

各自小鉢に取り分け、お好みで卓上の一味を振りかける
口の中が“ガテン系”で満たされ大満足

 

絶妙なタイミングで湯通しされたうどんが配膳される
※うどんはオプション、写真は3人分
異なる食感でさらに満足度アップ

この時間のために一週間通勤した

  そんな、ガテン系とビジュアル系(?)に支持されるお店は

 ■店名:川森食堂
 ■住所:三重県亀山市関町古厩66-3【地図】
 ■定休日:日曜日
 ■営業時間:10:00〜22:00
 ■食べログの【サイト】

ソロの時「亀山ラーメン」を試そうと思う

 

そして、R306を北上して関ヶ原からばびゅ〜んで帰着する

 ・本日の走行距離:196km
 ・本日の食費:1,350円(みそ鍋+うどん+ノンアルビール)

このあたり、他にも「鉄板焼」のお店がたくさんありそう
どんどん開拓していこうと誓った

 

オイラとEDさんを除く4人がオプション参加
ゆうじさんのタンクバックに、ここから青山高原のルートが印刷された“紙”が挟まれてたのは内緒にしとく

いってらっしゃ〜い

 
 
 

帰路の大山田PAで“おやつ”した模様
食欲の秋なのでガンガンとカロリーを摂取してほしい

そのころ、おっさんはソロ九州へ向かうため大阪南港で待機
つるさんは「越前岳」、KATOさんは「剣山スーパー林道」

 

トップページ